物件売却&出口戦略

築古の木造アパートは出口戦略で本当に売れるのか?

築古の木造アパートは出口戦略で本当に売れるのか?

減価償却での節税を目的とした築年数の古い中古木造アパートですが、そもそも売りたいときに売れるのでしょうか?

まず物件が古いため、売却するときに買主に金融機関が融資をしないので売れないのではないかという疑問です。

結論から言うと築古の木造アパートが売れるか売れないかという点からいうと売れます。

この記事では、築古の木造アパートは出口戦略で本当に売れるのか?というについてご説明します。


築古の木造アパートは出口戦略で本当に売れるのか?

築古木造アパートが売れる理由

築古の木造アパートで減価償却を大きくとって4年間で節税できたとしても、出口戦略で売れなければ最終利益の確定が出来ないことになります。

そして買いたいという人がいたとしても、物件が古いためにそこに融資を行う金融機関が見つからずに結局買えないので、キャッシュでの購入を検討している人にしか売れないのではないかと思われるかもしれません。

この点に関しては、もちろん物件にもよりますし、RC造の新しい物件に比べれば融資を受けにくいのも事実です。

そのために買える人は少なくなるというのが現実です。

しかし、売れるか売れないかという観点からいうと結論としては売れます。

なぜなら、減価償却をとって節税するという目的で購入する場合が多いので、高所得者の人には逆に4年で減価償却のできる古い木造収益アパートを求めている人も大勢いるからです。

さらに、日本の金融機関の多くは基本的に物件よりは個人属性や経営している会社の状況や資産背景などの借主の信用に重きを置いて融資を行っていますので、良い属性の人であれば物件が何であれ借り入れができるのです。

絶対数は多くないものの借り入れができる人はいますし、築古の木造アパートであればロットが大きくないので現金キャッシュで取得する人もいるくらいです。

 

築古木造アパートが売れる基準

ただし、同じ築古の木造アパートでも、物件によって売りやすい・売りにくいという問題はあります。

古くても売りやすい物件というのは、資産価値がありかつ流動性の高い物件です。

そして、資産価値のある物件とは土地値のある物件ということになります。

まとめ

減価償却の効果が高い築古の木造アパートの場合、出口戦略で本当に売却できるのかという疑問が出てきますが、

  • 資産価値がある=土地値がある
  • 流動性が高い

の2つの条件を満たす物件であれば、節税目的に買いたい人は大勢います。

融資は確かにつきにくいですが、属性の良い人であれば物件が何であれ融資を引くことができますし、築古の木造アパートの場合は1棟あたりのロットがあまり高くないので、現金で購入を検討する人もいますので、融資がつきにくいから売却しにくいということにはなりにくいといえます。

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

【免責事項】

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。
本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

コメントを残す

*