確定申告時に不動産投資における売上(家賃収入およびその他収入)の計上で悩まれた経験はないでしょうか?

売上計上(家賃・敷金礼金・保険)で悩む3つのポイントを解決

確定申告時に不動産投資における売上(家賃収入およびその他収入)の計上で悩まれた経験はないでしょうか?

節税は利益をコントロールすることですが確定申告において利益のもととなる売上計上が間違っているとすべてやり直しになってしまいます。

損益計算書の売上(収入)の計上ではいくつか気を付けるポイントがあります。

この記事では、家賃収入を単純に計上すればいいと考えるのですが、確定申告時に不動産投資における売上の計上で意外に悩むポイントの解決策をご紹介します。

続きを読む

不動産投資の火災保険で水濡れ補償を付けておけば漏水などの損害まで補償されるので安心できるそのワケ

今すぐ確認!高確率で発生する『水濡れ』補償は100%必須

不動産オーナーが加入する火災保険で『水濡れ』の補償特約は付けているでしょうか?

水濡れの被害は、実は災害も含めてすべての被害の中で一番高い確率で発生しうるリスクといえます。

なので火災保険でカバーしておくといざというときに安心できます。

掛けている火災保険に水濡れ補償が入っているかは必ず確認して下さい。

そしてもし水濡れ補償に入っていなければ追加で入るか、掛けている保険に水濡れ補償がないような場合は違う保険会社の保険を考えることも必要です。

この記事では、不動産投資の火災保険で水濡れ補償を付けておけば漏水などの損害まで補償されるので安心できるワケをご紹介します。

続きを読む

不動産投資の保険の建物電気的機械的事故補償特約の特徴と補償特約を付けて得する場合のポイントとは?

他の補償との重複が多い『建物電気的・機械的事故』補償特約

不動産投資の保険の『建物電気的・機械的事故』補償特約とはどのようなものなのでしょうか?

建物電気的・機械的事故の火災保険補償特約は、

  • エレベーター
  • 給湯設備
  • 空調設備
  • 太陽光設備

など、建物に付属した機械設備が突発的に動かなくなってしまったときの、修理費用や壊れた損害を対象に補償することになっています。

実は同じような損害で火災保険での補償が可能な場合があります。

なので火災保険の補償内容と建物電気的・機械的事故補償特約の補償内容がかぶって重複していないかを見直してみる必要があります。

この記事では、不動産投資の保険の建物電気的機械的事故補償特約の特徴と補償特約を付ける場合のポイントをご紹介します。

続きを読む

不動産投資の減価償却による節税対策と社有車の新車購入の減価償却による節税対策の効果の違いの比較事例

キャッシュアウトせずに利益を圧縮できるわかりやすい比較事例

不動産投資や事業で得た利益を現金のまま置いておくと当然ながら掛け値なしに現金の金額に課税されることになります。

その利益をどうにかして圧縮しないことには節税はできないことになります。

その際の考え方としてわかりやすい比較事例を挙げて、減価償却による節税スキームのごく基本的な考え方を説明します。

例えば、ある会社が、事業が好調で1000万円の税引き前利益を出したとします。

その際の節税対策として、

  1. 新車を社用車として購入
  2. 収益物件を全額借入で購入

の2つの方法を取ったときをここでは比較します。

キャッシュアウトせずに利益を圧縮でき節税対策になる収益物件の良さを再認識できると思います。

この記事では、不動産投資の減価償却による節税対策と社有車の新車購入の減価償却による節税対策の効果の違いの比較事例をご説明します。

続きを読む

不動産投資で家賃滞納者を大家が追い出すには裁判しかないのか?力ずくで家賃滞納者を追い出す方法は?

家賃滞納者を追い出すには裁判しかないのか?

不動産投資で購入した収益物件に家賃滞納者がいる場合、保証会社に加入していなければ毎月の未払いが溜まる一方となります。

どのような手順を踏めば、こういった家賃滞納者に速やかに退去してもらえるのでしょうか?

