不動産投資での収益物件の価格が収益性と資産価値で決まる簡単な事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
収益物件の価格が収益性と資産価値で決まる事例

収益物件で利益を出すポイントは、物件価格が投資回収額を下回らないことです。

そのため、投資回収を早く進めることと同時に、物件価格が下がらないことが重要になります。

では、収益物件の価格はそもそもどのような形で決まるのでしょうか?

結論から言うと、収益物件の価格は、

  • 収益性
  • 資産価値(土地値)

によって決まります。

この記事では、不動産投資での収益物件の価格が収益性と資産価値で決まる簡単な事例をご紹介します。

不動産投資での収益物件の価格が収益性と資産価値で決まる簡単な事例

収益物件の収益性のポイント

物件の収益性とは、その物件から年間いくらの賃料収入が発生し、利回りが何%であれば買う人がいるか、というものです。

ポイントとなるのは、

  • 賃料収入
  • 期待利回り(キャップレート)

で、この2つの数字によって物件価格が割り出せます。

例えば、年間賃料1000万円を生み出し、利回り10%で買う人がいる場合の物件価格は、

◎1000万円÷10%=1億円

ということになります。

このケースでは、1000万円が基準賃料であり、10%が期待利回り(キャップレート)となります。

 

収益物件の資産価値(土地値)のポイント

資産価値によって価格が決まる場合はどうでしょうか?

日本の不動産においては、中古の建物はほとんど価値を持ちませんので、物件の資産価値は土地値とほぼ同じになります。

土地値は単純に求められます。

坪当たり100万円の土地が100坪あれば、

◎100万円×100坪=1億円

ということになります。

 

収益物件の収益性と資産価値(土地値)のどちらか高い方を取る

収益物件の収益性資産価値(土地値)という2つの指標で価格を出し、高いほうがその物件の価格となります。

例えば次のA、Bの例で比較すると分かりやすいと思います。

 

A 土地は狭いが賃料収入は多い

土地代100万円の30坪の土地に、年間1000万円の賃料収入が入るアパートが建っているとします。

収益性で見ると、利回り10%で買いたい人がいるとして、

◎1000万円÷10%=1億円

となります。

一方この物件の資産価値(土地値)は、

◎100万円×30坪=3000万円

となります。

2つの価格を比較すると収益性での評価のほうが高いので、この物件の価格は高い方を取って1億円となります。

 

B 土地は広いが建物が小さく賃料収入が少ない

収益性で見ると、同じく利回り10%で買いたい人がいれば、

◎500万円÷10%=5000万円

となります。

この物件が5000万円がかというとそうではなく、資産価値を考える必要があります。

この物件の資産価値を計算すると、

◎100万円×100坪=1億円

となります。

収益性よりも資産価値のほうが高いので、物件価格は高い方を取って、物件価格は1億円となります。

 

まとめ

収益性と資産価値(土地値)の計算事例から分かることは、不動産の価値は土地値以下にはならないということです。

賃料収入がいくら少なくて利回りが低いといっても土地値以下にはならないのです。

中古住宅でも同じように、築30年、40年と築年数が古くなっていっても、最終的に土地値以下の価格になることはありません。

そしてA、Bどちらの物件を狙っていくかは不動産投資戦略によることになります。

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産投資セカンドオピニオン

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?

◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?
◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?
◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?
◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?
◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?
◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?

など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。

是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

SNSでもご購読できます。

★直近リアルタイム人気の記事★

貯水槽や浄化槽の点検費用を払い過ぎないために必ず把握しておくべき貯水槽や浄化槽の点検費用の目安と相場
日本政策金融公庫の不動産投資ローン・アパートローン8つの特徴と最新の融資動向
不動産投資で大阪方式(関西方式)の『敷金持ち回り』方式で収益物件の売買を行う際の注意点
不動産投資で知っておくべき減価償却費のすべて【まとめ】(節税・融資・デッドクロス)
貸主側からの立ち退きの考え方と立ち退き料の相場と円滑な立ち退き交渉の最重要点
擁壁のほとんどが基準不適合!宅地造成工事規制区域で擁壁のある収益物件を買ったあとの擁壁工事は高額になるので注意する
不動産投資でエイブルやアパマンなど不動産賃貸仲介を行う管理会社を使う際に損しないための注意点
不動産投資で収益物件を仕入れた初年度だけは経費で大きな赤字が出るので必ず節税できる2つの大きな要因
立ち退きさせられる?悪質な家賃滞納者への裁判と強制執行での大家側からの適切な立ち退き5つのステップ

コメントを残す

*