保険

建物電気的機械的事故補償特約は火災保険との重複に注意する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
他の補償との重複が多い『建物電気的・機械的事故』補償特約

『建物電気的・機械的事故』火災保険補償特約についてです。

建物電気的・機械的事故の火災保険補償特約は、

  • エレベーター
  • 給湯設備
  • 空調設備
  • 太陽光設備

など、建物に付属した機械設備が突発的に動かなくなってしまったときの、修理費用や壊れた損害を対象に補償することになっています。

この記事では、建物電気的機械的事故補償特約の特徴をご紹介します。

電気的・機械的事故補償特約

  • エレベーター
  • 給湯設備
  • 空調設備
  • 太陽光設備

などの建物に付属する機械設備が多い、1棟マンションや1棟アパートオーナーにとって、魅力的に聞こえる補償特約ですが、実際にはなかなか適用ケースが少なく、あれば尚良しレベルでつけておくと安心な補償特約といえます。

なぜなら、免責金額が設定されている場合が多く、満額の損害金が受け取れることは非常に少ないからです。

また、機械設備が壊れるケースとしては、

  • 落雷や洪水などによる水災
  • 地震による被害

が最も多く、いきなり機械設備がショートしたり、破損する頻度は非常に低くなっています。

あと、電気的事故で発生した火災であれば、火災保険が適用されます。

 

電気的・機械的事故とは

  • エレベーター、機械式駐車場のように電気を多く利用する基板が過電流により損傷して使えなくなった
  • 居室内の給湯器設備が点火操作時に異常音がして、いきなり配線が焼き付いて故障した
  • 業務用エアコンの室外機が発火したことにより、エアコンのファンが損害し、室外機が使用不能となった

などがあげられます。

エレベーターや機械式駐車場などの重要保安設備は、定期点検義務がありますので、よほどのことがないと事故は発生しにくいといえます。

給湯器やエアコンなどの場合は、老朽化との兼ね合いがあり、老朽化が原因の場合は補償対象とならない可能性もあります。

まとめ

  • 建物に付属した機械設備が動かなくなった時の、修理費用や壊れた損害に対しての補償で、1棟マンション、アパートオーナーには魅力的に聞こえるが、免責金額が設定されているケースが多く、満額の損害金が受け取れることは少なくなっている。
  • 機械的、電気的事故が原因で火災になれば、補償特約ではなく、火災保険自体で補償されるので、大きな被害になるときは、落雷や洪水などの水災や地震による被害が多く、そちらの補償や地震保険が適用されて、当補償特約は使われない可能性が高い。
  • エレベーターや機械式駐車場の修理は高額となりやすいので、補償特約があるに越したことはないが、エレベーターや機械式駐車場は重要保安設備として定期点検があるので、よほどのことがない限り補償特約を使うほどの事故は発生しないと考えられる。
  • 給湯器やエアコンなどは老朽化が原因でショートした場合などは電気的事故とは処理されず、老朽化として処理されて補償特約が適用されない場合がある。

あなたにおすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料相談:不動産投資のセカンドオピニオンサービス

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?


◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?

◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?

◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?

◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?

◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?

◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?


など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。


是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

【免責事項】

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。 本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

コメントを残す

*