ローン

日本政策金融公庫・スルガ銀行等の金融機関別のエリアと金利の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
都銀/地銀/信金/信組/日本政策/スルガのエリア&金利早わかり

物件を銀行融資とひも付けて探すことができているでしょうか?

物件を探す際にやみくもに探すのではなく、自分の購入可能エリア内で探すようにします。

なぜなら、物件を買うのには銀行融資が不可欠であり、銀行の融資可能エリアでしか融資を受けられないからです。

銀行によって融資可能エリアが異なるため、自分の使える銀行によって、おのずと購入可能エリアが決まってきます。

この記事では、日本政策金融公庫・スルガ銀行等の金融機関別のエリアと金利の違いをご紹介します。

銀行と居住地で購入可能エリアが決まる

原則①:居住地と同じエリアで物件を取得⇒ほぼすべての銀行が融資可能

大阪に住んでいて大阪の物件を買うという場合です。

概ね銀行の支店から歩いて1時間以内で行くことができる範囲は融資可能エリアといえます。

つまり、大阪にある都銀、地銀、信用金庫、信用組合等、すべての銀行が融資可能エリアになります。

信用金庫、信用組合は特に地元志向が強く、地元での融資にはかなり積極的だといえます。

 

原則②:居住地にある銀行の支店の範囲内の物件⇒一部の銀行が融資可能

大阪に住んでいて、兵庫の物件を買うという場合です。

  • 都銀は、居住地の大阪に支店があり、兵庫にも支店があるため、融資可能です。都銀はほぼ全国に支店があるため、基本的に全国融資可能です。
  • 地銀は、居住地の大阪に支店があり、兵庫にも支店がある場合のみ融資可能です。地銀は地方銀行という名のとおり、銀行名の由来となっているエリアが融資対象エリアです。地銀のエリア内であれば、大阪、兵庫などは融資可能エリアですが、いくら支店や本店があるからといって、居住地から離れている名古屋や福岡の物件を買うのは基本的には難しいです。この場合は、親や親せきが居住しているエリアであるなどの特別な理由があれば融資可能となるケースがあります。
  • 信用金庫、信用組合は大阪と兵庫に支店がある場合のみ融資可能ですが、多くの信用金庫や信用組合では地元への融資を最優先させるため厳しい場合もあります。

 

原則③:都銀以外で全国対応で融資できるのは、信販会社と日本政策金融公庫とスルガ銀行、オリックス銀行

  • 信販会社は、金利が高く、4~7%程度までありますが、築古や耐用年数オーバーなどの物件でも融資できますが、高利回り物件を高利の資金調達で購入して利益を出せる玄人向けです。
  • 日本政策金融公庫は、金利が低く2%台で借入でき、全国対応なので有望な借入先となりますが、融資金額が少ないので小型の物件への投資向きです。
  • スルガ銀行は不動産融資には積極的で4.5%程度の高金利ではあるものの、ほぼ全国対応で融資期間も伸ばしやすいので、使い勝手の良い銀行です。利回りの高い物件取得には十分使える銀行です。
  • オリックス銀行は不動産投資への融資に積極的で、金利は2%後半程度です。支店から1時間以内などの制限がありますが、融資可能エリアであれば積極的に使って問題ない銀行です。

 

金利について

都銀の金利が一番低い

  • 金利は低い方から:都銀>地銀>信用金庫・信用組合の順
  • 融資基準の厳しさ:都銀>地銀>信用金庫・信用組合の順

となります。

都銀が一番金利が低く全国対応のため、ぜひ使っていきたい銀行なのですが、融資基準のハードルが高くなりますので、地銀や信用金庫、信用組合なども使っていくことになります。

比較的高金利である、信販会社やスルガ銀行などは、上記銀行が使えず、利回りが高い物件という条件付きでは、使っても問題ないといえます。

 

融資対象エリアについて

融資対象エリアについて

銀行の融資対象エリアを把握したら、どこのエリアを投資対象とするかですが、融資可能エリアであれば、すべてのエリアを対象としていくことで、物件購入の選択肢が広がります。

自分の居住しているエリアでないと物件を見に行くのも大変だし、近いところがいいと言う人もいますが、そこはあまりこだわり過ぎずに、融資が出るかどうかを基準にします。

東京に居住していながら、大阪や名古屋に物件を所有している不動産投資家は多く、運営も十分にできます。

管理は専門のプロに任せればよく、所有と管理は分けて考えないと、物件の購入可能エリアがせばまりすぎて、物件購入が難しくなるからです。

遠距離物件でも、管理を信頼できる専門のプロに任せれば、

  • 年1回の物件現地確認
  • 対策確認

などで運営しているケースが多いです。

日常の電気が切れた、エアコンが壊れたなどのクレームや修繕は電話連絡で用が足りますので、自分がいつも見に行かないと運営できないという思い込みは、この際捨てたほうがいいといえます。

仮に1回10万円の往復費用がかかったとしても、年に2回でも20万円程度の費用を見込んで利益から経費計上しておけばいいだけです。

遠隔地でもそのエリアに複数棟所有している場合は、管理コストは安くなりますし、交通費も1回分で全棟まわれますのでコストパフォーマンスが良くなります。また、地元の管理会社や賃貸仲介会社にも影響力をより行使できる環境になりますのでおすすめです。

まとめ

  • 各銀行の融資可能エリアと自分の居住地で物件の購入可能エリアは決まる。
  • 融資金利が一番低い都銀は融資基準のハードルが一番高く、信用金庫・信用組合は融資金利は高めだが、都銀ほどの融資基準ではない。
  • 信用金庫・信用組合は地元への融資が最優先なので、居住地に支店があって、物件エリアも居住地もしくは近隣自治体が望ましい。
  • 自分の好きな場所を投資対象エリアとすると、物件を探すエリアがせばまるので、銀行の融資対象エリアはすべて投資対象エリアとする。
  • 都銀で融資を受けたいのはやまやまだが、ハードルが厳しいので、地銀や信用金庫、信用組合などにも積極的に打診して、融資依頼をする。
  • スルガ銀行は比較的金利が高いが、融資の可否が早いので、急いで物件を取得したいときはスルガ銀行で融資を受けて、将来的に借り換えるという融資戦略も検討できる。

あなたにおすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料相談:不動産投資のセカンドオピニオンサービス

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?


◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?

◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?

◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?

◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?

◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?

◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?


など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。


是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

【免責事項】

 

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。
本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

コメントを残す

*