生命保険やがん保険まで及ぶ次々に消える相続税節税手段をセルフチェック

生命保険やがん保険まで!次々に消える相続税節税手段をチェック

生命保険の死亡保険金や法人契約のがん保険の非課税枠が縮小されていることはご存知でしょうか?

多くの人が加入しているであろう生命保険。

死亡保険金は被相続人が亡くなってから支払われるため、『みなし相続財産』とよばれています。

改正前は法定相続人1人あたり500万円までは非課税とされていましたが、条件が厳しく縮小されました。

また法人にとってのポピュラーな節税対策だった法人契約がん保険の保険料の全額損金扱いが半額しか損金計上できなくなりました。

この記事では、生命保険やがん保険まで及ぶ次々に消える相続税節税手段について取り上げます。

続きを読む

日本政策金融公庫の不動産投資ローン・アパートローン8つの特徴と最新の融資動向

日本政策金融公庫の投資ローン・アパートローンの8つの特徴

日本政策金融公庫の収益物件に対する不動産投資ローン・アパートローンがよくわかる基本的な内容と最新の融資動向をまとめています。

申込者の属性や持ち込んだ支店、時期などによってもローンの審査結果は異なってきますので、必ずこうだと言うわけではありませんが、融資の打診をする際に当たりをつけるのにお役立て頂けると幸いです。

さて、初心者がスルガ銀行以上に融資が受けやすい銀行は、実は日本政策金融公庫です。

ただし、日本政策金融公庫でフルローンまで評価が伸びる物件は少ないのも事実です。

なので自己資金がある人や他に共同担保物件がある人にはとても融資を引き出しやすい銀行になります。

この記事では、日本政策金融公庫の投資ローン・アパートローンがよくわかる8つの特徴と最新の動向をご紹介します。

続きを読む

築古の木造アパートは出口戦略で本当に売れるのか?

築古の木造アパートは出口戦略で本当に売れるのか?

減価償却での節税を目的とした築年数の古い中古木造アパートですが、そもそも売りたいときに売れるのでしょうか?

まず物件が古いため、売却するときに買主に金融機関が融資をしないので売れないのではないかという疑問です。

結論から言うと築古の木造アパートが売れるか売れないかという点からいうと売れます。

この記事では、築古の木造アパートは出口戦略で本当に売れるのか?というについてご説明します。

続きを読む

任意売却の提案を放置して滌除に代わる抵当権消滅請求を受けた事例

任意売却の提案があったのに放置して抵当権消滅請求を受けた事例

任意売却の提案があったにもかかわらず、銀行担当者の知識不足からこの任意売却の提案を放置したことにより、任意売却が流れてしまったというケースです。

さらにその後に債務者側が滌除(てきじょ)に代わる抵当権消滅請求制度を利用してきました。

この記事では、任意売却の提案があったのに放置して抵当権消滅請求を受けてどうなっかという事例をご紹介します。

続きを読む

収益物件の投資回収を早くするための2つの重要なポイント

収益物件の投資回収を早くするための2つの重要なポイント

収益物件の投資回収を早くするためにはどうすればいいのでしょうか?

投資回収を早めるためには、

  • 実質利回り
  • 税金のコントロール

の2つのポイントがあります。

投資回収額とは、あくまでも純収入です。

そして純収入とは、売上である賃料収入から諸経費を差し引いて、かつ税金を支払った後に手元に残る手取り収入のことです。

この純収入を増やすことで投資回収が早く進むのです。

この記事では、収益物件の投資回収を早くするための2つのポイントをご紹介します。

続きを読む

破産管財人弁護士が裁判所に提出する不動産売却許可申請の内容

破産管財人が裁判所に提出する不動産売却許可申請の内容

破産管財人弁護士はどのようなやりとりを裁判所と行うのでしょうか?

債務者が債務不履行に陥ると、債権者から破産手続の申立てがなされることがあります。

そうすると同時廃止にならなければ、裁判所から選任された破産管財人弁護士が担保不動産の処分権限を持つことになります。

破産管財人弁護士は破産法の規定に基づいて、さまざまな事柄について裁判所に報告したり書面を提出しなければなりません。

この記事では、破産管財人弁護士が裁判所に提出する不動産売却許可申請の内容をご紹介します。

続きを読む

賃貸での発生率No1!騒音トラブルや騒音クレームの解決法

発生率No1!騒音トラブルや騒音クレームの解決法

不動産投資で起きる入居者のトラブルで多いのが『騒音トラブル』です。

騒音トラブルの難しいところは、人によって感じ方が違うということです。

同じ物音でも人によっては気にならなかったり、不快に感じたりするので困りものです。

しかし、入居者からクレームが出た以上は不動産投資家としては対応しないわけにはいきません。

この記事では、不動産投資上避けて通れない騒音トラブルの解決法をご紹介します。

続きを読む

インカムゲインだけではない不動産投資の4つの目的別投資戦略

インカムゲインだけではない成功する不動産投資の4つの目的

不動産投資の目的は人それぞれですが、いくつ考えられるでしょうか?

不動産投資は目的によって進め方が異なってきます。

  • インカムゲイン(賃料収入)
  • キャピタルゲイン(値上がり益)
  • 節税対策
  • 相続税対策

などや、上記をいくつか組み合わせたものまで様々です。

ある人にはインカムゲイン(賃料収入)が王道だといっても、見方が変われば何が一番良いかは人それぞれということがいえます。

資産背景や目的によって取るべき投資戦略変わってきますので、自分が何を目指して不動産投資を行うのかを整理して明確にしておく必要があります。

この記事では、インカムゲインだけではない不動産投資の4つの目的別投資戦略をご紹介します。

続きを読む

収益物件の運用は取得→管理運営→売却の一連の事業で考える

収益物件の運用は取得・管理運営・売却の一連の事業

収益物件の運用は収益物件が買えればそれですべてうまくいくのでしょうか?

収益物件の運用は利益を得ることが前提になりますので、

  1. 物件を取得
  2. 管理運営を行う
  3. 売却

の一連の事業となります。

決して収益物件を買って終わりではありません。

物件の取得と売却は投資としての側面、保有期間中の管理運営は経営的側面を持ち、この2面性を有する事業として捉えるべきです。

投資して、管理運営という経営を行い、きちんと売却までの出口戦略までを考えることが極めて重要となります。

この記事では、収益物件の運用は取得・管理運営・売却の一連の事業である理由をご紹介します。

続きを読む

土地の分筆宅地分譲売買での任意売却における担保解除料の交渉事例

土地の分筆売買での任意売却における担保解除料の交渉事例

担保不動産が任意売却でなかなか売れない場合にひと工夫加えると売れるようになる場合があるのをご存知でしょうか?

例えば担保不動産の処分を検討していると、一筆の一団の土地のままだとなかなか処分できないものの、それを分筆して宅地分譲すると売却できる物件があります。

この記事では、そのような土地の分筆宅地分譲売買での任意売却における担保解除料の交渉事例をご紹介します。

続きを読む