人によって感じ方が違うから厄介!不動産投資で一番起こりやすい『騒音トラブル』や『騒音クレーム』の解決方法

発生率No1!騒音トラブルや騒音クレームの解決法

不動産投資で起きる入居者間のトラブルで一番多いのが『騒音トラブル』です。

騒音トラブルの難しいところは、人によって音に対する感じ方が違うということです。

同じ物音でも人によっては気にならなかったり、不快に感じたりするので過敏な人からクレームを言われると困りものです。

しかし、入居者からクレームが出た以上は大家側としては対応しないわけにはいきません。

管理会社に任せていたとしても現場ではどのような騒音クレームやトラブルが起こっているのかくらいは不動産投資をしているものとしては把握しておくべきでしょう。

この記事では、不動産投資で一番起こる騒音トラブルや騒音クレームの解決方法をご紹介します。

続きを読む

不動産投資を始めようと思ったものの自宅の住宅ローンがすでにある場合は不動産投資ローンの借り入れは不利?

不動産投資を考える会社員は自宅マンションは買わないほうがよい?

不動産投資でローンの借り入れをしたい場合に自宅の住宅ローンがある場合とない場合では何が違ってくるのでしょうか?

銀行からの借り入れをしての不動産投資を考えているのであれば自宅マンションは住宅ローンで購入しないほうがよいのでしょうか?

結論からいうと自宅の住宅ローンが無いほうが不動産投資で収益物件を買う際に銀行から融資を受ける際には有利になります。

もちろん自宅をすでに住宅ローンで買って持っているという人でも不動産投資を始めることはできます。

ただ不動産投資で収益物件の購入を検討している人は、これから自宅を住宅ローンを組んで買おうと考えているのであれば不動産投資を有利に進めるためにはよく検討するべきです。

この記事では、不動産投資ローンの借り入れで自宅の住宅ローンがある場合とない場合の借り入れ条件の違いについて考えます。

続きを読む

不動産投資で収益物件の物件概要書はこれだけを見る!物件概要書だけでも見極められる7つの必須チェック項目

8割の物件概要書をふるいにかける最優先チェック3項目

不動産投資で収益物件を探す入口となる物件概要書で収益物件の良しあしをdできるだけ短時間で簡単に見極めるにはどうすれはいいのでしょうか?

単純に言えば自分の収益物件の選定基準を満たすのかどうかを見極めればいいことになります。

収益物件の物件概要書を見る手順は人それぞれだと思いますが代表的な例をご紹介します。

収益物件の物件概要書を見る際に最優先チェック項目だけで全体の7割~8割程度は検討対象外にすることができると思います。

この記事では、不動産投資で収益物件の物件概要書での見極めはこれだけを見る!7つの必須チェック項目をご紹介します。

続きを読む

不動産投資の節税は規模が小さいうちは青色申告をフル活用!青色申告で個人が今すぐできる3つの節税メリット!

個人オーナーが青色申告フル活用で受けられる節税3メリット

個人が個人事業主として不動産投資を行う場合に青色申告を活用することで不動産投資の規模によっては個人事業主が節税のメリットを受けられます。

確かに個人事業主が青色申告するよりも資産管理法人を作って不動産投資を法人化したほうが節税対策にはなります。

しかし不動産投資を法人化するためには、

  • 法人設立費用
  • 税理士費用

などのイニシャルコストランニングコストがかかることを考慮する必要があります。

不動産投資の規模がまだ小さいのに不動産投資を法人化すると、法人化による節税額よりも法人化することの費用が勝ってしまいます。

その結果費用倒れになってしまうデメリットが出てきます。

法人化することでできる節税額よりも法人化することで発生する費用が上回ってしまう状況です。

この記事では、青色申告の不動産投資への活用方法と青色申告での節税対策3つのメリットご紹介します。

続きを読む

悪質な家賃滞納者を強制執行する際にもし別人が住んでいたら追い出せない!⇒『占有移転禁止の仮処分』が有効!

占有移転禁止の仮処分は滞納者と別の占有者がいそうな場合に役立つ

家賃滞納者に対して明渡請求訴訟から強制執行の手続きをとる際に、もうひとつ気を付けることがあることをご存知でしょうか?

家賃滞納者への強制執行はあくまでも家賃滞納者(賃借人)個人に対する執行となるため、万が一部屋の中に別人が住んでいた場合強制執行が妨げられる恐れがあります。

これが俗にいう『占有屋』だったりすることもあります。

そこで建物明渡請求訴訟によって最終的に強制執行までもっていくことを予定している場合は、あらかじめ賃借人が他社に占有させる可能性があることを見越しての事前対策が必要となります。

この際に行う手続きのことを『占有移転禁止の仮処分申請』といいます。

『強制執行』と『占有移転禁止の仮処分』とはセットで考えておくべきです。

この記事では、家賃滞納者への占有移転禁止の仮処分によって強制執行時の不法占有を防ぐ事前対策のポイントについてご紹介します。

続きを読む