家賃滞納者への即効性のある対処法はなく、まず滞納家賃を督促し、支払に応じなければ最終的には裁判をするしかありません。

この記事では、不動産投資で家賃滞納者を追い出すには裁判しかないのか?力ずくで家賃滞納者を追い出す方法は?についてご説明します。

続きを読む

不動産投資でもしも自分の収益物件が事故物件(孤独死・自殺・他殺・事件)になってしまったらどうする?

事故物件になってしまったときの対処法・告知方法・損害賠償一覧

自分の所有する収益物件で入居者の他殺や自殺、孤独死などが発生すると事故物件となってしまいます。

そしてその後の収益が低下することがほとんどです。

まさか自分の物件では起こらないと思っていても起こってしまうのが入居者の死亡事故です。

不動産投資を長くしていると入居者の死に直面することがそこそこあるということです。

事故物件にはならいまでも、家族に看取られて亡くなる場合を入れると、入居者の死というものに遭遇する可能性は低くはありません。

不動産投資家としてはできるだけ避けたいことだと思いますが、多数の入居者がいる以上、死の問題に直面しないとはいえません。

ましてや今後はどんどん超高齢者社会に突入し入居者も高齢化していきます。

死の問題を避けるよりも、万一事故物件になってしまったときにどのような対処をすればいいのかなど、あらかじめ対策を考えておくことが不動産投資家にとっては現実的です。

この記事では、自分の収益物件が事故物件(自殺・他殺・孤独死)になってしまったらどうすればいいのかをご紹介します。

続きを読む

不動産投資を法人化したあと決算が減価償却費で赤字決算だと次の新規融資の際に不利になるのか?

減価償却費で帳簿上の赤字が膨らむと融資の際に不利になるのか?

減価償却で節税ができるのは分かりますが、減価償却を取った結果決算が赤字になってしまっては金融機関の評価が下がって次の融資を受けられなくなるのでないかと心配になることはないでしょうか?

今後も借入で物件を増やしていきたければ、なるべく融資を受けやすい状態にしておきたいのが本音のところだと思います。

結論から言うと減価償却を取った結果の帳簿上の赤字は次の物件取得時の融資の評価には関係ありません。

この記事では、不動産投資を法人化したあと決算が減価償却費で赤字決算だと次の新規融資の際に不利になるのか?についてご紹介します。

続きを読む

不動産売買において重要事項説明義務違反を理由に売買契約を解除したり損害賠償が取れるとは限らない理由

説明義務違反があっても損害賠償が取れるとは限らない事例

不動産投資用の収益物件は物件価格が1億円を超えることもざらにあり、非常に高額な取引となります。

だからこそ、収益物件の購入にあたっては細心の注意をもって契約しなければなりません。

しかし、万が一購入した収益物件が、建ぺい率や容積率が契約時の重要事項説明と違っていて違法建築物だった場合に重要事項説明義務違反を理由に売買契約を解除することはできるのでしょうか?

この記事では、不動産売買において重要事項説明義務違反を理由に売買契約を解除したり損害賠償が取れるとは限らない理由をご紹介します。

続きを読む

不動産投資を法人化したら法人保険を有効に使って不動産投資の節税対策に活用する5つのポイント

法人保険で不動産投資の利益を簿外資産に!できる?できない?

保険と聞くと個人でも内容がややこしくてアレルギー症状が出るのに、法人保険となると拒絶反応を起こしてしまい考えたくないという人もいるのではないでしょうか?

法人保険は、不動産投資での利益の圧縮対策としての順位は下がりますが、減価償却や役員報酬などのオーソドックスな節税対策をしてもまだ利益が残っている場合には、併用することで大きな節税対策になります。

法人保険は、現金を支出して節税するだけではなく、節税した支払保険料を解約返戻金や満期保険金の形で貯めることができ、後で自由に使えることが不動産投資で法人保険を利用する最大のポイントとなります。

この記事では、不動産投資を法人化したら法人保険を有効に使って不動産投資の節税対策に活用する5つのポイントをご紹介します。

続きを読む