裁判所から競売の通知がきたらあとどれくらいの期間家に住めるのか?

裁判所から競売の通知がきたらあとどれくらいの期間家に住めるのか?

裁判所から競売開始決定の通知がきたらあとどれくらいの期間家に住んでいられるのでしょうか?

ざっくりですが約6ヵ月間くらいとお考え下さい。

住宅ローンが払えずに延滞・滞納してしまうと期限の利益を喪失して住宅ローンの残高を一括で請求されます。

そして住宅ローンの残高を一括で返済できなければ債権者は裁判所に競売の申立てをするのです。

裁判所は競売の申立てを受けて競売開始決定をしてその通知が債務者に届くという流れです。

その競売開始決定通知が届いてから家をでなければいけないときまでが約6ヵ月です。

ただし裁判所の競売件数の抱え具合によって早まったり逆にもっと期間がかかったりすることもあります。

続きを読む

不動産売買で物件購入時の土地価格と建物価格は自由に決めていいの?

収益物件購入時の土地と建物の価格はどう決めればよいのか?

不動産投資で収益物件を購入する際に、減価償却による効果的な節税のために、なるべく建物の金額を大きく取りたいと考えるのではないでしょうか?

そこで問題になるのが不動産売買において収益物件の価格の中で土地と建物の価格割合をどのように決めたらよいのかということだと思います。

実は不動産売買における収益物件購入時の土地と建物の価格内訳は、原則として売主・買主間の合意に基づいて決定することになります。

この記事では、不動産投資で収益物件を購入する際の土地価格と建物価格は自由に決めていいのか?についてご説明します。

続きを読む

住宅ローン残高を一括請求や代位弁済するという通知が来た時の最善策

住宅ローンの残高を一括請求や代位弁済するという通知がきた際の対策

住宅ローンの残高を一括請求や代位弁済されるという通知が来てしまったらどうすればいいのでしょうか?

住宅ローンを一定回数延滞・滞納するとまずその延滞・滞納分をまとめて支払って延滞・滞納状態を解消するように督促されます。

多くの金融機関の場合で延滞・滞納回数が5〜6回くらいで延滞・滞納状態をリセットするように促されます。

場合によってはもっと早く延滞・滞納3回目くらいでもそうなったケースもありました。断続的に延滞・滞納しては少し払って延滞・滞納回数を減らしながらきたという場合では累積の延滞

滞納分が3ヶ月分でもいったん延滞・滞納分を解消しなさいということです。

そして延滞・滞納分をまとめて支払うことができなければ、今度は住宅ローンの残高を一括請求されることになります。

  • 住宅金融支援機構であれば全額繰上償還請求
  • 銀行や信金などで保証会社を使っていた場合は代位弁済
  • 保証会社を使っていない場合は一括請求

といった具合になるのですがどこも基本的には今残っている住宅ローンの残高を一括で支払ってくださいという請求を行います。

住宅金融支援機構の住宅ローンで債権回収会社から催告書が!どうする?

続きを読む

住宅ローンを延滞・滞納してしまっても絶対にしてはいけない3つのこと

住宅ローンを延滞・滞納してしまっても絶対にしてはいけない3つのこと

住宅ローンを延滞・滞納してしまうと精神的にも動揺してしまうと思いますが絶対にしてはいけないことがあります。

それは何だかおわかりでしょうか?

これまでご相談頂いた方々でこれをしてしまったばっかりに状況がさらに悪化したりリカバリーが遅れたりその後の生活の再建にまで悪影響をおよぼしてしまうことが多いです。

住宅ローンを延滞・滞納してしまっても絶対にしてはいけないことというのは下記3つです。

  1. そのまま延滞・滞納を放置し続ける
  2. 税金を滞納して住宅ローンを補填する
  3. 他から借り入れをして住宅ローンを返済する

これらの3つのどれかをしてしまっている方もいらっしゃいましたし3つとも全てをしてしまっている方もいらっしゃいました。

そしてそのような方々は結果的には住宅ローンの延滞・滞納を解消することはできずに金銭的な損害を拡大させてしまいました。

ここでは住宅ローンを延滞・滞納してしまっても絶対にしてはいけない3つのことをご紹介します。

続きを読む

物件購入時の不動産売買契約の手付金に関する重要ポイント【まとめ】

手付金の種類・手付金の限度額・手付解除時の注意点について

不動産投資で収益物件の購入の際の売買契約時に支払う『手付金』について、間違った認識で覚えているといざというとき大変危険です。

手付金には3つの種類

  1. 解約手付
  2. 違約手付
  3. 証約手付

があり、その限度額もあります。

また、手付を放棄して契約解除する際にもいつでも解約できるわけではなく手付解除のルールもあります。

間違った認識のままだと、思っているとおりに進まなくなるリスクがありますので、『手付金』に対してのきちんとした認識を持っておくことは不動産売買を行う上でとても大切です。

この記事では、不動産投資で収益物件購入時の手付金の種類・手付金の限度額・手付解除の重要ポイントをご紹介します。

続きを読む

住宅ローンを延滞・滞納してからはあとどれくらいの期間住めるのか?

住宅ローンを延滞・滞納してからはあとどれくらいの期間住めるのか?

住宅ローンを延滞・滞納してしまったら家にはあとどれくらいの期間そのまま住んでおくことができるのでしょうか?

