サブリース業者の言いなりにならないためのサブリース契約3つの確認ポイント

サブリースで主導権を握るためにすぐにできる3つの確認事項

サブリースの契約を上手に使って収益を上げていくにはどのようにしていくべきでしょうか?

サブリース業者に一括で借りてもらっているからといってサブリース業者に主導権を完全に渡してしまうと、いずれは借り上げ家賃をどんどん下げられてサブリース業者の思うつぼにされてしまいます。

  • サブリース契約の内容を把握する
  • 借り上げ家賃が適正かを自分でも調べる
  • 条件が悪い時はこちらからサブリース契約の解約も検討する

など、貸主側が主導権を持った上でサブリースでの運営を検討していくべきです。

この記事では、サブリース業者の言いなりにならないためのサブリース契約3つの確認ポイントをご紹介します。

続きを読む

一棟収益の修繕費の目安と中長期での修繕計画のポイント

先送りになりがちな大規模修繕費用を簡単に見積もる方法

一棟収益の中長期的な修繕計画や修繕費用の積み立てまで考えて購入する人はほとんどいません。

購入した後も目先の修繕はその都度行いますが中長期での修繕などはどうしても先送りになってしまいがちです。

一棟収益の中長期的な修繕費用は原状回復リフォームなどに比べて多額の出費になり、万一その費用が捻出できなければ建物の老朽化が進みその後の入居率や売却時のリセールバリューに大きく影響することになります。

この記事では、一棟収益の修繕費の目安と中長期での修繕計画のポイントをご紹介します。

続きを読む

不動産投資リスクを回避してリターンを最大化する6つのポイント

知って安心!不動産投資6大リスクのコントロール法

不動産投資にはリスクがたくさんありどこか怖いイメージもあるのではないでしょうか?

不動産投資に限った話ではなく投資にはそれぞれリスクがあります。

それは事業やビジネスでも同じです。

予測しうるリスクに対処しながらリターンを最大化しようと考えることが投資やビジネスの基本となります。

そして不動産投資のリスクに対してどのような対応をとるのかを事前に決めておけばかなりの部分でのリスクヘッジとなります。

この記事では、不動産投資リスクを回避してリターンを最大化する6つのポイントをご紹介します。

続きを読む

不動産投資のメリットとデメリットが一目で分かる5つの比較事例

不動産投資のメリット/デメリット特集!5つの視点から徹底総比較

不動産投資においてメリットばかりに目がいきがちですがデメリットからも目をそらさないことが大切です。

メリットだけでなくデメリットもしっかりと理解しておくことで将来的に起こり得るリスクに対処することもできるようになるからです。

不動産投資は結局のところ

  • メリットとデメリット
  • リスクとリターン

バランスをどこでとるかが勝負になりそのための情報が必要になります。

この記事では

  1. 不動産投資のメリットとデメリット
  2. 投資用不動産種類別のメリットとデメリット
  3. ワンルーム・ファミリータイプ別のメリットとデメリット
  4. 区分所有・一棟もの別のメリットとデメリット
  5. 立地エリア別のメリットとデメリット

の5つの比較事例についてご紹介します。

続きを読む

任意売却してから自己破産をかけて任意売却後の残債をチャラにする方法

自己破産と任意売却を並行して行うことで残債をチャラにする方法

債務整理のひとつに『自己破産』があります。

『自己破産』をして裁判所から免責許可決定を受けると、任意売却後の住宅ローンの残債やその他の借入など、すべての借入がチャラになり返済しなくてよくなります。

債務者が不動産を所有している場合の自己破産は大きく分けて下記の2パターンが存在します。

  • 自己破産手続きをしてから任意売却をする
  • 任意売却をしてから自己破産手続きをする

どちらにしても注意すべき点はありますので不動産と自己破産の手続きに慣れた弁護士に依頼する方が安心です。

この記事では、任意売却してから自己破産をかけて任意売却後の残債をチャラにする方法をご紹介します。

続きを読む

賃貸契約更新のタイミングで入居者から家賃交渉された時の対応4つのポイント

家賃値下げの交渉をwin-winで乗り切る合理的調整法

入居者から賃貸契約の更新のタイミングで、家賃の値下げなどの家賃交渉が入った場合は貸主側としてはどのように対応するべきでしょうか?

