不動産投資で滞納家賃を少額訴訟でできるだけ早く回収するポイントと少額訴訟を行う際の注意点

少額訴訟で滞納家賃を素早く回収するポイントと注意点

不動産投資の滞納家賃を出来るだけ素早く回収する手立てはあるのでしょうか?

不動産投資において家賃滞納は最も不動産投資家を悩ませるトラブルのひとつであるといっても過言ではありません。

逆にいえば、不動産投資を行っている以上は家賃滞納トラブルに自力でも対処できるような法的な知識はある程度勉強しておくべきだといえます。

  • 家賃滞納者を追い出す明渡訴訟
  • 滞納した家賃自体を回収する

実は上記2つは全く別のことです。

追い出すことと回収することは別で、法的に追い出しても今まで滞納していた滞納家賃債務の回収までしてくれるわけではありません。

保証会社が入っていなければ自力で滞納家賃債務を回収するしか手段はないということになります。

この記事では、不動産投資で自力で滞納家賃を少額訴訟で素早く回収するポイントと少額訴訟を行う際の注意点をご紹介します。

続きを読む

手取り収益を増やすために熟知するべき不動産投資の法人化のメリットとデメリット【まとめ】

総力特大号!法人化のメリットVSデメリットをとことん比較

不動産投資の法人化の最大の目的は節税によるキャッシュフローを増やして手取り収益を増やすことです。

しかし何でもかんでも法人化すればよいというわけではなくバランスが必要になります。

では不動産投資の法人化によるメリットとデメリットにはどのようなものがあるのかご存知しょうか?

不動産投資を法人化することのメリットとしては、

  • 節税幅が個人より幅広い
  • デフォルトを隔離できる

不動産投資の法人化のデメリットとしては、

  • 法人設立にかかるイニシャルコスト
  • 法人運営や決算、税金等のランニングコスト
  • 代表であっても個人のように自由にお金を使えない

などがあげられます。

この記事では、手取り収益を増やすために熟知しておきたい不動産投資の法人化のメリットとデメリット【まとめ】をご紹介します。

続きを読む

不動産投資で退去後のリフォームや原状回復への費用対効果の上がるお金のかけ方

費用対効果の上がるリフォームや原状回復費用へのお金のかけ方

収益物件の運用では、入退去のたびに原状回復費用がかかりますし、場合によっては大がかりなリフォームも必要になります。

お金をかければかけるだけ綺麗にはなりますが、その分だけ収益が圧迫されてしまいます。

リフォームや原状回復にかける費用の見極めはどのように判断すればよいのでしょうか?

収益物件の運用を事業として考えて、リフォームや原状回復費用も費用対効果で判断するのが基本となります。

決して自己満足でリフォームや原状回復にお金をかけてはいけないということです。

この記事では、不動産投資で退去後のリフォームや原状回復への費用対効果の上がるお金のかけ方をご紹介します。

続きを読む

不動産投資で収益物件を売却せずに長期保有して買い増していき収益を伸ばす戦略のポイント

収益物件を売却せずに長期保有する運用方法のポイント

不動産投資で収益物件を売却する出口戦略を考えなくてもいい場合はどのような場合なのでしょうか?

実は不動産投資で保有する収益物件の運用が順調で収益が上がっているときは無理に売却を考えなくてもよい場合もあります。

収益物件の収益に何も問題が無い場合は、

  • 安定した利益
  • 節税効果

を両方得ながら、収益物件を買い増していくのが不動産投資のセオリーです。

この記事では、不動産投資で収益物件を売却せずに長期保有して買い増していき収益を伸ばす戦略のポイントをご紹介します。

続きを読む

不動産投資で個人が収益物件を購入して現金のままより4~5割も相続税を減税できる節税手法

現金で所有するより4~5割も相続税が減額できる節税手法

不動産投資で収益物件を購入することで減価償却での利益の圧縮による節税以外にも大きな節税効果が得られる方法があることをご存知でしょうか?

個人として不動産投資を活用すれば、所有する資産の評価を下げるツールとして収益物件を購入することで相続税の圧縮が可能となります。

平成27年1月以降、相続税が増税されました。

基礎控除額が4割も減額され課税対象者が増えることになりました。

そして最高税率は50%から55%に引き上げられました。

相続税に関してかなりインパクトのある実質増税となる相続税法改正となりました。

資産を築いてきた不動産投資家としては、非常に頭が痛い問題ですが、この問題も収益物件を運用することである程度クリアすることができます。

この記事では、不動産投資で個人が収益物件を購入して現金のままより4~5割も相続税を減税できる節税手法についてご説明します。

続きを読む

不動産投資で良い収益物件を紹介しますという不動産会社がなぜ自らその収益物件を買わないのか?

