保険|火災保険や損害保険は万一の災害から経営資源である投資用不動産を守ってくれる

保険カテゴリーメニュー

不動産経営の様々なリスクを保障する保険への加入はオーナー経営者としての必須条件といえるでしょう。

特に最近では、異常気象による台風の大型化や数の増加、ゲリラ豪雨、大規模な地震の多発など、自然災害が頻発しているといえます。

被害に遭う確率は低いとはいえ、ひとたび被害を受ければ、経営資源である投資用不動産に壊滅的な打撃を与えることになります。

銀行融資を受けている場合は建物が滅失しても借入返済は続きます。

最悪の場合は災害による被害が原因で、デフォルト(返済不能)に陥ってしまうことすら考えられます。

そこまで至らなくても、災害の被害によって多額の修繕費によるキャッシュアウトが発生し、経営計画の見直しを余儀なくされる可能性は捨てきれません。

◎火災保険や地震保険のメリット
◎損金計上の方法
◎施設賠償保険の必要性
◎保険価額や保険金額の設定の方法
◎補償特約の選び方

などの、不動産経営に関わる火災保険・地震保険について役立つコンテンツをまとめています。

不動産投資の節税に使える逓増定期保険やガン保険など8つの保険をご存知ですか?

これでわかる!不動産投資で使える法人保険8種類のタイプ別特徴

不動産投資を法人化すると、法人保険を使って節税ができるのをご存知でしょうか?

法人保険を使う最大のメリットは、

  • 掛け金を損金計上して課税所得を圧縮して節税対策ができる
  • 解約返戻金などの簿外資産を蓄えることができる

の2点です。

それでは、法人保険による効果を正しく出すためには、どのようなタイプの保険がどのような場面に適していてどのようなメリットがあるのでしょうか?

この記事では、不動産投資でよく使われる法人保険である、

  • 逓増定期保険
  • ガン保険
  • 養老保険
  • 長期平準定期保険
  • 定期保険
  • 収入保障保険
  • 医療保険
  • 終身保険

についてタイプ別の特徴を説明します。

続きを読む

解約返戻金や損金で法人保険を不動産投資の節税に活用する5つのポイント

法人保険で不動産投資の利益を簿外資産に!できる?できない?

保険と聞くと個人でも内容がややこしくてアレルギー症状が出るのに、法人保険となると拒絶反応を起こしてしまい考えたくないという人もいるのではないでしょうか?

法人保険は、不動産投資での利益の圧縮対策としての順位は下がりますが、減価償却や役員報酬などのオーソドックスな節税対策をしてもまだ利益が残っている場合には、併用することで大きな節税対策になります。

法人保険は、現金を支出して節税するだけではなく、節税した支払保険料を解約返戻金や満期保険金の形で貯めることができ、後で自由に使えることが不動産投資で法人保険を利用する最大のポイントとなります。

この記事では、法人保険を上手に使って不動産投資の節税に活用する5つのポイントをご紹介します。

続きを読む

不動産投資で一棟収益の火災保険補償特約『落雷・破裂・爆発』の必要性とポイント

まさかに役立つ補償『火災/落雷/破裂/爆発』の特約

不動産投資で一棟収益の火災保険は火災だけのために加入するものと考えてはいないでしょうか?

実は火災以外に多くの補償があるからこそ、火災保険はもしもの時に非常に頼りになるのです。

落雷・破裂・爆発は火災保険でもっとも基本的な補償です。

起こり得る確率は高くはありませんが、万一上記の被害にあったときには、被害金額が甚大になる傾向がありますので、火災以外でも補償されるということを考えて保険を契約しましょう。

この記事では、『落雷・破裂・爆発』の火災保険補償特約の必要性とそのポイントをご紹介します。

続きを読む