あけぼの債権回収から催告書がきたら?あけぼの債権回収とは全国保証の子会社の債権回収会社(サービサー)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あけぼの債権回収から住宅ローンの催告書や督促が来たらどうすればいいのでしょうか?

あけぼの債権回収とは、全国保証の100%子会社の債権回収会社(サービサー)です。

基本的には全国保証の保証債権の債権回収を行っており、全国の地方銀行や信用金庫などで貸し付けた住宅ローンで全国保証が保証会社として入っており、全国保証が代位弁済した後の任意売却の窓口業務を行っています。

つまり、あけぼの債権回収から住宅ローンの催告書や督促が来た時点ですでに住宅ローンの延滞が進んでいて代位弁済されて一括請求されている可能性が高いです。

さらにあけぼの信用保証から競売申立てをされていて裁判所から競売開始決定の通知が届くこともあります。

あけぼの債権回収は任意売却に対しては柔軟で比較的任意売却に取り組みやすい債権者だといえます。

ただし、競売申立ても並行して行い競売開始決定がなされた上で競売の入札開始までの期間限定での任意売却になることもあります。

なのであけぼの債権回収から住宅ローンの催告書が届いたときにはできるだけ早いタイミングで任意売却の手続きを進めることで任意売却の成功確率を上げることができます。

あけぼの債権回収から住宅ローンの催告書が来たら今すぐにやるべきこと

全国の地方銀行や信用金庫、JAなどで全国保証の債務保証で住宅ローンを組んでいて住宅ローンの返済を延滞してしまうと、最初のうちはその住宅ローンを組んだ銀行の窓口からお伺いの電話がかかってきます。

そしてそれでも住宅ローンの支払いができず延滞回数がかさんでしまうと、代行であけぼの債権回収から督促の連絡や催告書などの通知が来るようになります。

あけぼの債権回収は任意売却に前向きですので、出来るだけ早い段階で任意売却をする意思表示をしておくといいでしょう。

何も意思表示しなければあけぼの債権回収側も任意売却をする意思なしと判断して競売申し立てを行うことになるからです。

冒頭でもお伝えした通り、あけぼの債権回収は任意売却に前向きで柔軟な面がある債権者です。

なのであけぼの債権回収から督促が来た段階で早めの任意売却の意思表示と安心して任意売却を任せられる信頼できる不動産会社の選定などのアクションを起こしていくことが一番の対策となります。

気持ちはものすごく分かるのですが、ここで思い悩んだりしてグズグズしているとせっかく任意売却できるものもできなくなってしまうからです。

またあけぼの債権回収は競売申立てをした上で競売期間が始まっても競売入札期間に入る直前までであれば任意売却に応じてくれることが多い債権者です。

出来るだけ長く任意売却期間を取りたいのであれば早め早めの任意売却を進めていくアクションがあけぼの債権回収からの催告に対しての対策となります。

 

任意売却を行う際はあけぼの債権回収が窓口になって任意売却を行う

全国の地方銀行や信用金庫、JAなどで全国保証の債務保証で住宅ローンを組んでいて返済が滞って期限の利益が喪失すると全国保証が期限の利益を喪失させて代位弁済します。

そして債務者からの希望があれば任意売却に応じる場合が多いです。

その時の任意売却の窓口になるのが全国保証の100%子会社であるあけぼの債権回収なのです。

 

あけぼの債権回収の任意売却の特徴としてはオーソドックスな任意売却を行う傾向

あけぼの債権回収の任意売却における1つ目の特徴として任意売却期間を設けてある程度時間をかけて任意売却を行う傾向が挙げられます。

ただし、あけぼの債権回収からの催告書や連絡を無視していると、いずれ競売申立てをされて競売開始決定通知が裁判所から届くことになります。

なので一旦競売申立てをされてしまうと、その後でも任意売却はできますが競売の入札期限までの間は任意売却に応じますよというスタンスです。

ここで注意が必要なのが、任意売却をする場合は上記期限までに決済引渡しを行わなければならないということです。

競売申立てを行うと競売の入札日や開札日が決まります。

そこまでに契約をするだけではなく決済を行わなければならないということです。

任意売却を行っていてなかなか売れなくてやっと買主が見つかったという場合に、決済の期限が決まっているのでバタバタする場合がけっこうあります。

競売の期限までに決済を終えて、決済のタイミングであけぼの債権回収が競売の取り下げの手続きを行います。

あけぼの債権回収と任意売却を行う場合で既に競売申立てされている場合は、競売の期日管理が大切になるということです。

 

あけぼの債権回収は一般エンドユーザーの買主以外でも任意売却に応じてもらえる

任意売却を行う際に、買主を一般エンドユーザーの買主に限定する債権者はけっこうあります。

それは、業者が買主になると、結局エンドユーザーに転売するので、その転売益の分の債権回収ロスを債権者が嫌がるからです。

阪和信用保証やりそな保証などはまさにエンドユーザーが買主でないと任意売却を認めてくれないことが多いです。

その点ではあけぼの債権回収の対応は柔軟で、独自の査定や競売の金額と比較して任意売却での債権回収メリットがあれば、買主が一般エンドユーザーでなくても応じてくれることが多いです。

仲介に入る不動産会社からも査定を出しますが、住宅金融支援機構の任意売却のように細かな書式の指定はなく、通常の査定書でOKです。

あくまであけぼの債権回収が決めた債権回収ラインに乗っていれば買主には特にこだわらないということです。

以前、あけぼの債権回収から競売申立てをされていて、競売期限まであと2週間足らずの債務者から任意売却の相談を受けたことがありました。

すぐにこちらからあけぼの債権回収に連絡して、査定書を提出し、売出価格が決まって任意売却を始めようとしたときには、競売期限まであと1週間しかありませんでした。

あけぼの債権回収の担当者にも、もう間に合わないでしょうと言われました。

しかし、エンドユーザー以外の買主でも任意売却に応じてもらえる債者だったため、すぐにこちらが買い取ることで期限内に無事に任意売却を行うことができたのです。

決済したのは競売期限の1日前でした。これがエンドユーザーの買主しか認めない債権者であれば完全にアウトだったと思います。

そしてこちらで買い取ることで、債務者さんも引渡し猶予期間を設定することができて余裕を持って引越すことができ、とりあえず競売を回避できて引越し先も探す時間ができたので喜んで頂けました。

 

おわりに

あけぼの債権回収の任意売却の特徴として下記の2つが挙げられます。

  1. 任意売却の期間を設けて任意売却を行う
  2. 一般エンドユーザーの買主以外でも任意売却に応じるケースがある

全国保証が代位弁済して窓口があけぼの債権回収に移ると、あけぼの債権回収と任意売却を進めていくことになります。

コメントを残す

*