不動産投資のローン|不動産投資の最大最強のメリットはローンが使えること

不動産投資の売買契約のローン特約で白紙解除できなかったトラブル事例とローン特約トラブルの回避方法

ローン特約で白紙解除できるケースとローン特約トラブル回避法

不動産投資の売買契約でローン特約を付けているからといってもなんでもすぐにローン特約による白紙解約ができるわけではないことをご存知でしょうか?

不動産売買契約におけるローン特約の条件を勘違いしていたためにローン特約による契約解除を申し出ると違約になってしまい違約金を支払うはめになるケースもあります。

不動産投資において収益物件を購入する際は、現金より融資を使った方がレバレッジが効くので売買契約においてローン特約は特に個人の買主にとっては付けておいたほうが安心な特約の一つです。

しかし不動産売買契約におけるローン特約の内容をきちんと認識していないと、もしもの時に白紙解除できないばかりか、違約金が発生する可能性すらあるのです。

この記事では、不動産投資の売買契約のローン特約で白紙解除できなかったトラブル事例とローン特約トラブルの回避方法をご紹介します。

続きを読む

不動産投資で収益物件の購入時に配偶者の連帯保証人は絶対に必要なのか?

収益物件の購入で配偶者の連帯保証人は絶対に必要なのか?

不動産投資で配偶者が収益物件の購入に対して不安を持っていて数千万円から億単位の借入をすることに大反対するケースがあります。

ましてや大反対の配偶者がその連帯保証人になるのは絶対に嫌だと言われます。

不動産投資で収益物件を購入するのに配偶者の連帯保証人は絶対に必要なのでしょうか?

結論としては、個人では基本的には連帯保証人が必要ですが、団体信用生命保険に入ることで不要なケースもあります。

また法人では連帯保証がなくても借入ができる可能性があります。

この記事では、不動産投資で収益物件の購入時に配偶者の連帯保証人は絶対に必要なのか?についてご説明します。

続きを読む

不動産投資でアパートローンとプロパーローンの違いと銀行へのアプローチ方法のポイント

サラリーマンはアパートローンを狙い経営者はプロパーローンを狙う

不動産投資で収益物件に融資をする金融機関はどのようなところがあってどのような形で融資をしてくれるのでしょうか?

不動産投資での収益物件に対する金融機関の融資形態には大きく分けて

  • アパートローン(パッケージローン)
  • プロパーローン

の2つの形態があります。

アパートローンはサラリーマン向きでプロパーローンは経営者や資産管理法人向きだといえます。

この記事では不動産投資でアパートローンとプロパーローンの違いと銀行へのアプローチ方法のポイントをご紹介します。

続きを読む

不動産投資で地銀や信金から個人が融資を引くには不動産会社を通すのが近道

地銀や信金から地縁のない個人が融資を受けるには?

不動産投資で地銀や信金から地縁のない個人が融資を受けるのはなかなか難しいと言われています。

属性が良い人であれば少しでも良い条件で不動産投資の融資を受けるために、地縁のないエリアであっても地銀や信金を利用したいと考えるのではないでしょうか?

それにはひとつの答えがあり地縁のない地銀や信金から個人が融資を受けるためには、不動産会社の紹介を受けることが近道だということです。

この記事では、不動産投資で地銀や信金から個人が融資を引くには不動産会社を通すのが近道の理由についてご紹介します。

続きを読む

不動産投資ローンの融資審査で銀行から共同担保を求められた際の共同担保を入れるかどうかの判断基準とは?

共同担保を金融機関から求められた場合の考え方

不動産投資において金融機関にローン融資を申し込んだ際に、

  • 収益物件の担保評価が足りないので不足分の自己資金を入れる
  • 他に共同担保を入れて欲しい

などと言われることがあります。

自己資金は出来るだけ残しておきたい場合は共同担保を入れてもいいのでしょうか?

原則として、収益物件の購入時のローン融資の担保は取得物件だけにします。

共同担保は原則しないということです。

この記事では、不動産投資ローンの融資審査で銀行から共同担保を求められた際の共同担保を入れるかどうかの判断基準をご紹介します。

続きを読む

不動産投資でフルローンやオーバーローンを引くにはどうすればいい?フルローンやオーバーローン融資の最新動向

ローン審査の仕組みを知って誰でも有利にローンを引く7つのポイント

不動産投資で収益物件を購入する際に、できるだけ自己資金の割合を減らし、フルローンやオーバーローンで融資を引きたいと考える人は多いと思います。

今はなかなかフルローンやオーバーローンは出ないといわれていますが、どうすれば物件価格以上の融資を引くことができるのでしょうか?

