保険|火災保険や損害保険は万一の災害から経営資源である投資用不動産を守ってくれる


保険カテゴリーメニュー

不動産経営の様々なリスクを保障する保険への加入はオーナー経営者としての必須条件といえるでしょう。

特に最近では、異常気象による台風の大型化や数の増加、ゲリラ豪雨、大規模な地震の多発など、自然災害が頻発しているといえます。

被害に遭う確率は低いとはいえ、ひとたび被害を受ければ、経営資源である投資用不動産に壊滅的な打撃を与えることになります。

銀行融資を受けている場合は建物が滅失しても借入返済は続きます。

最悪の場合は災害による被害が原因で、デフォルト(返済不能)に陥ってしまうことすら考えられます。

そこまで至らなくても、災害の被害によって多額の修繕費によるキャッシュアウトが発生し、経営計画の見直しを余儀なくされる可能性は捨てきれません。

◎火災保険や地震保険のメリット
◎損金計上の方法
◎施設賠償保険の必要性
◎保険価額や保険金額の設定の方法
◎補償特約の選び方

などの、不動産経営に関わる火災保険・地震保険について役立つコンテンツをまとめています。


保険

盗難・偶然な事故による破損・汚損補償特約の特徴

盗難は発生確率高め!『盗難/偶然な事故による破損・汚損』補償

『盗難・偶然な事故による破損・汚損』火災保険補償特約についてです。 こんなのはあまり現実味がないのではないかと思われてはいませんでしょうか? 実は、盗難は意外と発生確率があるようです。 住宅への侵入による盗難 マンション […]