税金&節税対策

減価償却費で赤字を膨らませると融資の際に不利になるのか?

減価償却費で帳簿上の赤字が膨らむと融資の際に不利になるのか?

減価償却で節税ができるのは分かりますが、減価償却を取った結果決算が赤字になってしまっては金融機関の評価が下がって次の融資を受けられなくなるのでないかと心配になることはないでしょうか?

今後も借入で物件を増やしていきたければ、なるべく融資を受けやすい状態にしておきたいのが本音のところだと思います。

結論から言うと減価償却を取った結果の帳簿上の赤字は次の物件取得時の融資の評価には関係ありません。

この記事では、減価償却費で帳簿上の赤字が膨らむと融資の際に不利になるのか?についてご紹介します。


減価償却はキャッシュフローに加算して評価される

金融機関が本人の属性や経営している会社の財務状況を見るとき、減価償却による利益の圧縮や赤字をどのように評価するのかというと減価償却が多くて赤字になっているからといって金融機関の評価が下がることはありません。

金融機関は個人でも法人でもその貸出先がきちんと返済ができるか、つまりキャッシュフローを最重要視します。

減価償却費はキャッシュアウトを伴わない唯一の経費です。

帳簿上に費用計上されるだけでありその金額が出ていくわけではないのです。

そのため逆に

◎利益+減価償却費

キャッシュフロー(稼ぐ力)を判断してくれます。

最近ではバランスシート(貸借対照表)、損益計算書に加えて、キャッシュフロー計算書が経営上も重視されるようになってきました。

このキャッシュフロー計算書でも『利益+減価償却費』がスタートの金額になっていますが、発想は同じで減価償却費は支出を伴わない唯一の経費なので利益に加算して計算することになります。

機械や車両、太陽光発電システム、そして収益物件など、これらの償却資産の取得によって多額の減価償却費が計上されていても、それらはきちんと金融機関が見て評価してくれます。

また、法人の場合で稀に高額の役員報酬を取っている人で会社の損益計算書が赤字のケースがあります。こういう場合はどのように判断されるでしょうか?

この場合も同様に融資は受けられます。

オーナー会社においてはオーナー社長が会社に利益を残すか役員報酬として個人に移転するかだけの違いであり、金融機関はキャッシュフローとして、

◎利益+役員報酬+減価償却費

を利益として見ています。

まとめ

減価償却費を多く計上することで損益計算書が赤字になっている場合でも、キャッシュフローが黒字であれば正常な経営を行っている企業として判断してよいという金融庁の見解もあり、減価償却による赤字は融資の際の金融機関の審査にマイナスにはならないと考えて問題ありません。

金融機関は会社の属性のなかでも『お金を稼ぐ力』を最重要視するからです。

そしてその稼ぐ力は、

◎利益+減価償却費

という形で利益に足して計算することになります。

収益不動産の取得によって多額の減価償却費が計上されていたとしても、それらはきちんと金融機関が見て評価してくれますので安心です。

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

【免責事項】

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。
本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

コメントを残す

*