フルローンやオーバーローンの融資を引くことができる条件として、

◎物件の担保評価額+借主の信用貸出枠が物件価格を上回っている

ということが挙げられます。

そして少しでもフルローンに近づけて引くためには、銀行の審査の仕組みを理解することが重要です。

この記事では、不動産投資でフルローンやオーバーローンを引くにはどうすればい?フルローンやオーバーローン融資の最新動向をご紹介します。

続きを読む

不動産投資で自分のローンの借入限度額と最適な返済期間の設定方法を知っておく重要性

自分はいくらまでローンの借入ができるのかを知っておく重要性

不動産投資において自分がいくらまでローンの借入ができるのかを知ったうえで収益物件を探しているでしょうか?

金融機関へは買いたい収益物件が決まってから初めて相談に行くという人が多いのが現実です。

金融機関は不動産投資への融資の際には個人の属性によって借入可能額の大部分を決めます。

なので、自分が借入できる金額を知ってそこから逆算して収益物件を探した方が何十倍も効率的だといえます。

また収益物件を購入するとなると数千万円から億単位の金額を借入することになります。

その分金利負担も多額になるので借金はできるだけ早く返した方がいいと考える人は多いです。

しかしながら結論から申し上げると、融資期間はできるだけ長期で組んだほうがキャッシュフローが回りやすくなるので有利です。

具体的には最低でも15年、できれば20年以上の融資期間を設定します。

この記事では、不動産投資で自分のローンの借入限度額と最適な返済期間の設定方法を知っておく重要性をご紹介します。

続きを読む

不動産投資のアパートローンで赤字申告でも融資が受けられる場合がある?

アパートローンやプロパーローンは赤字でも銀行は融資可能なのか?

不動産投資で規模を拡大していくには継続して融資を受けられるのかがポイントとなります。

その時に、確定申告や決算書が赤字になっている状態で銀行から追加の融資は受けられるのでしょうか?

結論からいえば赤字申告は一概にダメというわけではなくケースバイケースとなります。

確定申告や決算書が赤字でも、

  • アパートローンを利用している場合・・・可能
  • プロパーローンを利用している場合・・・金融資産次第で可能

となります。

この記事では、アパートローンやプロパーローンで赤字申告でも融資が受けられる場合をご紹介します。

続きを読む

不動産投資ローンの融資審査面談で銀行員から必ず聞かれる4つのポイントとついポロっと言うと不利になる回答

銀行の融資担当者から聞かれることを予習しておく虎の巻

初めて不動産投資の融資を申し込んだ取引実績のない銀行とのやり取りをアドリブで行ってはいないでしょうか?

不動産投資の融資をスムーズに取り付けるためには銀行に対する融資依頼を段取りよく行う必要があります。

銀行に訪問するとなると初めはとても緊張するかもしれませんが不動産投資では融資を使うのであれば銀行を避けては通れません。

銀行へ訪問する前にあらかじめどのようなことを聞かれるかを想定しておくのが得策です。

この記事では、不動産投資ローンの融資審査面談で銀行員から必ず聞かれる4つのポイントとついポロっと言うと不利になる回答をご紹介します。

続きを読む

不動産投資ローンの銀行融資審査を通りやすくするための銀行への提出書類の事前準備必須チェックリスト

事前に揃えて融資スピード競争に勝つ銀行提出書類一式

収益物件の情報を分析して良い収益物件が見つかっても、銀行へのローン融資依頼が遅かったばっかりに他の人に先を越されて収益物件を取られてしまうことがよくあります。

最終的に良い収益物件を取得するためには、収益物件の選別から不動産投資ローンの融資内定も含めたスピード感が何よりも大切になります。

どれだけ緻密に分析しても物件を取られてしまっては何にもならないからです。

特に不動産投資ローンの融資内定でもたつくと良い収益物件の場合はオファーが多いので、買付を一番に出していたとしても他の人が先に融資を付けた場合は後回しにされてしまうことさえあります。

いつでも不動産投資ローンの審査を打診できる体制を敷いておくことが必要です。

不動産投資ローンの審査で他の人に後れを取らないために予め資料を準備して融資打診に備えておくことは非常に大切です。

この記事では、不動産投資ローンの銀行融資審査を通りやすくするための銀行への提出書類の事前準備必須チェックリストをご紹介します。

続きを読む