やばい!住宅ローンが払えない!毎月の住宅ローンが払えない時に苦しくても絶対にやってはいけない5つの行動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

このままでは住宅ローンが払えないな、払えなくなりそうだなという時に絶対にやってはいけない行動があります。

これまでの多くのご相談者様がやってしまっていたことでもあります。

これらの行動をしてしまうと住宅ローンが払えないという状況はより悪化することが多いです。

住宅ローンが払えない時に絶対にやってはいけない5つの行動とは

  1. 何も対策をせず放置する
  2. 消費者金融などから借金する
  3. 税金を滞納して住宅ローンにあてる
  4. 貯金を全て使い果たす
  5. いきなり弁護士に相談する

の5つです。

今まで多くのご相談をお受けしてきて住宅ローンが払えないという状況が悪化してしまっていたご相談者様のほとんどはこの5つのどれかには必ず当てはまっていました。

ここでは住宅ローンが払えない時に絶対にやってはいけない5つの行動を順番に見ていきましょう。

住宅ローンが払えない時に絶対にやってはいけない行動①:何もせず放置して住宅ローンの返済は先送りする

住宅ローンが払えないと考えながらもついつい住宅ローンのことを考えることを後回しにして放置してしまうというものです。

もしくはいろいろ考えてはいるものの何か行動には移せていないケースで結果的には放置と同じことになります。

考えすぎて悩んで思考停止になってしまっていることもよくありました。

ほっといてよくなることは住宅ローンの問題に関してはまずありえません。

このままだと住宅ローンが払えなくなるなと頭では考えていても具体的な行動に移さなければ何の対策もないまま住宅ローンの引き落とし日は毎月容赦なくやってきます。

そして耐えきれなくなって住宅ローンを滞納してしまうことになります。

一度住宅ローンを滞納してしまうとその滞納分を取り戻すのは想像より容易ではありません。

なぜなら翌月もまた同じだけの住宅ローンの引き落としがある中でもう1回分を余分に捻出することは至難の技だからです。

そして住宅ローンの滞納歴が一度ついてしまうと銀行に住宅ローンの支払いの相談をするにしてもまずはその延滞している滞納分を解消してからにしましょうと言われて困ってしまうのです。

住宅ローンの返済額などを銀行に相談するにしても住宅ローンを滞納する前の払えなくなりそうだという段階のほうが断然いいのはこのためです。

住宅ローンが払えなくなりそうという現実から逃げたくなる気持ちはものすごくよくわかるのですが嫌なことを後回しにすればするほどその後のリカバリーが大変になり難しくなるのです。

 

住宅ローンが払えない時に絶対にやってはいけない行動②:消費者金融などから借金して住宅ローンを返済する

住宅ローンが払えないときに消費者金融やカードローン、キャッシングなどから借金をしてそこから住宅ローンを払うというものです。

これは言うまでもなくいずれ絶対に100%行き詰まります。

金利の低い住宅ローンが払えない分を金利の高い消費者金融やカードローン、キャッシングなどからの借金で埋め合わせたところで全体の平均金利が上がってしまうだけだからです。

つまりわざわざ高い金利にするために住宅ローンを少しずつ借り換えている形になるということです。

住宅ローンが払えないと思ったときはどうしてもこのままでは家を取られてしまう、家がなくなってしまうのではないかという恐怖からどうにかしてどんな手を使ってでも住宅ローンだけは払おうと考えてしまいがちなのですが結果的にさらに悪い方向に突き進んでいってしまうことになってしまいます。

消費者金融などに限らず根本的な住宅ローンの支払いに問題がある場合は借金をして住宅ローンを払ってもそのときだけ払えたということで少しほっとするだけで、結局は住宅ローンだけでなく消費者金融などの借金の返済もできなくなってしまいあっちこっちからの督促に頭を悩ませることになるので絶対にやってはいけません。

 

住宅ローンが払えない時に絶対にやってはいけない行動③:税金を滞納して住宅ローンを返済する

住宅ローンが払えないときに住宅ローンの返済を最優先に考えてしまうことは痛いほどわかります。

マイホームを所有すれば固定資産税や都市計画税といった税金が毎年かかってくるのですが住宅ローンが払えないということで固定資産税や都市計画税に払うはずのお金を住宅ローンの返済にしかたなく回してしまうことは絶対に避けるべきです。

そういうことをすれば当然に税金は滞納する形になります。

税金の役所からの督促は民間の住宅ローンの督促に比べてゆるいです。

また税金の督促がきても役所に事情を話せばほとんどのケースで税金納付を待ってもらえます。

ただ待ってもらえるというだけで確実に延滞していることに変わりはないのですが、のど元過ぎればというかそのまま払わずに税金の滞納を年度を重ねていってしまうことが多いです。

