PM&リーシング

不動産管理会社の変更で面倒に感じる3つのポイントとその解決策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
PM管理会社の変更で面倒に感じる3つのポイントとその解決策

不動産管理の委託をした不動産管理会社に対して、不動産管理会社の選定を間違えたなと思った場合はどうすればいいでしょうか?

不動産管理会社に対してこちらからいろいろ要望を出してみて、それで希望に近づけば継続すればいいでしょうが、改善の見込みがなくどうにもならないような場合は、思い切って不動産管理会社を変更する決断も不動産投資家としては必要な判断となります。

不動産管理会社選定時にいろいろ気を付けて検討しても、任せてみなければ分からないところもたくさんあるのでやむを得ない部分もあります。

一番いけないのは、不満を抱えたままずるずると継続して、不動産投資のクオリティを落としてしまうことです。それは収益を落とすことにも直結するからです。

不動産管理会社を変更するときに、いくつかの問題点はありますが、恐れず不動産管理会社を変更していくことが不動産投資判断として必要ならば、遅滞なく行うことです。


不動産管理会社変更時に面倒な3つのポイント

PM管理会社変更時に面倒な3つのポイント

ポイント①:入居者に新不動産管理会社への振込口座変更の労力がかかる

問題点

新しい不動産管理会社へ変更するときは、現在居住している入居者へ家賃振込先口座の変更をお願いすることになります。

不動産管理会社変更時に入居者への負担となるのは、この作業だけですが、住んでいる側からすると、不動産管理会社が変更になるのは心理的に負担となります。

サービスが低下するのではないか、いろいろうるさく言われるのではないか、などです。

そのため、不動産管理会社変更に関わる家賃振込口座変更の連絡をした後、退去につながるケースもあります。

 

解決策

解決策としては、新しい不動産管理会社変更通知をするときに、現行より良くなるメリットを記載できるようにします。

例えば、

  • 清掃を月2回であったのを週1回に変更するので、より快適に過ごせます
  • 今までなかった緊急時の駆けつけを24時間対応のサービスに変更します

などというようなことです。

また、追加して、当方は家賃振込先口座の変更を無事完了したら、商品券1,000円分をプレゼントします、などというような入居者に対するサービスを打ちます。

これだけでも、不動産管理会社の変更をした際の、入居者の心理的な負担を大きく軽減できます。

入居者のことを思ってPM管理会社を変更していると思ってもらえるようにすることです。

 

ポイント②:保証会社の契約が切れる

問題点

家賃保証会社の契約が切れる場合があるのが、不動産管理会社変更時の最大のデメリットであり問題点だといえます。

既存の不動産管理会社が使用している家賃保証会社の規定次第ではあるのですが、新不動産管理会社へ変更するときに引き継げない場合があります。

こうなると滞納補償としての家賃保証が切れてしまうことになるので、オーナーにとってここが一番の悩みどころになるのです。

 

解決策

解決策としては、

  • 事前に移管可能な家賃保証会社を利用する
    CASAなどの家賃保証会社では、不動産管理会社が変更しても、引き継ぎは可能となりますので、事前にこちらの保証会社を利用しておく。
  • 新たに家賃保証会社に入ってもらう
    ややハードルが高くなるのですが、不動産管理会社変更後に、新たに保証会社に入ってもらいます。ただ、契約の途中段階で保証会社が加入をOKするところはほぼないので、契約を新規に作成し、保証会社を通す方法があります。この方法の場合、入居者への労力が多大にかかることから、保証会社費用はオーナー負担で進める必要があります。
  • 最終的には空室が多い場合などは、リスク覚悟で保証なしで進める場合もあります。もしもの際に弁護士などと連携して迅速に回収できる段取りをしておくなどのリスク回避をしておけば、それほど恐れるような状態になることも少ないともいえます。

 

ポイント③:旧不動産管理会社の嫌がらせ

問題点

旧不動産管理会社からの嫌がらせはあるかもしれません。

解約通知日から実際の解約までは、概ね3ヵ月間程度はありますので、その期間に関してまともに募集活動をしなくなる可能性はあります。

また、清掃や点検作業なども手を抜く可能性はあります。

しかし、よく考えて頂ければわかるのですが、そのような嫌がらせをする不動産管理会社は、所詮その程度のレベルの低い会社だったと見限り、切り替えができてよかったと考えてよいと思います。

程度の低い不動産管理会社は、募集業務の質も低いし、リフォームコストなども高いことが多いからです。。

 

解決策

解決策としては、

  • 募集活動は、新不動産管理会社で積極的に行ってもらう。先日付でも管理委託契約があれば、問題なく募集活動ができる。
  • 旧不動産管理会社がどこまで非協力的になるかによりますが、新不動産管理会社が決めた部屋については、不動産管理会社切り替え日までは、旧不動産管理会社で契約書を作成する必要がありますが、これを新不動産管理会社で契約を結ぶことができます。その時は、旧不動産管理会社には、決まったその部屋については、『オーナー使用』であると告げておきます。これは、『オーナー使用』にすると、その部屋については何もしなくてよいというメッセージになるからです。その場合、新不動産管理会社に部屋単位に管理をお願いしてもいいですし、一部の部屋に関してのみ自主管理のような方法を2ヵ月から3ヵ月だけ経過措置として行うこともできます。
  • 入居している方を追い出して別物件に移動させるような悪質なことをする旧不動産管理会社の可能性がある場合は、解約通知を送る際に、『既存入居者へ退去を促すようなことをした場合には、法的措置を講じる』旨を記載しておいたほうが念のため安心です。

 

ポイント④:不動産管理会社変更の時期には気を付ける

不動産管理会社の繁忙期はできるだけ避ける

不動産管理会社変更の時期は、繁忙期は避けたほうがいいです。

賃貸仲介の繁忙期は、1月~3月、9月~10月と言われています。

新不動産管理会社で契約をスタートする日は、繁忙期を避けて設定すると、スムーズにことが運びやすくなります。

新旧両方の管理部門が忙しいと、スムーズな引き継ぎに支障が出やすいからです。

 

不動産管理会社の変更の時期としてスムーズな時期

  • 4月~5月に解約通知、7月~8月に新管理委託スタート
  • 7月~9月に解約通知、11月~12月に新管理委託スタート

くらいがスムーズに引き継ぎしやすいですし、入居者の入れ替わりも落ち着いている時期に当たります。

 

まとめ

  • 現在の不動産管理会社の解約を決めてから、新不動産管理会社への引継ぎを行い、管理をスタートするまでには、既存入居者に対して家賃振込口座の変更手続きをしたり、家賃保証会社の契約が切れる場合は新たな家賃保証会社と契約しなおしてもらうなどの労力がかかりるが、どれも解決できる問題と考える。
  • 空室や収支を改善すると決めたら、恐れずに不動産管理会社の変更にトライしていくほうが、ダメだと分かっていることをずるずると続けていくよりも結果的に良くなることが多いし、実際に思っているほどリスクがあることでもない。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料相談:不動産投資のセカンドオピニオンサービス

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?


◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?

◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?

◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?

◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?

◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?

◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?


など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。


是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

【免責事項】

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。
本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

コメントを残す

*