良い収益物件を紹介する不動産会社が自らその物件を買わない理由

不動産投資家に収益物件の情報を持ってきてくれるのは不動産仲介会社がほとんどの場合が多いと思います。

不動産会社が良い収益物件だというならなぜその不動産会社が先にその収益物件を買わないのでしょうか?

不動産会社が収益物件を買って賃貸業をしないのには実はちゃんとした理由があります。

自社で購入して長期保有するのではなく、

  • 仲介
  • 短期転売

資金効率を高める方が経営判断として重要な場合が多いということです。

賃貸大家業でなければ不動産会社は常に資金を回転させていく必要があるからです。

この記事では、良い収益物件を紹介する不動産会社が自らその物件を買わない理由をご紹介します。

続きを読む

不動産投資の税務調査で追徴課税されないための対策と重要チェックポイント

税務調査で追徴課税されないための重要チェックポイント

不動産投資を行っていて突然やってくる税務調査に対する対策はあるのでしょうか?

税務調査が入るという連絡は突然やってきます。

不動産投資の経理についてはすべて税理士に任せていて、どのように準備をすればよいのか分からないという人も多いのではないでしょうか?

税務調査が入ると必ず追徴課税されるという話もよく聞きます。

税理士が経理処理した不動産投資の決算でもそんなに間違いがあるものなのでしょうか?

税務調査が入ることが決まったら、申請書類を再確認して、必要に応じて税務調査に強い税理士に同席してもらうことも大切です。

この記事では不動産投資の税務調査で追徴課税されないための対策と重要チェックポイントをご紹介します。

続きを読む

不動産投資の法人化の効果を最大化する資産管理法人の3つの利用形態の選び方と節税効果

収益物件の運用における資産管理法人3つの利用形態

不動産投資の法人化の際に資産管理法人を設立しますが資産管理法人の利用形態は一通りではないことをご存知でしょうか?

不動産投資の法人化の際に設立する資産管理法人には実は3つの利用形態があります。

その資産管理法人の3つの利用形態のメリットとデメリットを理解し、自分の不動産投資戦略に合った方法で資産管理法人を設立し不動産投資の法人化を行うことでその効果を最大化することができます。

一般的には取り組みの難易度と資産管理法人設立による節税効果は比例します。

ここでは、不動産投資法人化の効果を最大化するための資産管理法人の3つの利用形態の選び方についてご紹介します。

続きを読む

家賃滞納者への占有移転禁止の仮処分によって強制執行時の不法占有を防ぐ事前対策のポイント

占有移転禁止の仮処分は滞納者と別の占有者がいそうな場合に役立つ

家賃滞納者に対して明渡請求訴訟から強制執行の手続きをとる際に、もうひとつ気を付けることがあることをご存知でしょうか?

家賃滞納者への強制執行はあくまでも家賃滞納者(賃借人)個人に対する執行となるため、万が一部屋の中に別人が住んでいた場合強制執行が妨げられる恐れがあります。

これが俗にいう『占有屋』だったりすることもあります。

そこで建物明渡請求訴訟によって最終的に強制執行までもっていくことを予定している場合は、あらかじめ賃借人が他社に占有させる可能性があることを見越しての事前対策が必要となります。

この際に行う手続きのことを『占有移転禁止の仮処分申請』といいます。

この記事では、家賃滞納者への占有移転禁止の仮処分によって強制執行時の不法占有を防ぐ事前対策のポイントについてご紹介します。

続きを読む

家賃滞納者への強制執行5つのステップで家賃滞納者からの部屋を奪還するスキーム

強制執行5つのステップ!家賃滞納者からの部屋奪還スキーム

入居者の中に長期の家賃滞納者がいる場合は、できる限り早い段階で建物明渡請求訴訟を提訴し強制執行により部屋を明け渡してもらうのがセオリーです。

実務的には建物明渡訴訟に勝訴するとほとんどの入居者は強制執行前に退去していくことが多いといえます。

そのなかでも最後まで残っている入居者に強制執行を実行することになります。

この記事では、家賃滞納者への強制執行5つのステップで家賃滞納者からの部屋を奪還するスキームをご紹介します。

続きを読む