シミュレーション|不動産投資シミュレーションでどんぶり勘定から数値化へ進化する

シミュレーションカテゴリーページ

収益物件の物件概要書を見て検討しても、今ひとつ判断がつきにくい部分があると思います。

物件の価格や表面的な利回りを見ても、先を見越した投資にはならないからです。

投資シミュレーションを行うメリットは、数値化することにより、客観的にデータを比較検討できることにあります。

様々な条件の物件を同じ基準にならして比べることができることになります。

これから不動産投資を始める人にとっては、数値化することにより比較検討がしやすくなります。

また、今までどんぶり勘定で不動産投資を行ってきた人も、今までの勘が正しいのかを確認することができ、さらに精度レベルの高い投資を行うことができるようになります。

そこで、投資シミュレーションの出番となるのですが、投資シミュレーションには様々な目的があり、その目的にあった投資シミュレーションを行うことが重要となります。

◎資金計画・資金調達のシミュレーション
◎キャッシュフローのシミュレーション
◎節税・税金対策のシミュレーション

など、投資指標を活用しながらシミュレーションに役立つコンテンツをまとめています。

シミュレーション

不動産投資で『レバレッジが効いている』状態とは不動産投資指標で『K%<FCR<CCR』の状態であること

レバレッジのポイントはK%<FCR<CCRかつDCRとのバランス

不動産投資をしていれば『レバレッジを効かせる』という言葉は日常的に使われると思います。 では『レバレッジが効いている』という状態は具体的にはどのような状態をいうのでしょうか? それは、不動産投資指標を用いて簡単に説明する […]

シミュレーション

不動産投資で手取り年収1,000万円を達成させるための不動産投資簡易シミュレーション事例

税引前年収1,000万円達成の簡易シミュレーション

不動産投資で手取り年収1,000万円を達成させるにはどのようなシミュレーションを行えばよいのでしょうか? 手取り年収1,000万円を目標にする場合、1棟ごとにキャッシュフローが200万円出るとすれば単純に考えてそれを5棟 […]

シミュレーション

不動産投資指標DCR(負債支払安全率)の求め方とレバレッジの安全性との関係

投資指標DCR(負債支払安全率)で投資物件の安全性を把握する

不動産投資でのレバレッジの安全性を計るものさしをご存知でしょうか? 投資はリターンが大きければリスクも大きくなります。 逆に必要以上に安全にいきすぎると、リスクは小さくなりますがリターンも小さくなってしまいます。 リスク […]

シミュレーション

不動産投資収支計算シミュレーションにおける調達コストK%の算出方法とシミュレーション事例

投資指標K%(調達コスト)でレバレッジの効き具合を把握する

物件購入に必要な金額の多くの部分を借入でまかなうことが多いと思いますが、金利以外で借入の調達コストを考えたことがあるでしょうか? 借入には、 借入額 金利 返済期間 の3つの要素があります。 金利が同じでも、借入額や返済 […]