貯水槽の点検費用はいくらかかる?貯水槽のある収益物件は貯水槽のサイズに応じた点検費用がかかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
貯水槽の点検の費用を押さえて節約経営

不動産投資で一棟もののマンションやアパートを購入する場合に『貯水槽』設備が建物についている場合があります。

貯水槽とはマンションやアパートの屋上や敷地内にある水道水を貯めておくタンクの設備のことです。

貯水槽がついている収益物件を購入する際の重要事項説明書には『貯水槽:有り』となっているくらいで詳しいことは書かれていないことがほとんどです。

実は貯水槽がついているマンションやアパートのオーナーになるとオーナーの責任で年に1回の検査を受けなくてはいけないことが法令で定められています。

貯水槽設備のあるマンションやアパートのオーナーが貯水槽点検を受けずに入居者がその水を飲んで体調がおかしくなったりとかしてしまうとオーナーの責任となってしまいますので大変ですので必ず定期的に貯水槽の点検を受けておく必要があります。

しかし貯水槽の点検も当然タダではなくオーナーの費用負担となり不動産投資におけるコストとなりますので貯水槽の点検費用がだいたいどれくらいかかるのかの目安は知っておいて損はありません。

浄化槽とともにランニングコストとして忘れられがちなので不動産投資のコストとして収支計画に盛り込んでおくようにします。

特に管理会社に任せきりにしていると実際よりも高くついているケースもありますので注意しましょう。

一棟もののマンションやアパートの貯水槽の点検とは何をするのか?

貯水槽点検は貯水槽設備のあるアパートやマンションのオーナーに対して年1回の点検が法令で義務付けられています。

これを知らずに貯水槽の点検を怠って入居者がその水を飲んで何かあれば貯水槽点検を行わなかったビルやマンションのオーナーの責任問題になりますので必ず法令点検は受けておく必要があります。

貯水槽点検の内容は大きく分けて3つです。

  1. 外観検査:受水槽自体の状況や設置状況や環境などを目視で検査します。
  2. 水質検査:貯水槽の水質の検査です。
  3. 書類検査:貯水槽の今までの清掃の記録が残っているかなどを書類で確認します。

貯水槽設備のあるビルやマンションなどの収益物件を購入した際には必ず上記のような貯水槽の点検が必要になるとおぼえておきましょう。

 

貯水槽の点検費用はいくらくらいかかる?

貯水槽設備のあるビルやマンションなどの貯水槽点検費用は貯水槽のサイズに応じた貯水槽点検費用がかかります。

下記が貯水槽点検費用の目安となります。

  • 貯水槽容量5トンまで:6万円程度
  • 貯水槽容量10トンまで:7万円程度
  • 貯水槽容量15トンまで:8万円程度
  • 貯水槽容量20トンまで:9万円程度

上記にプラスして水質検査が各々1万円くらいかかります。

 

貯水槽の点検費用も収支計画に盛り込んでおく

貯水槽設備のある一棟もののビルやマンションを購入する際のレントロールなどの資料に貯水槽の点検費用が盛り込まれていない場合もよくあります。

物件資料で貯水槽設備が有りになっていれば必ず貯水槽の点検費用を収支計画に盛り込んでおきましょう。

また物件の現地確認の際に貯水槽の現状を自分の目で見て確認しておきましょう。

建物自体はきれいに修繕されていても貯水槽設備が錆び錆びになっていてあとあとでタンクの交換が必要などとなってしまうと貯水槽点検費用どころの出費ではなくなってしまい大きな出費が必要になってしまいます。

そして物件購入前には引継ぎ資料の中に今までの貯水槽の点検記録があるかどうかも必ずチェックしましょう。

 

管理会社ごと引き継ぐ場合も貯水槽の点検費用を確認する

一棟ものの収益物件を購入する際に従前の管理会社をそのまま前オーナーから引き継ぐ場合もあると思いますが、その場合も貯水槽点検にいくら取られているかを以前の明細などで確認しておきましょう。

オーナーの知らないところで管理会社によって利益がのせられていて貯水槽の点検費用を実際の相場よりもかなり高く払っているケースもありますので注意しましょう。

 

おわりに

貯水槽設備のある一棟もののビルやマンションを購入する際は貯水槽点検がオーナーの責任で必要になることをおぼえておきましょう。

点検費用をケチって点検を受けないのはもってのほかですが、貯水槽点検が必要なことをオーナーが知らずに点検をしていなかった場合でも、もし入居者が水を飲んでおなかをこわしたりするとオーナーの責任となりますので注意しましょう。

そして貯水槽の点検費用は必ず不動産投資の収支計画に盛り込んで収支管理を行ってください。

貯水槽の点検費用がだいたいいくらくらいかかるのかを知っておくことで管理会社からの請求金額が高かった場合にも交渉することができるはずですし管理会社からも軽く見られずにすみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不動産投資セカンドオピニオン

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?

◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?
◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?
◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?
◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?
◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?
◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?

など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。

是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

SNSでもご購読できます。

★直近48時間内のページ閲覧数トップ9コンテンツ★

レオパレス物件が多く売りに出ていますが結構安いので買わなきゃ損?いやいやレオパレス物件は買ったら損?
木造アパートでの不動産投資を高収益化させて儲けるための不動産投資収支シミュレーション【新築・中古別】
FCR(総収益率)とは?不動産投資の収益物件の本当の利回りを見極める計算方法を知っていますか?
不動産投資で失敗しないための減価償却【総まとめ】不動産投資の節税対策は減価償却費抜きには語れない!
大阪方式(関西方式)の『持ち回り方式』は敷金などの『返還債務を引き継ぐ(持ち回る)』だけなので要注意!【更新】
不動産投資を法人化して公務員が副業禁止規定に絶対に引っかからないための資産管理法人設立時の注意点
不動産投資で収支シミュレーション計算書やレントロールによく使われる不動産投資指標トップ10を解説!
不動産投資で良い収益物件情報ばかりを仕入れている不動産投資家が普段からしている3つのすごいコト
不動産投資を法人化した際の損益分岐点と不動産投資の法人化でがっちり儲ける仕組みを構築する手順【更新】

コメントを残す

*