不動産投資で収益物件の運用をしながら不動産投資を将来の貯蓄として考えることもできる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
元金返済で運用の含み益を増やして貯蓄しているという考え方

不動産投資での収益物件の運用の目的を貯蓄に置くこともできます。

収益物件購入時にローンの借り入れを行うことが一般的な収益物件の運用においては、収益物件から入る賃料収入から借入金の返済をしていきます。

これは、物件の実質利回りと借入金の利回りの差であるイールドギャップが取れるために可能となるのです。

ここでのポイントは、この借入金の返済において、賃料収入という原資から金利だけでなく元金までも返済できているということです。

金利は経費としての支払い項目ですが、元金の返済は貯蓄と同じ効果があります。

この記事では、賃料でローンの元金を返済して不動産投資の含み益を増やして不動産投資で貯蓄しているとも考えられる理由をご紹介します。

賃料でローンの元金を返済して不動産投資の含み益を増やして不動産投資で貯蓄しているとも考えられる理由

借入金の返済のうち、元金の返済はなぜ貯蓄と同じ効果があるといえるのでしょうか?

それは、毎月の賃料収入から管理費や金利だけでなく元金も返済すれば、返済した元金の分だけ物件の取得原価が下がっていくからです。

例えば、1億円の借り入れで3000万円分の元金を返済していれば、物件が1億円で売却できたときに残債7000万円を返済しても3000万円の現金が残ることになります。

なので、元金の返済分だけ、収益物件の運用からあがってくる賃料収入を使って毎月貯金をしていると考えられるということです。

これは、不動産投資の含み益をどんどん増やしていくことと同じです。

もちろんキャッシュフローを得ながら貯蓄もできます。

元金の返済にプラスしてキャッシュフローがある場合は、その合計が投資回収額となります。

ただし、貯蓄に重きを置く場合は、いざというときに売りやすく、かつ物件価格が下がらない物件を優先的に選ぶようにする必要があります。

なぜなら、必要なときに売却し、元金の返済部分である貯蓄部分を現金化することが目的だからです。

この時になかなか売れなかったり、大きく金額を下げなければ売れないとなると問題です。

特に、売却時の価格が大きく下がってしまうと、元金返済で取得原価を下げた分が吸収されてしまい、貯蓄が吹き飛んでしまいます。

その場合は投資回収額は正味の税引後キャッシュフローである純収入だけになってしまいます。

貯蓄として収益物件を運用するとしても、やはり基本通り売却までの出口戦略を考えておくことは、利益の最大化には重要な要素となるということがここからもわかります。

 

まとめ

収益物件の運用において、借入金の元金返済までも賃料収入で賄えることは、非常に大きなメリットだといえます。

そして、購入時の価格より高いもしくは同等の価格で物件を売却できれば、賃料収入によって返済された元金返済部分がそのまま手元に残ることになるのです。

つまり、元金の返済部分は物件の取得原価を下げていき、貯蓄の役割を果たすと考えることができるのです。

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産投資セカンドオピニオン

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?

◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?
◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?
◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?
◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?
◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?
◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?

など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。

是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

SNSでもご購読できます。

★直近リアルタイム人気の記事★

貯水槽や浄化槽の点検費用を払い過ぎないために必ず把握しておくべき貯水槽や浄化槽の点検費用の目安と相場
日本政策金融公庫の不動産投資ローン・アパートローン8つの特徴と最新の融資動向
貸主側からの立ち退きの考え方と立ち退き料の相場と円滑な立ち退き交渉の最重要点
不動産投資でエイブルやアパマンなど不動産賃貸仲介を行う管理会社を使う際に損しないための注意点
不動産投資で知っておくべき減価償却費のすべて【まとめ】(節税・融資・デッドクロス)
不動産投資で大阪方式(関西方式)の『敷金持ち回り』方式で収益物件の売買を行う際の注意点
不動産投資で収益物件を仕入れた初年度だけは経費で大きな赤字が出るので必ず節税できる2つの大きな要因
擁壁のほとんどが基準不適合!宅地造成工事規制区域で擁壁のある収益物件を買ったあとの擁壁工事は高額になるので注意する
不動産投資で売却時に儲けを出すためにIRR(内部収益率)とNPV(正味現在価値)の関係性を理解する3つのポイント

コメントを残す

*