住宅ローンが払えていないからといって突然家を出てくれと言われても困ってしまうと思います。

住宅ローンを延滞・滞納すると家をすぐに追い出されるようなイメージを持っている方は多いですが実際にはそんなことはありません。

住宅ローンを延滞・滞納してしまったらいずれ競売になったりして家を取られてしまうということは何となく分かってはいるとしてもイメージ的にすぐに家を出なければいけないと思っている方はとても多いです。

実際はそんなことはなく住宅ローンを延滞・滞納してもある程度の期間、最低でも6ヶ月から1年くらいはそのまま家に住んでおくことができます。

住宅ローンを延滞・滞納してしまっているということはおそらく家計の収支も厳しい状況だと思われますのですぐに家を出てくれと言われても金銭的にも困ると思います。

なので住宅ローンを延滞・滞納してしまっても、ここは落ち着いて今後のリカバリーをしっかりと考えていくべきです。

続きを読む

代位弁済ってどういうこと?代位弁済されてしまったらどうしたらいい?

代位弁済ってどういうこと?代位弁済されてしまったらどうしたらいい?

住宅ローンの延滞・滞納を続けてしまうと保証会社から代位弁済されてしまいますが代位弁済とはどういうことなのでしょうか?

住宅ローンの代位弁済とは銀行などが住宅ローンを貸し付ける際に保証会社の保証付きで融資している場合に、債務者が住宅ローンが返済できないと保証会社から住宅ローン残高の立替え払いを受けることを指します。

保証会社側から見ると保証会社は保証料を銀行から受け取って銀行が融資した住宅ローンの債務保証をしているということになります。

例えば銀行が3000万円の住宅ローンの融資をする際に保証会社が2%の60万円の保証料をもらって債務保証に入るという具合で保険のような仕組みになります。

そしてもし銀行がその3000万円の住宅ローンをどこかで回収不能になった場合に、その時点での残高を債務保証を受けている保証会社から立替え払いをしてもらうという仕組みになっています。

立替え払いをしたあとで保証会社はその立替え払いをした金額を一括で住宅ローンの融資を受けていた債務者に請求するというわけです。

続きを読む

マンションの管理費や修繕積立金を滞納しても競売には・・・なります!

マンションの管理費や修繕積立金を滞納しても競売には・・・なります!

マンションの管理費や修繕積立金を滞納したくらいでは競売にはならないと思われてはいないでしょうか?

マンションの管理費や修繕積立金を滞納するとどうなってしまうのか?

残念ながらマンションの管理費や修繕積立金を滞納しても競売にかけれられてしまうことは往々にしてあるのが現実です。

マンションの管理費や修繕積立金、駐車場使用料など月々にすると数万円くらいの金額ですので、もし1年間マンションの管理費や修繕積立金を滞納し続けたとしても数十万円くらいの滞納額の規模感になると思います。

それくらいの金額であればまさか競売にはされないだろうと油断しているととんでもない目にあうことがあります。

マンションの管理費や修繕積立金を滞納すると管理組合や管理会社から支払いの督促が来るようになります。

それでも管理費や修繕積立金の滞納分の支払いがなければやむを得ず管理組合から競売申立をされてしまいお持ちのマンションは競売にかけられてしまうのです。

そうなると滞納している管理費や修繕積立金を全額まとめて一括で管理組合や管理会社に支払わなければ競売を取り下げてもらえないということです。

今までの経験上、だいたい管理費や修繕積立金の滞納総額が200万円を超えてくると管理組合や管理会社から競売にかけられてしまうケースが増えてきます。

続きを読む

建築基準法違反物件の3大パターンは違法建築・既存不適格・再建築不可

収益物件の建築基準法不適合物件の3つのパターンを見抜く

不動産投資で収益物件を探していて、ちょっといいなと思った物件が実は建築基準法に違反している物件だったという経験はありませんか?

日本国内で建物を建築する場合は建築基準法の最低基準を満たしていなければいけないと規定されています。

ところが、世の中にはこの基準を満たしていない収益物件が多数存在しています。

それらには、

  1. 違法建築物
  2. 既存不適格建築物
  3. 再建築不可物件

の大きく分けて3つのパターンがあります。

この記事では、不動産投資で建築基準違反の収益物件の3つのパターンをご紹介します。

続きを読む

住宅ローンが払えない大ピンチに弁護士に相談するメリットとデメリット

住宅ローンが払えない大ピンチに弁護士に相談するメリットとデメリット

住宅ローンが払えない大ピンチの時にあなたがふと思いつく相談先はどこでしょうか?

今まで数多くのご相談をお受けしてきてお聞きしてきた内容からですが真っ先に思いついたのは弁護士に相談するという方が一番多かった印象ですがいかがでしょうか。

実際に弁護士に相談したもののなにかしっくりこなくてこちらにも相談されたというご相談者様も少なからずいらっしゃいました。

住宅ローンが払えないという大ピンチのときに弁護士に相談する場合にもメリットとデメリットがあります。

弁護士に相談することのメリットとデメリットを把握しないまま弁護士にとりあえず相談してもその人それぞれの状況に合った弁護士に相談していなければ住宅ローンが払えないというピンチを拡大させてしまっているというケースも散見されます。

住宅ローンが払えないというピンチ時に弁護士に相談するメリット・デメリットをまとめていますので参考にして下さい。

続きを読む