投資戦略理論

不動産投資で成功する人と失敗する人の2つの違い

会社員の不動産投資で成功する人と失敗する人の2つの違い

会社員に限りませんが、不動産投資で成功する人と失敗する人にはどのような違いがあるのでしょうか?

不動産投資で成功している人は良い収益物件を購入できています。

そして次の2点を満たしていることが多いです。

  1. 十分な情報収集に基づいた投資戦略を持っている
  2. 結果が出るまであきらめずに行動を続けられる

不動産投資において一定の成功をおさめている人は、投資戦略に基づいた行動力があるということです。

この記事では、不動産投資で成功する人と失敗する人の2つの違いをご紹介します。


情報収集に基づいた投資戦略を持っている

不動産投資を始めるには、不動産に関する情報収集を行ってから収益物件の購入に向けた行動を起こすという順番で活動を開始することが、基本的な行動パターンになります。

情報収集とは、不動産投資を進めていく上での具体的な戦略を検討するための情報を集めることです。

  • 自分と同じ立場や属性で成功している人はどうやっているのか?
  • 狙うべきエリア、価格帯、建物の構造はどう決めるか?
  • 使える銀行はどこがあるのか?

などを総合的に検討し、どのように取り組むのかの戦略を立てます。

そして、一つの方法に決め打ちするのではなく、様々な情報を比較検討することです。

不動産投資には、

  • 新築投資
  • 築古アパート投資
  • 大規模RCマンション投資

など、様々な方法がありますが、ある程度全体的に情報を収集し、どんな投資法が自分に合っているか検討する必要があります。

自分が立てた投資戦略について、なぜ他の投資法ではないのかを明確に話せるようなレベルを目指すとよいでしょう。

不動産投資で失敗する人は、情報収集力が欠けていることが多いです。

その結果、単に接する機会が多い不動産会社の営業マンのいいなりになってしまい、あまり収益が出ない新築物件などを買ってしまったりしてしまいます。

 

結果が出るまで行動を続けられる

情報収集を行って立てた投資戦略に沿った行動がどれだけできるかどうかが重要です。

当たり前のことですが、完璧な投資戦略が立てられたとしても、行動レベルが低ければ良い成果が出ることはありません。

不動産投資は、良い収益物件を購入できれば多額の収益を安定的に得られるものの、購入するまでのプロセスではまったくのタダ働きになります。

良い収益物件を購入するためには、たくさんの物件情報を見て見極める必要があります。

そして、購入したい物件に対する融資付けも自分でやらなければならないケースもあります。

これだけ頑張っても、融資がつかない、もしくはもっと高い値段で買う人に横取りされるなどで、購入を検討して取り組んでいた物件を途中で断念せざるを得ない場合もよくあります。

その結果、物件を買えないまま過ごす期間が数ヶ月以上続き、物件購入をあきらめてしまう人が多いのが現実です。

単純に長い期間頑張り続けていれば良い物件が買えるとは限りませんが、物件購入と融資付けの精度を上げる努力をあきらめずに続けていれば、間違いなくいつかは良い物件を買えるようになるのです。

まとめ

不動産投資で成功している人は、

  1. 十分な情報収集に基づいた投資戦略を持っている
  2. 結果が出るまであきらめずに行動を続けられる

の2点を満たしていることが多いといえます。

逆に失敗する人は情報収集が不十分なことが多く、断片的な情報で投資に踏み切るので、行き当たりばったりになりやすく再現性のある投資にならないことが多いといえます。

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

無料相談:不動産投資のセカンドオピニオンサービス

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?


◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?

◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?

◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?

◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?

◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?

◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?


など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。


是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

【免責事項】

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。
本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

コメントを残す

*