ローン

融資を最速で内定させる銀行提出書類事前準備5つのチェックリスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
事前に揃えて融資スピード競争に勝つ銀行提出書類一式

物件情報を分析し、良い物件が見つかっても、銀行への融資依頼が遅かったばっかりに、他の人に先を越されて物件を取られてしまったことはないでしょうか?

良い物件を取得するためには、物件選別から融資内定も含めたスピードが何よりも大切になります。

どれだけ緻密に分析しても物件を取られてしまっては何にもならないからです。

特に融資でもたつくと、良い物件の場合はオファーが多いので、買付を一番に出していたとしても、他の人が先に融資を付けた場合は、後回しにされてしまうことさえあります。

いつでも融資依頼できる体制を敷いておくことが必要です。

融資で他の人に後れを取らないために、下記資料を準備して融資依頼に備えておくことは非常に大切です。

この記事では、融資を最速で内定させる銀行提出書類事前準備5つのチェックリストをご紹介します。


融資を最速で内定させる銀行提出書類事前準備5つのチェックリスト

①融資を受けたい物件の資料

  • 物件概要書
    不動産会社から受領している物件概要書で問題ありません。
  • レントロール
    家賃表です。現況の稼働状況も分かっていること。
  • 不動産に関わる資料
    登記簿謄本・地積測量図・平面図・間取り図面・固定資産税評価・建物の確認済証・検査済証

上記資料はいずれも不動産会社に資料を依頼します。

基本は全ての資料をそろえてからの融資依頼となりますが、売主からの受領する資料もあるので、不測資料は後で提出することでも全く問題ありません。

上記の中で、よく存在しないのが検査済証です。

建築後の役所からの検査を受けると交付されるものですが、

  • 失くしてしまっているケース
  • 検査済証を取っていないケース

があります。

どちらのケースかはヒアリングして確認しておきます。

 

②融資を受ける人の資料

  • 経歴書
    学歴・社会人の職務経歴・保有資格などを整理しておきます。
  • 金融資産一覧
    金融資産は、預金、株式、保険が含まれます。
    金融機関は、金融資産を多く持っている人に融資しやすいため、もれなく最大限の金融資産を公開するようにします。
    各銀行の名称、口座番号、預金金額、全体金融資産の合計金額を整理しておきます。
  • 家系図
    意外と家系図も必要になります。
    家系図を見て、誰が相続人となるのか、配偶者がいれば配偶者を連帯保証人にできるか、などをチェックしています。
  • 身分証明写し
    運転免許証、健康保険証などの身分を証明できるものの写し。
  • 源泉徴収票3期分写し
    サラリーマン給与所得者の人は、3期分の源泉徴収票を用意します。
  • 個人の確定申告書3期分写し
    確定申告をしていれば、こちらも3期分必要となります。
  • 金融資産のエビデンス
    金融資産の一覧で作成した預金、株式、保険などは、名前と口座番号が入っている通帳・保険証書などのコピーが必要になります。
  • 返済予定表
    自宅の借入額、返済予定がわかるもの。

 

③連帯保証人の資料

連帯保証人が必要な銀行と必要でない銀行がありますが、事前に準備しておきます。

働いている人は、源泉徴収票や確定申告書が必要になります。

  • 身分証明書
    運転免許証、健康保険証
  • 源泉徴収票3期分
    収入がある人は必要となります。
  • 確定申告書3期分
    確定申告しているのであれば、申告書の写しが必要です。

 

④既に持っている物件(自宅・収益物件)の資料

  • 物件概要書
    土地・建物の所在地、土地の面積、建物の面積、建物の間取り、ローン金額、借入額、返済額、家賃収入など、物件の概要が分かる資料を準備します。
  • 最新レントロール
    収益物件の部屋ごとの家賃・共益費・駐車場代・敷金などの情報が必要になります。
  • 固定資産税額
    物件の固定資産税額です。
    銀行は、固定資産税を経費として見ているため、銀行の評価計算式に固定資産税額が必要だからです。
  • 返済予定表
    銀行から送られてくる返済予定表です。

 

⑤法人をお持ちの場合の資料

  • 履歴事項全部証明書写し
    会社の登記簿謄本のことです。法務局に行けば、簡単に取得できます。
  • 決算書3期分
    法人の場合は、3期分の確定申告が必要になります。
  • 金融資産一覧表
    本人と同じく、法人で所有している金融資産すべてを記載します。
  • 保有物件の返済予定表
    法人で保有している収益物件の返済予定表です。銀行から送られてくるものです。

まとめ

  • 良い物件が見つかって欲しいと思っても、銀行への融資依頼が遅いと、他の人に物件を取られてしまう。物件取得には判断スピードとともに融資付けスピードも重要となる。
  • いつでも融資依頼ができるように資料一式を準備しておく必要がある。もし準備できていなければ、不動産会社からの優先度は下がってしまうことを覚悟する。
  • 良い物件であるほど、買付証明で仮に1番手を取っていたとしても、融資にもたつく間に、他の人が同条件で融資を付けてしまえば、1番手が取られてしまうことがある。

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料相談:不動産投資のセカンドオピニオンサービス

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?


◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?

◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?

◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?

◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?

◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?

◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?


など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。


是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

【免責事項】

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。
本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

コメントを残す

*