一棟収益の保険知識|火災保険や損害保険は万一の災害から経営資源である投資用不動産を守ってくれる



一棟収益不動案投資で掛ける保険は火災や地震や水害など万一の災害から経営資源である一棟収益不動産を守ることが第一の目的です。

そして保険は一棟収益不動産を守ると同時に掛け金として支払った金額を経理上損金扱いにできるものもあるため経費計上して利益を調整することで節税対策にも利用することができます。

ただし保険の掛け金を経費として損金に計上できる範囲は税制でよく改定されますのでその時の税制に合わせた運用が必要になってきます。

税制が変わったのを知らずに高い掛け金を払っていて経費として損金計上できくなってしまうと保険としては機能しますが節税対策としては残念な結果となってしまいます。

火災保険や地震保険のメリット、支払保険料の損金計上の方法、施設賠償保険、保険価額や保険金額の設定、補償特約の選び方など、ここでは保険に関するコンテンツをまとめています。

不動産投資の①火災保険②地震保険③借家人賠償保険の必須基本知識【総まとめ】

不動産を守る主要3損保(火災・地震・借家人)丸わかり基本知識

火災保険や地震保険、借家人賠償保険などあまり深く考えず損害保険に加入してはいないでしょうか?

不動産投資は、不動産投資資源である建物を賃貸して家賃収入を得ることで成り立つ事業です。

火災や地震などの不測の事態で不動産投資資源である建物が被害を受け賃貸ができなくなると事業そのものが成り立たなくなり収益をあげられなくなります。

もちろん借入金の返済も厳しくなってしまいます。

こうした不測の事態に備えて不動産投資資源を守りオーナーのリスクを回避するのが火災保険や地震保険、借家人賠償保険などの損保の役割でもあります。

この記事では、

  • 火災保険
  • 地震保険
  • 借家人賠償保険

の不動産投資資源を守る主要3損保の必須基本知識をまとめてご紹介します。

続きを読む

不動産投資の節税に使える逓増定期保険やガン保険など8つの保険をご存知ですか?

これでわかる!不動産投資で使える法人保険8種類のタイプ別特徴

不動産投資を法人化すると、法人保険を使って節税ができるのをご存知でしょうか?

法人保険を使う最大のメリットは、

  • 掛け金を損金計上して課税所得を圧縮して節税対策ができる
  • 解約返戻金などの簿外資産を蓄えることができる

の2点です。

それでは、法人保険による効果を正しく出すためには、どのようなタイプの保険がどのような場面に適していてどのようなメリットがあるのでしょうか?

この記事では、不動産投資でよく使われる法人保険である、

  • 逓増定期保険
  • ガン保険
  • 養老保険
  • 長期平準定期保険
  • 定期保険
  • 収入保障保険
  • 医療保険
  • 終身保険

についてタイプ別の特徴を説明します。

続きを読む

不動産投資で一棟収益の火災保険補償特約『落雷・破裂・爆発』の必要性とポイント

まさかに役立つ補償『火災/落雷/破裂/爆発』の特約

不動産投資で一棟収益の火災保険は火災だけのために加入するものと考えてはいないでしょうか?

実は火災以外に多くの補償があるからこそ、火災保険はもしもの時に非常に頼りになるのです。

落雷・破裂・爆発は火災保険でもっとも基本的な補償です。

起こり得る確率は高くはありませんが、万一上記の被害にあったときには、被害金額が甚大になる傾向がありますので、火災以外でも補償されるということを考えて保険を契約しましょう。

この記事では、『落雷・破裂・爆発』の火災保険補償特約の必要性とそのポイントをご紹介します。

続きを読む