物件売却&出口戦略|一棟収益物件の売却と出口戦略で不動産投資の利益確定からさらなる拡大再投資へ

AM・出口戦略カテゴリーメニュー

一棟収益売却と出口戦略による利益確定からさらなる投資拡大へ。

不動産投資の最終的な利益は物件売却時に確定します。

イメージとしては物件保有中に残債が減っていき、物件売却時に大幅に売却益が出る形です。

◎投資全体で高収益を出すための一棟収益売却と出口戦略の重要性
◎築古木造アパートの減価償却を使った出口戦略による節税対策

など、これから一棟収益を購入する人にも、既に一棟収益を保有中の人にも役立つ、一棟収益不動産投資トータルで利益を確定させるための、一棟収益売却と出口戦略に役立つコンテンツをまとめています。

収益物件売却

不動案投資でIRR・マルチプルなど14のポイントを理解して物件売却時の出口戦略を最適化する方法

高収益のAM&出口戦略に必要なIRR・マルチプルなど14指標便覧

不動産投資での物件売却時の出口戦略において個人投資家の関心はもっぱら、 利回り キャッシュフロー の2点にだいたい集約されています。 しかし、これだけでは不動産投資に関わる収支の一部しか見えておらず、どんぶり勘定で投資に […]

収益物件売却

不動産投資でローンの繰り上げ返済をするとなぜ損なのか?繰り上げ返済が投資効率を悪くする2つの理由

高収益をたたき出すために事業計画に出口戦略を盛り込む重要性

一棟収益の不動産投資効率を考えた場合に、 一棟収益を購入したあとはローン完済までずっと保有するのが良いのか? ローン返済途中での一棟収益の売却を視野に入れる方が良いのか? どちらのほうが投資効率がいいのでしょうか? 結論 […]

収益物件売却

不動産投資で減価償却狙いで高利回りの築古中古木造アパートは売却したいときにそもそも本当に売れるのか?

築古の木造アパートは出口戦略で本当に売れるのか?

不動産投資で減価償却での節税を目的とした築年数の古い中古木造アパートを購入した場合にそもそも売りたいときに売れるのでしょうか? 築古の中古木造アパートはまず物件自体が古いため、売却するときに買主に金融機関が融資をしないの […]

収益物件売却

耐用年数オーバーの木造の築古中古収益アパートをスムーズに売却するにはどうすればよいか?

木造の築古収益アパートをスムーズに売却する方法

耐用年数を超えているような築古の木造アパート収益物件の場合、減価償却を4年取った後にスムーズに売却できるのでしょうか? 耐用年数越えの築23年の木造物件も4年後には築27年になります。 銀行の融資もさらに付きにくくなり、 […]

収益物件売却

不動産投資の利益を最大化させる高値での売却のための収益物件の運営管理の2つの超重要ポイント

売却を意識した収益物件の建物管理のポイント

不動産投資における収益物件の運用は物件の売却によって最終的に利益が確定します。 では不動産投資から得られる利益を最大化するためには、どのような運営管理をしていけばいいのでしょうか? 売却までになるべく高く売れる収益物件に […]

収益物件売却

会社経営者が不動産投資の利益を最大化させるための売却タイミングは本業の損失が出るときがベストな理由

オーナー経営者が利益を最大化させるのに最適な売却タイミング

自分で会社を経営しているオーナー会社経営者にとっての不動産投資での収益物件の最適な売却タイミングはいつなのでしょうか? オーナー会社経営者が節税目的で収益物件を運用し減価償却が終わって満室の場合などには、そのまましばらく […]

収益物件売却

不動産投資の出口戦略で売却時に物件価格が大きく下がらない収益物件のたった2つの条件

物件価格が大きく下がらない収益物件の条件

不動産投資の出口戦略で売却時に物件価格が大きく下がらない収益物件の条件とはどのようなものなのでしょうか? せっかく不動産投資の収益を最大化させたとしても最後の売却時に大きく値下がりしてしまうと、運営中に積み上げた利益をス […]