不動産投資で自分が金融機関からいくらまでローン借り入れができるのかを見極める3つの基準とは?

いくらまで借り入れができるのかを見極める方法

不動産投資での収益物件の運用は金融機関からの借り入れができることが前提になっていることが多いです。

逆にいえば金融機関からいくら借りられるかによってどの程度の規模の収益物件を取得できるかが決まります。

では、不動産投資において自身はどの程度の借り入れが金融機関からできるのでしょうか?

結論から言えば一人ひとりの借主の属性によって金融機関からの借り入れ額の上限は異なってきます。

日本の金融機関は借主の属性を重視します。

もっと言えば属性によって融資可能な金額を設定しているといえます。

この記事では、不動産投資で自分が金融機関からいくらまでローン借り入れができるのかを見極める3つの基準をご紹介します。

続きを読む

なぜ不動産投資ではサラリーマンや公務員が法人を設立して収益物件を購入するのか?そのメリットは何?

会社員が法人を作って収益物件を購入するメリットは何?

不動産投資においてサラリーマンや公務員が法人を設立して収益物件を購入すしていくのでしょうか?そしてそのメリットは何なのでしょうか?

サラリーマンや公務員が不動産投資を法人化することで、

  • 税率面
  • 融資の受けやすさ

の2点で有利になります。

不動産投資において新設法人を作ってその法人で融資を受けて収益物件を購入する方法は、今では広く一般的に行われています。

その際には個人の資産管理法人を設立するることになり、資産家が資産管理や相続を目的として会社を持っているのと同じ仕組みになります。

こうした資産管理法人への銀行の融資審査は、あくまでも融資を銀行に対して依頼する個人が対象になりますので、個人への融資と同じく、個人の収入や自己資金などの個人属性が重要になります。

この記事では、なぜ不動産投資ではサラリーマンや公務員が法人を設立して収益物件を購入するのか?そのメリットは何?についてご紹介します。

続きを読む

不動産投資における金融機関の収益物件への担保評価額と不動産投資ローンの借り入れ金額との関係性

金融機関の担保評価額とローンの借り入れ金額との関係

不動産投資で収益物件の担保評価額とローンの借り入れ金額との関係はどのようになっているのでしょうか?

金融機関は、

◎借主の属性×物件の担保評価

で融資の可否や融資額を判断します。

そしてその判断においては借主の属性により重きを置かれることになります。

この記事では、不動産投資における金融機関の収益物件への担保評価額と不動産投資ローンの借り入れ金額との関係性をご紹介します。

続きを読む

不動産投資の金融機関からの借り入れは変動金利?固定金利?⇒基本は変動金利か短期固定金利の2択

金融機関からの借り入れは変動金利でいくか固定金利でいくか?

不動産投資での金融機関からの借り入れ時に、

  • 変動金利を選ぶべきか
  • 固定金利を選ぶべきか

で迷われたことはないでしょうか?

結論は基本的には、

  • 変動金利
  • 5年以内の短期固定金利

のどちらかを選ぶことをおすすめします。

この記事では、不動産投資での金融機関からの借り入れは変動金利でいくか固定金利でいくか?についての判断基準をご紹介します。

続きを読む

不動産投資ローンの銀行借り入れ条件3点セット①金利②借入期間③借入割合の成功基準とは?

借り入れ条件3点セット①金利②借入期間③借入割合

不動産投資において収益物件購入時の金融機関からの借入条件はどのように考えて取り組めばよいのでしょうか?

不動産投資での収益物件の運用における資金調達は、できるだけ低金利で借入期間を長く、そしてできるだけ自己資金を使わないで借り入れを行うことが基本です。

経営者であれば日頃から金融機関からの借り入れを行っているケースが多いので、よく分かると思いますが、基本的には会社がつぶれないためにはどうするかという資金繰りの観点が判断基準となります。

不動産投資での収益物件の運用も、見方を変えればひとつの事業と捉えられますので、サラリーマンや公務員などの個人投資家でも同じことです。

つぶれないためにはどうするかという資金繰りの観点から考えると、金融機関からの資金の借り方も明確になると思います。

この記事では、借り入れ条件3点セットである①金利②借入期間③借入割合をご紹介します。

続きを読む

不動産投資での収益物件の運用の3つの目的①副収入②節税③生命保険とそれに応じた名義設定のポイント

運用の目的に応じて収益物件の取得主体を選択するポイント

収益物件を取得する際の取得主体すなわち名義を何にするかの判断で迷われたことはないでしょうか?

取得主体である名義は、収益物件を購入したあとでは簡単に変えることはできません。

  • 個人で取得する
  • 法人で取得する
  • 家族名義で取得する

など、取得主体は収益物件の運用の目的に応じて考えて決める必要があります。

この記事では、不動産投資での収益物件の運用の3つの目的①副収入②節税③生命保険とそれに応じた名義設定のポイントをご紹介します。

続きを読む

不動産投資の投資額の回収を収益物件の売却時点で行えないと節税した意味がなくなる理由

収益物件の売却時点で投資額を回収しておくという考え方

不動産投資で収益物件の取得から管理運用、そして最終出口の売却までの一連の流れで連動して全体での利益の最大化を考えているでしょうか?

不動産投資における収益物件の運用において、トータルでの利益を最大化させることが大前提となるのは何度も申し上げています。

そして、節税対策として収益物件を活用する際にも同様に、利益を最大化させる前提で取り組む必要があります。

この記事では、不動産投資の投資額の回収を収益物件の売却時点で行えないと節税した意味がなくなる理由をご紹介します。

続きを読む

金融機関の不動産投資に対する融資審査のウェイトは物件の担保評価より借主の属性に置かれている事実

金融機関の融資審査のウェイトは『借主の属性>物件』

不動産投資の融資の審査において金融機関が見るのは、

  1. 借主の属性
  2. 物件

の2つのポイントとなります。

この2つのポイントを掛け算のように掛け合わせて、どちらかがダメであれば金融機関は融資を行いません。

ただしそのウェイトにおいてはほとんどの金融機関でも明らかに個人の属性に重きを置かれます。

この記事では、金融機関の不動産投資に対する融資審査のウェイトは物件の担保評価より借主の属性に置かれている事実についてご紹介します。

続きを読む

不動産投資でいざというときに売れる収益物件を見極めるための重要ポイントは流動性

収益不動産の立地と利回り・土地代・流動性との関係

不動産投資においていざというときに売れる収益物件とはどのような物件なのでしょうか?

一言でいうと流動性の高い物件のことです。

ここでいう流動性とは投資商品の売買のしやすさを表す言葉です。

公の市場で売買される株などの金融商品は流動性が高く、逆に不動産のように売り手と買い手が相対で売買交渉をするような商品は流動性が低くなるのが一般的です。

そして、収益物件の流動性は、その物件の立地と利回り、土地代などの密接な関係があります。

この記事では、収益物件の立地と利回り・土地代・流動性との関係についてご紹介します。

続きを読む

競売手続き中の差押え不動産の任意売却を成功させるための3つのポイント

競売中の任意売却の進め方3つのポイント

競売手続き中でも任意売却はできるのでしょうか?

競売手続き中であっても競売の取り下げに債権者が応じるのであれば任意売却を行うことは可能です。

任意売却の同意が得られない所有者でも、いざ競売を申し立てるとそれを契機に任意売却に話が進む場合もあります。

この記事では、一度開始された競売中の任意売却の進め方についての3つのポイントをご紹介します。

続きを読む