すると気が付いた時には何十万円、ひどい場合だと百何十万円、何百万円といった未納の税金が積み上がってしまいます。

そしてこの税金の滞納分は自己破産しても免責されないため一生かけて死ぬまで払っていかなければなりません。

住宅ローンの問題はいろいろな方法で痛みを伴いながらも解決することが可能なのですが税金の滞納分を払わずに解消することは絶対に不可能です。

ただひとつ税金滞納分を払わずに解決されるケースは納税者本人が亡くなったときだけです。

それくらい税金の滞納は生涯にわたって重しになってしまいますので住宅ローンが払えないからといって安易に税金を滞納するべきではありません。

住宅ローンが払えないだけでなく税金も払えないという場合は税金の滞納が積み上がる前に早めの対策が必要です。

そうしなければ一生税金の返済がつきまとう人生になってしまうでしょう。

 

住宅ローンが払えない時に絶対にやってはいけない行動④:住宅ローンを貯金で返済して貯金を全て使い果たす

収入が減って住宅ローンが払えないという場合に貯金があれば貯金を切り崩して住宅ローンの返済をしていくことになるでしょう。

貯金はそういう緊急事態のために普段からコツコツとしておくものなので貯金から住宅ローンの返済をすることは間違いではありません。

しかし恒常的に家計がマイナス収支で常に貯金で住宅ローンの返済を補填するということを続けていくと当然貯金はどんどん減っていってしまいます。

貯金を全て使い果たしてしまうと気持ちの余裕もなくなりますし物理的に生活にも余裕がなくなります。

貯金を使い果たしてしまってから住宅ローンのことをなんとかしようとしても、懐にある程度のゆとりがないと行動を起こすことすらできなくなってしまうことが多いです。

貯金がある限りは貯金から補填しながら住宅ローンを払っていくということは間違いではないのですが、家計の収入と支出を考えてこのままいくと何ヶ月後には貯金がなくなるなということはうすうす分かるはずです。

考えたくないことかもしれませんが現実から目をそらしても問題は解決しません。

逆に現実から目をそむけることで住宅ローンの問題はさらに深刻化していってしまうのです。

なので住宅ローンがなんとか払えているといっても貯金を切り崩しているという状況で収入の改善も見込めない場合はぼちぼち住宅ローンのことを何とかしなければいけないという状況になっているということになるのです。

 

住宅ローンが払えない時に絶対にやってはいけない行動⑤:いきなり弁護士に相談して法的手続きを取る

住宅ローンが払えない初期の段階で弁護士に相談するとあまり良い結果に結びついていないようです。

消費者金融やカードローン、キャッシングなどからの借入もあって多重債務状態になっていてあちこちから督促も鳴りやまずにっちもさっちもいかないという状況であれば、弁護士に相談して受任してもらうことで督促も止まりますし弁護士が一括窓口となって今後の債権者との交渉もしてもらえるのでいいと思います。

住宅ローンだけが払えないという場合は家を処分すれば解決する場合が多いので不動産の処分だけとなると弁護士は専門外なのです。

弁護士の業務範囲でこの問題を解決しようとすると必要ないのに法的な処理に進んでいってしまうケースが多いです。

これは弁護士が悪いのではなく弁護士はそうするしか解決できないため仕方ないのです。

そこは住宅ローンを払っている側で相談先を選択するしかないということです。

最初の相談先を間違えたばっかりに必要ないのに法的な手続きをしてしまってお金も時間も無駄に使ってしまっているケースも散見されますので注意が必要です。

どこに相談するべきかそのへんのさじ加減がよくわからないときも多いでしょう。

まずはご相談ください。

あなたの状況を客観的に見てどのようにやっていくのがあなたにとって一番いい方法なのかを考えていきましょう。

 

おわりに

今までのご相談をもとに住宅ローンが払えないときに陥ってしまいがちな状況を5つにまとめてみました。

このような状況に陥ってしまう前にまずはご相談ください。

動き出しが早ければ早いほど住宅ローンの返済問題は解決しやすくなります。

消費者金融などから借金してしまう前に、税金を滞納してしまう前に、貯金を使い果たしてしまう前に、思考停止して何もできなくなってしまう前にまずは今後の対策を落ち着いて考えていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

住宅ローン返済トラブルのお悩みを1日も早く解決させたいあなたへ。

住宅ローンの返済が苦しくても誰にも相談できずあなたひとりで抱え込んで悩まれていませんか?

◎住宅ローンが払えなくなりそう
◎住宅ローンを延滞・滞納してしまった
◎一括請求・代位弁済されてしまった
◎家が競売になりそう
◎離婚するが住宅ローンが残っている

などなど、住宅ローンの返済問題のご相談は誰にでも気軽に相談できることではないということは今まで全国からの1000件以上のご相談を承ってきた私の経験からも痛いほどわかっています。

しかし、誰に相談したらいいのか分からないからといって問題解決を先送りにしていると時間だけが過ぎてしまい、あなたの状況はさらに悪化してしまうでしょう。

『インターネットでいろいろ調べても良いことばかり書いてあって肝心なところは実際に相談してみるまでよくわからない』というのが本音のところだと思います。そして実際に話を聞きに行ってしまうと断りにくいのではないかと心配されていたというご相談者様は非常に多いのです。

メールのみでの無料相談なので楽な気持ちでまずは今あなたがお困りのことを相談実績1000件以上のプロにお聞かせください。
ご相談は完全無料です。ご相談の秘密は厳守致します。一緒にあなただけの解決方法を考えていきましょう。


あなたにピッタリの解決方法を一緒に見つける

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*