賃貸契約の更新時期は貸主側からみれば家賃アップの絶好のタイミングである反面、入居者から家賃交渉されるタイミングでもあります。

もし入居者から家賃交渉を迫られたら家賃を上げるどころの話ではなくなってしまいます。

ここで貸主側が強気に出すぎて入居者からの家賃交渉を一方的に突っぱねるとそれなら退去するということにつながってしまいます。

そうすると退去率が上がってしまい不動産投資の収益ダウンとなってしまうのです。

この記事では、賃貸契約更新のタイミングで入居者から家賃交渉された時の対応4つのポイントをご紹介します。

続きを読む

定期借家契約のメリットとは?普通借家契約を定期借家契約に切り替える5つのポイント

定期借家契約への切り替えで貸主のリスクは確実に小さくなる

賃貸借契約は大きく分けて、

  • 普通借家契約
  • 定期借家契約

の二種類がありますが両者の間にはとても大きな違いがあることはご存知でしょうか?

普通借家契約は契約期間が経過しても更新することで継続して入居できます。

一方、定期借家契約には更新の概念がないため入居者は原則として契約期間の満了とともに退去しなければなりません。

定期借家契約で継続して入居するためには貸主・借主双方の合意のもとに再契約をする必要があります。

つまり定期借家契約では不良入居者との再契約を拒否することができ賃貸運営トラブルの長期化を防ぐことができるという大きなメリットがあるのです。

この記事では、定期借家契約のメリットとは?普通借家契約を定期借家契約に切り替える5つのポイントをご紹介します。

続きを読む

賃貸仲介店舗を持つ管理会社を使って不動産投資の収益をアップする2つのポイント

管理会社の候補をピックアップした後は賃貸仲介件数・稼働率の確認

都心部では管理専門会社(PM)の認知度も上がってきているものの、地方などではまだまだ賃貸仲介店舗を持つ管理会社が独占的に頑張っているのではないでしょうか?

ミニミニやエイブル、アパマンなどが全国展開しています。

賃貸仲介店舗を持つ管理会社を検討する際に重要になるのが、

  • 不動産賃貸仲介件数
  • 自社管理物件の稼働率

の確認を行うことで、そのエリアでの賃貸仲介店舗を持つ管理会社がどのくらいの影響力を持つのかが分かります。

この記事では、賃貸仲介店舗を持つ管理会社を使って不動産投資の収益アップする2つのポイントをご紹介します。

続きを読む

近畿信用保証の任意売却の特徴と進め方の重要ポイント

近畿信用保証の任意売却の特徴と進め方の重要ポイント

近畿信用保証は旧泉州銀行と現池田泉州銀行系列の信用保証会社です。

泉州銀行と池田銀行が合併して池田泉州銀行ができ、その系列に池田泉州信用保証ができました。

近畿信用保証は泉州銀行時代に保証をした先との業務を行っています。

旧泉州銀行で住宅ローンを借入していて住宅ローンを滞納すると近畿信用保証が代位弁済することになります。

登記簿謄本の債権者の名義が近畿信用保証となっているのはこのためです。

この記事では、近畿信用保証の任意売却の特徴をご紹介します。

続きを読む

PM専門の管理会社への管理委託で気を付ける2つのデメリット

管理専門会社・プロパティマネジメント会社で気を付ける点は?

PM専門の管理会社への管理委託は、オーナーの利益の最大化を目指すプロである点できちんと機能するならば、オーナーにとって大きなメリットがあるといえます。

しかし、PM専門の管理会社の業界はまだ歴史が浅く、数も少ないので、管理委託するにあたって気を付けるべきポイントも抱えているのが実情です。

PM専門の管理会社は社員の転職も多く、給与も不動産の営業などと比べてまだまだ低いのが現状です。

PM専門の管理会社のメリットと気を付けるべきポイントをきちんと把握して、管理委託を検討することが賃貸オーナーにとって重要だといえます。

この記事では、プロパティマネジメント会社への管理委託で気を付ける2つのデメリットについてご紹介します。

続きを読む