保険|火災保険や損害保険は万一の災害から経営資源である投資用不動産を守ってくれる

保険カテゴリーメニュー

不動産経営の様々なリスクを保障する保険への加入はオーナー経営者としての必須条件といえるでしょう。

特に最近では、異常気象による台風の大型化や数の増加、ゲリラ豪雨、大規模な地震の多発など、自然災害が頻発しているといえます。

被害に遭う確率は低いとはいえ、ひとたび被害を受ければ、経営資源である投資用不動産に壊滅的な打撃を与えることになります。

銀行融資を受けている場合は建物が滅失しても借入返済は続きます。

最悪の場合は災害による被害が原因で、デフォルト(返済不能)に陥ってしまうことすら考えられます。

そこまで至らなくても、災害の被害によって多額の修繕費によるキャッシュアウトが発生し、経営計画の見直しを余儀なくされる可能性は捨てきれません。

◎火災保険や地震保険のメリット
◎損金計上の方法
◎施設賠償保険の必要性
◎保険価額や保険金額の設定の方法
◎補償特約の選び方

などの、不動産経営に関わる火災保険・地震保険について役立つコンテンツをまとめています。

不動産投資で保有する一棟収益に地震保険は必要?地震に対するリスク管理と地震保険検討時の重要5ポイント

地震保険に加入する際に必ず知っておくべき5つの重要ポイント

不動産投資における地震保険は建物の規模が大きい一棟収益物件だと支払う地震保険料もそれなりにかかってきます。

また地震保険の保険金額は火災保険で保証される保険金額の50%までであるということもあり地震保険の加入を見送られてきた一棟収益オーナーも多いのではないでしょうか?

しかしひとたび地震の災害が起これば、震源に近ければ近いほどその被害は甚大なものとなる危険性があります。

そして地震に付随して起こる津波は東日本大震災の時のように非常に広範囲に壊滅的な被害を及ぼすのは誰もが知るところとなっています。

確率はそう高くはないもののもし直撃すれば事業の柱である一棟収益を根こそぎ失ってしまうリスクをどう考えるかです。

万が一のことですが不動産投資において保険は全部その万が一のためであり、地震大国の日本おいては適切なリスク管理として地震保険への加入は欠かせないものとなってきているのが事実です。

この記事では、不動産投資で保有する一棟収益に地震保険は必要?地震に対するリスク管理と地震保険検討時の重要5ポイントについてご紹介します。

続きを読む

不動産投資の火災保険で水濡れ補償を付けておけば漏水などの損害まで補償されるのをご存知ですか?

今すぐ確認!高確率で発生する『水濡れ』補償は100%必須

不動産オーナーが加入する火災保険で『水濡れ』の補償特約は付けているでしょうか?

水濡れの被害は、実は災害も含めてすべての被害の中で一番高い確率で発生しうるリスクといえます。

なので火災保険でカバーしておくといざというときに安心できます。

掛けている火災保険に水濡れ補償が入っているかは必ず確認して下さい。

そしてもし水濡れ補償に入っていなければ追加で入るか、掛けている保険に水濡れ補償がないような場合は違う保険会社の保険を考えることも必要です。

この記事では、火災保険の水濡れ補償についてまとめたものをご紹介します。

続きを読む

不動産投資の保険の建物電気的機械的事故補償特約の特徴と補償特約を付ける場合のポイントとは?

他の補償との重複が多い『建物電気的・機械的事故』補償特約

不動産投資の保険の『建物電気的・機械的事故』補償特約とはどのようなものなのでしょうか?

建物電気的・機械的事故の火災保険補償特約は、

  • エレベーター
  • 給湯設備
  • 空調設備
  • 太陽光設備

など、建物に付属した機械設備が突発的に動かなくなってしまったときの、修理費用や壊れた損害を対象に補償することになっています。

実は同じような損害で火災保険での補償が可能な場合があります。

なので火災保険の補償内容と建物電気的・機械的事故補償特約の補償内容がかぶって重複していないかを見直してみる必要があります。

この記事では、不動産投資の保険の建物電気的機械的事故補償特約の特徴と補償特約を付ける場合のポイントをご紹介します。

続きを読む

不動産投資の保険で盗難・偶然な事故による破損・汚損補償特約のポイントと必要性

盗難は発生確率高め!『盗難/偶然な事故による破損・汚損』補償

不動産投資の保険で『盗難・偶然な事故による破損・汚損』の補償特約というのがあるのをご存知でしょうか?

こんなのはあまり現実味がないのではないかと思われているかもしれません。

実は、統計的に見ると盗難は意外と発生確率があるようです。

  • 住宅への侵入による盗難
  • マンション共用部の設置物を盗難される

などの被害は日常的に起こってしまってもおかしくはないといえます。

この記事では、不動産投資の保険で盗難・偶然な事故による破損・汚損補償特約のポイントと必要性をご紹介します。

続きを読む

不動産投資の保険の水災補償は洪水・高潮・土砂崩れ・都市型水害の被害も補償される

水災補償は必須!洪水/高潮/土砂崩れ/都市型水害全てに対応

不動産投資の保険の水災補償は一般的な水害以外にも幅広く被害に対応していることをご存知でしょうか?

具体的には、

  • 洪水
  • 高潮
  • 土砂崩れ
  • 都市型水害

などによる被害も補償されます。

最近では温暖化の影響もあり、台風の増加や異常気象により風水害による被害も増加しています。

河川の多い都市部では、下水道の排水キャパをオーバーするなどでマンホールから水が溢れたりする都市型水害も増えていて、水災は不動産投資を行ううえで非常にリスクの高い災害だといえます。

この記事では、不動産投資の保険の水災補償は洪水・高潮・土砂崩れ・都市型水害の被害も補償されることについて紹介します。

続きを読む

不動産投資の保険で風災・ひょう(雹)災・雪災の補償特約は水災補償とセットが安心な理由

『風災/ひょう(雹)災/雪災』の補償は水災とセットで完璧

不動産投資の保険における火災保険補償特約の風災・ひょう(雹)災・雪災を付けているでしょうか?

最近では異常気象の影響もあり台風の威力も強大になりつつあるので風災についてはリスクが高くなっている災害だといえます。

ただ風災・ひょう(雹)災・雪災ともに発生確率は、他の災害と比較すると相対的には低い災害でもあります。

また台風や大雪による被害は水災の補償が適用されることもあります。

なので水災補償とセットにする形で風災・ひょう(雹)災・雪災の補償特約をつけるのがポイントです。

この記事では、不動産投資の保険で風災・ひょう(雹)災・雪災の補償特約は水災補償とセットが安心な理由をご紹介します。

続きを読む

不動産投資での火災保険の保険期間は必ずしも融資期間と同じでなくてもよい理由

保険料は構造と保険期間で決まるが保険期間≠融資期間でOKな理由

火災保険の保険料を決める基準として重要なのが建物の構造です。

保険料はマンションなら安く木造アパートなら高いとなんとなく把握しているだけでは不十分です。

また、保険期間は必ずしも融資期間と同じにしなくてはいけないというわけではないのをご存知でしょうか?

融資期間が長くなると保険期間も長くなってしまい、一括で最初に支払う金額が大きくなってしまいます。

保険料に大きな影響を与える要素である、

  • 建物の構造
  • 保険期間

を正しく把握して、ポイントを押さえた無駄のない保険料の支払いをしていきましょう。

この記事では、火災保険の保険期間は必ずしも融資期間と同じでなくてもよい理由をご紹介します。

続きを読む