家賃滞納者への強制執行5つのステップで家賃滞納者からの部屋を奪還するスキーム

強制執行5つのステップ!家賃滞納者からの部屋奪還スキーム

入居者の中に長期の家賃滞納者がいる場合は、できる限り早い段階で建物明渡請求訴訟を提訴し強制執行により部屋を明け渡してもらうのがセオリーです。

実務的には建物明渡訴訟に勝訴するとほとんどの入居者は強制執行前に退去していくことが多いといえます。

そのなかでも最後まで残っている入居者に強制執行を実行することになります。

この記事では、家賃滞納者への強制執行5つのステップで家賃滞納者からの部屋を奪還するスキームをご紹介します。

続きを読む

不動産投資で収益物件を売却した後の税引後の手残り利益を最大化する売却方法とは?

税引後の手残り利益を最大化する収益物件の売り方

不動産投資での収益物件の売却にあたっては、最後に残った譲渡益に対して税金がかかってきます。

不動産投資の出口戦略において最終的な手残り金額を最大化するための収益物件の売却方法とはどのようなものなのでしょうか?

不動産の売却益に対する税金の処理は複雑で不動産に詳しい税理士に依頼することは手残り利益の最大化には必須となります。

不動産投資の利益が確定する収益物件の売却時に同じ売るなら少しでも手残りが多くなるよう、最大の節税効果を考えながら売却することが必要です。

この記事では、不動産投資で収益物件を売却した後の税引後の手残り利益を最大化する売却方法をご紹介します。

続きを読む

不動産投資の保険の建物電気的機械的事故補償特約の特徴と補償特約を付ける場合のポイントとは?

他の補償との重複が多い『建物電気的・機械的事故』補償特約

不動産投資の保険の『建物電気的・機械的事故』補償特約とはどのようなものなのでしょうか?

建物電気的・機械的事故の火災保険補償特約は、

  • エレベーター
  • 給湯設備
  • 空調設備
  • 太陽光設備

など、建物に付属した機械設備が突発的に動かなくなってしまったときの、修理費用や壊れた損害を対象に補償することになっています。

実は同じような損害で火災保険での補償が可能な場合があります。

なので火災保険の補償内容と建物電気的・機械的事故補償特約の補償内容がかぶって重複していないかを見直してみる必要があります。

この記事では、不動産投資の保険の建物電気的機械的事故補償特約の特徴と補償特約を付ける場合のポイントをご紹介します。

続きを読む

不動産投資の保険で盗難・偶然な事故による破損・汚損補償特約のポイントと必要性

盗難は発生確率高め!『盗難/偶然な事故による破損・汚損』補償

不動産投資の保険で『盗難・偶然な事故による破損・汚損』の補償特約というのがあるのをご存知でしょうか?

こんなのはあまり現実味がないのではないかと思われているかもしれません。

実は、統計的に見ると盗難は意外と発生確率があるようです。

  • 住宅への侵入による盗難
  • マンション共用部の設置物を盗難される

などの被害は日常的に起こってしまってもおかしくはないといえます。

この記事では、不動産投資の保険で盗難・偶然な事故による破損・汚損補償特約のポイントと必要性をご紹介します。

続きを読む

【追記】不動産投資の1物件1法人1金融機関スキームはリスク大!隠さなければ節税面でメリット大!

資産管理法人設立で1物件・1法人・1金融機関でのスピード購入術

※【2019.3.13追記】【2018.9.4追記】2017.5.29にアップした『資産管理法人設立で1物件・1法人・1金融機関でのスピード購入術』という記事が現状にそぐわなくなっているため注意点を追記しタイトルも変更しています。追記は原文まとめの後にあります。

【以下原文:2017.5.29】

不動産投資で融資を活用して買い進める王道は、黒字決算を続けて内部留保(純資産)を積み上げて銀行からの信頼を厚くすることです。

しかしこのやり方だと数年間の決算書や確定申告の実績が必要となりそれなりの時間がかかることになります。

それに比べて新設の資産管理法人の場合はまだB/SやP/Lがないために、銀行審査で個人の属性と金融資産しか見ようがありません。

この新設の資産管理法人の特徴を考慮してスピード感を持って収益物件を買い進める方法が、

『1物件・1法人・1金融機関』

で行う方法です。

この記事では、資産管理法人設立で1物件・1法人・1金融機関でのスピード購入術をご紹介します。

続きを読む

全額借入の不動産投資による減価償却でキャッシュアウトせずに利益を圧縮して節税できる新車購入との比較事例

キャッシュアウトせずに利益を圧縮できるわかりやすい比較事例

不動産投資や事業で得た利益を現金のまま置いておくと当然ながら掛け値なしに現金の金額に課税されることになります。

その利益をどうにかして圧縮しないことには節税はできないことになります。

その際の考え方としてわかりやすい比較事例を挙げて、減価償却による節税スキームのごく基本的な考え方を説明します。

例えば、ある会社が、事業が好調で1000万円の税引き前利益を出したとします。

その際の節税対策として、

  1. 新車を社用車として購入
  2. 収益物件を全額借入で購入

の2つの方法を取ったときをここでは比較します。

キャッシュアウトせずに利益を圧縮でき節税対策になる収益物件の良さを再認識できると思います。

この記事では、全額借入の不動産投資による減価償却でキャッシュアウトせずに利益を圧縮して節税できる新車購入との比較事例をご説明します。

続きを読む

不動産投資の出口戦略で収益物件としてそのまま売却するか更地にして土地として売却するかの判断基準

収益物件として売却するか更地にして土地として売却するかの判断基準

不動産投資の出口戦略における収益物件の売却にあたって、

  • そのまま収益物件としてオーナーチェンジで売却する
  • 建物を解体して更地にして土地として売却する

のとでは、どちらのほうが高く売れるのでしょうか?

ひとつの判断基準として、その収益物件の、

  • 収益性
  • 資産性

を比較して、どちらの価値がより高い物件かで判断できます。

この記事では、不動産投資の出口戦略で収益物件としてそのまま売却するか更地にして土地として売却するかの判断基準をご紹介します。

続きを読む