不動産投資でローン借入時に共同担保の提供を金融機関から求められた場合の考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
共同担保を金融機関から求められた場合の考え方

不動産投資において金融機関にローン融資を申し込んだ際に、

  • 収益物件の担保評価が足りないので不足分の自己資金を入れる
  • 他に共同担保を入れて欲しい

などと言われることがあります。

自己資金は出来るだけ残しておきたい場合は共同担保を入れてもいいのでしょうか?

原則として、収益物件の購入時のローン融資の担保は取得物件だけにします。

共同担保は原則しないということです。

この記事では、不動産投資でローン借入時に共同担保を金融機関から求められた場合の考え方をご紹介します。

不動産投資でローン借入時に共同担保の提供を金融機関から求められた場合の考え方

共同担保とはどのようなものか?

共同担保とは、ひとつの債権の担保として、複数の物の上に担保権を設定することです。

具体的には、金融機関が収益物件への融資を実行するにあたって、融資対象の不動産だけの担保価格と借り手の信用力だけでは融資希望額に満たない場合、

  • 不足分の自己資金を入れる
  • 他に所有する不動産を担保として差し入れる

ことを求められることがあります。

つまり、担保の補完という意味合いがあります。

また、自宅を共同担保に求める場合は、担保補完という意味合いよりは、どちらかというと自宅を守るために返済を怠らないという精神的なコミットのために求めるというケースもあります。

共同担保として求められるのは、自宅や他の収益物件だったりと様々です。

まず、第一に理解するべきなのは、不動産投資の資金調達においては、原則として購入物件を担保に資金を調達するということです。

他に担保を入れるというのは本筋ではないということです。

共同担保を求めれらるということは、

  • その収益物件の担保評価が極端に低い
  • あるいは属性に問題がある

ということが考えられるからです。

ただし、一部の金融機関では収益物件や属性うんぬんの前に、標準として共同担保を求める場合もあります。

 

共同担保を求められても共同担保なしの交渉を金融機関と行う

金融機関は確実に返済をして金利を払ってくれる優良顧客を求めています。

そのため、あの手この手を使ってリスクを低減し、顧客を引き留めて借り換えされないような状況を作ろうとします。

共同担保を求めるのもその一環です。

しかし、借入をしたい一心で安易に条件をのまないように気を付ける必要があります。

共同担保はいわば借金のカタにとられた人質のようなもので、融資を受ける側にとっては非常に不利な条件といえます。

共同担保にとられた物件は、単独では売却や借り換えができなくなるので、長期的な収益を最大化させる計画が崩れてしまう可能性があります。

金融機関にとっては一度付けた共同担保を外すメリットはないので、返済が進んでいても共同担保はなかなか外してくれないのです。

共同担保を確実に外すには、

  • 別の担保を提供
  • 債務を完済する

しか手がありません。

不動産投資において収益物件で資産を構築していくためには、融資を受けながら物件の数を増やしていく必要があります。

物件や取引先が増えるごとに、資金の振り分けバランスも考えなくてはいけなくなります。

金融機関は自社の利益のためにできるだけリスクなく貸付しようとします。

しかし、特に共同担保を入れてしまうと、所有物件の権利関係が複雑になり、後々まで経営に影響しますので、自宅に限らず他の所有物件でもできるだけ共同担保に入れることは避けたいところです。

どうしても共同担保を求められる場合は、いっそのこと他の金融機関をあたるか他の物件を探すべきだといえるでしょう。

 

不動産投資で共同担保を提供してでも借りたほうが良いケース

共同担保は絶対に断るのかというと、これもまたケースバイケースです。

たとえば、自己資金はまったくないが、他の借入もなく自宅はあるという人の場合です。

共同担保を入れることによって、フルローンやオーバーローンの融資を受けられるというのであれば検討すべきだといえます。

手元資金がない人にとっては、ある意味共同担保を使わなければ収益物件による資産運用ができないわけですから、共同担保を受け入れることも必要になります。

他には、すでに持っている物件の隣に物件を買うことによって、既存の物件と地続きになり価値が上がるからどうしても買っておきたいというようなケースでは、共同担保でもなんでも入れてなりふりかまわず取得するという選択肢も出てくることになります。

 

まとめ

原則としては、取得する収益物件を担保に入れて金融機関からの資金調達を行うことが、収益物件の運用における基本となります。

しかし、個別の判断で、共同担保という例外的な対応を行うことで、共同担保のデメリットを補って余りあるような場合は、共同担保を入れての資金調達を検討することも柔軟に検討することが必要です。

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産投資セカンドオピニオン

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?

◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?
◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?
◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?
◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?
◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?
◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?

など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。

是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

SNSでもご購読できます。

★直近リアルタイム人気の記事★

貯水槽や浄化槽の点検費用を払い過ぎないために必ず把握しておくべき貯水槽や浄化槽の点検費用の目安と相場
日本政策金融公庫の不動産投資ローン・アパートローン8つの特徴と最新の融資動向
貸主側からの立ち退きの考え方と立ち退き料の相場と円滑な立ち退き交渉の最重要点
不動産投資で知っておくべき減価償却費のすべて【まとめ】(節税・融資・デッドクロス)
不動産投資でエイブルやアパマンなど不動産賃貸仲介を行う管理会社を使う際に損しないための注意点
不動産投資で大阪方式(関西方式)の『敷金持ち回り』方式で収益物件の売買を行う際の注意点
不動産投資で収益物件を仕入れた初年度だけは経費で大きな赤字が出るので必ず節税できる2つの大きな要因
擁壁のほとんどが基準不適合!宅地造成工事規制区域で擁壁のある収益物件を買ったあとの擁壁工事は高額になるので注意する
不動産投資で売却時に儲けを出すためにIRR(内部収益率)とNPV(正味現在価値)の関係性を理解する3つのポイント

コメントを残す

*