投資戦略理論

会社員の新築アパート投資のメリットとデメリット

会社員の新築アパート投資のメリットとデメリット

中古収益物件の利回りが低下してくると、新築アパートを購入しようと考える人も増えるのではないでしょうか?

新築アパートは安定的に運用できるので取り組みやすい反面、デメリットもあります。

土地から仕入れて設計士と一緒に図面を描き、イチからすべての計画に関与するようなセミプロの人がいる一方で、新築アパートを購入しようと考える多くの人は、不動産会社が立てた建築プランにそのまま乗るような形で取り組んでいます。

初心者で土地から仕入れてイチからすべて計画して取り組むのは困難ですが、不動産会社の建築プランに乗る場合でも収益性は物件によって大きく異なるので、立地と価格のバランスが取れた物件選びが重要になります。

この記事では、会社員の新築アパート投資のメリットとデメリットをご紹介します。


新築アパート投資のメリット

新築アパート投資の最大のメリットは、賃貸付が容易なことです。

中古のアパートやマンションを購入する場合に空室の対応が一番の懸念点になると思います。

これが新築の場合は、全部空いている状態から貸し出すにもかかわらず、家賃設定が間違っていなければほぼ確実に満室にすることができます。

日本人は新築物件が大好きなので、よほど大きな問題がない限り、完成から数ヶ月程度で埋まることが多いのです。

新築アパートを企画する建築会社や不動産会社に任せてしまえば、建築の工程管理や融資付けもおまかせでやってくれることが多いのもメリットだといえます。

年間数十棟以上建てる業者も存在しますので、このあたりのプロセス管理は慣れたものなのです。

融資を行う銀行側としても、ある程度年収水準が高い人が新築アパートを建てるための融資はリスクが少ないとみなします。

なので、融資の面でも比較的容易に進められることが多いです。

新築アパート建築業者が購入後の管理もしてくれる場合が多く、オーナーは手間をかけずに新築アパート投資に取り組むことが可能です。

 

新築アパート投資のデメリット

会社員にとってスタートを切りやすいメリットがある新築アパート投資ですが、デメリットもあります。

新築の賃貸需要が底堅いのは事実ですが、これが5年ほど経過して入居者が2回転する部屋も出てくると、少しずつ家賃が下がってきます。

当初は新築プレミアムが乗っていたものの、徐々にその効果が薄れてくるからです。

場合によっては、5年ほど経った段階で新築時から10%以上家賃を下げないと決まらなくなる場合も出てきます。

家賃の下落幅は、新築時から15年程度経過するまでが一番大きくなります。

逆に築20年の部屋と築30年の部屋の古さはそれほど変わらないと考える賃借人も多いため、そのぐらいになると家賃の下落幅は少なってきます。

中古収益物件の場合は購入から時間が経てば返済が進むため、残債が減っていき売却時の含み益が積み増されることになります。

これが新築アパートの場合、家賃下落が伴うため残債が減ってもその分だけ家賃収入が減っているケースがあります。家賃収入が減れば、収益還元での物件価格も下がるので、売却価格が購入価格を大きく下回る可能性が出てきます。

また、新築物件の多くは、積算評価が低いため、追加の融資を受けにくくなることがあります。年収が1000万円あったとしても、1億円の新築アパートを2棟買った後は、買い増すことができなくなることが多いのです。

まとめ

メリットもデメリットもある新築アパート投資ですが、重要なのは不動産会社にすべてお任せするのではなく、しっかりと自分自身でプランの妥当性を調査することが大切です。

同じような物件が近隣にあるのであれば、

  • 入居者は学生なのか社会人なのか
  • 築年ごとにどのくらいの家賃設定になっているのか
  • 平均何年くらい住み続けているのか

などを出来る限り調べ、その物件を購入した場合の長期シミュレーションをしっかりと自分で確かめることが重要です。

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

【免責事項】

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。
本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

コメントを残す

*