不動産投資で保有する一棟収益に地震保険は必要?地震に対するリスク管理と地震保険検討時の重要5ポイント

地震保険に加入する際に必ず知っておくべき5つの重要ポイント

不動産投資における地震保険は建物の規模が大きい一棟収益物件だと支払う地震保険料もそれなりにかかってきます。

また地震保険の保険金額は火災保険で保証される保険金額の50%までであるということもあり地震保険の加入を見送られてきた一棟収益オーナーも多いのではないでしょうか?

しかしひとたび地震の災害が起これば、震源に近ければ近いほどその被害は甚大なものとなる危険性があります。

そして地震に付随して起こる津波は東日本大震災の時のように非常に広範囲に壊滅的な被害を及ぼすのは誰もが知るところとなっています。

確率はそう高くはないもののもし直撃すれば事業の柱である一棟収益を根こそぎ失ってしまうリスクをどう考えるかです。

万が一のことですが不動産投資において保険は全部その万が一のためであり、地震大国の日本おいては適切なリスク管理として地震保険への加入は欠かせないものとなってきているのが事実です。

この記事では、不動産投資で保有する一棟収益に地震保険は必要?地震に対するリスク管理と地震保険検討時の重要5ポイントについてご紹介します。

続きを読む

エムユーフロンティア債権回収から住宅ローンの督促が来た場合の対策と任意売却の進め方のポイント

エムユーフロンティア債権回収の任意売却の特徴と進め方の重要ポイント

エムユーフロンティア債権回収は三菱UFJ銀行グループの債権回収会社(サービサー)です。

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の任意売却業務の委託を受けている3つの債権回収会社(サービサー)

  • エムユーフロンティア債権回収
  • 住宅債権管理回収機構
  • 日立キャピタル債権回収

のうちの一つです。

なので三菱UFJ銀行やその系列のグループ銀行を窓口に住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)から住宅ローンを借りた場合で住宅ローンを延滞するとエムユーフロンティア債権回収から連絡や通知が入ります。

また住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)から委託された任意売却業務以外にも三菱UFL銀行本体や系列銀行、ノンバンクや紀陽銀行などの貸し出した住宅ローンの任意売却の委託も幅広く受けています。

一般的に任意売却については前向きに取り組んでくれる債権者です。

この記事ではエムユーフロンティア債権回収から督促が来た場合の任意売却の進め方のポイントについてご紹介します。

続きを読む

不動産投資で必要な消防点検の内容と消防点検にかかる建物規模別費用の目安【まとめ】

消防点検を忘れていると万一の際にとんでもないことになりますよ!

消防点検と聞くと不動産投資の利益に直結するものではないので、取り組みになんだか後ろ向きな気持になっていたりはしないでしょうか?

不動産投資で一棟収益不動産を保有すれば建物管理では法令で義務付けられた消防点検を行うことは必須です。

なぜなら万が一火災が起こったときに消防点検を受けていないと不動産投資家であるオーナーの責任が問われてくるからです。

雑居ビル火災などで死亡者やケガ人を出したときに運営会社が罰せられているニュースを見たことがあると思いますがまさにその状況になります。

一棟収益物件のオーナーになったら必ず法定の消防点検を行うことを忘れないでください。

この記事では、不動産投資で必要な消防点検の内容と消防点検にかかる建物規模別費用の目安をご紹介します。

続きを読む

不動産投資を法人化したら使える4つの節税対策(役員報酬・倒産防止共済・小規模企業共済・任意償却)【まとめ】

法人化したらすぐ使える不動産投資の4つの節税方法を全紹介

不動産投資を法人化すると個人所有よりも節税できるとは聞いていても、具体的にはいったいどういった方法で節税できるのでしょうか?

不動産投資を法人化した場合に、個人所有にはない法人での節税可能なポイントとして、

  • 役員報酬
  • 倒産防止共済
  • 小規模企業共済
  • 任意償却
  • 法人保険

などの方法があげられます。

法人保険に関しては別の機会でまとめていますので、ここでは法人保険以外の、不動産投資を法人化したら使える4つの節税対策(役員報酬・倒産防止共済・小規模企業共済・任意償却)をご紹介します。

続きを読む

確定申告時に不動産投資における売上(家賃収入およびその他収入)の計上で悩まれた経験はないでしょうか?

売上計上(家賃・敷金礼金・保険)で悩む3つのポイントを解決

確定申告時に不動産投資における売上(家賃収入およびその他収入)の計上で悩まれた経験はないでしょうか?

節税は利益をコントロールすることですが確定申告において利益のもととなる売上計上が間違っているとすべてやり直しになってしまいます。

損益計算書の売上(収入)の計上ではいくつか気を付けるポイントがあります。

この記事では、家賃収入を単純に計上すればいいと考えるのですが、確定申告時に不動産投資における売上の計上で意外に悩むポイントの解決策をご紹介します。

続きを読む

法人が不動産投資によって自社株式の評価を下げて相続税を節税する事業承継対策とは?

法人が株式の評価を下げて相続税を節税する事業承継対策法

不動産投資において収益物件の取得を法人で行うことで法人の事業承継時の税金対策にもなるということをご存知でしょうか?

法人で収益物件を取得することで法人の財産の評価減を行うことができます。

法人の財産の評価減とはすなわちその法人の自社株式の評価を下げるということです。

そして株式の評価を下げることが事業承継時の税金対策へとつながるのです。

この記事では、法人が不動産投資によって自社株式の評価を下げて相続税を節税する事業承継対策をご紹介します。

続きを読む

不動産投資で収益物件を少しでも高く売却したければ事前にやっておくべき2つのポイント

収益物件を高く売却するために事前にやっておくべき2つのこと

不動産投資で収益物件を高く売るために事前にやっておくべきことは何でしょうか?

誰しも自分の物件は高く売りたいと思っていると思いますが、収益物件の価格は基本的には利回りで決まります。

  • より利回りが高い
  • 入居率が高い
  • 収支が優良

という収益物件が売買市場で好まれる傾向が強いことは否めません。

そのためには、

  • 家賃を簡単に下げない
  • 見た目を少しでも綺麗に見せる

の2つのポイントを普段から心がけておくことが大切です。

この記事では、不動産投資で収益物件を少しでも高く売却したければ事前にやっておくべき2つのポイントをご紹介します。

続きを読む

不動産投資で物件購入時に価格を割り引いて考えて割安に購入しておきたい収益物件3つのパターン

購入時に気をつけたい収益物件3つのパターン

これは絶対に購入をやめておくべきという収益物件のポイントはあるのでしょうか?

基本的には価格次第でどのような収益物件でも購入の検討は可能だといえます。

収益物件購入を検討する上で、ほとんどのデメリットは価格に換算可能だからです。

まったく需要のない空室だらけの収益物件はいくら表面利回りが高くても購入を検討することは難しいです。

しかし入居需要さえあれば家賃を適正価格まで下げれば埋まることも多くあります。

収益物件の購入を検討する段階で最初にフィルターをかけ過ぎてしまうのはどうかと思います。

そしてせっかく物件の紹介を受けても、あれはダメこれはちょっとということを不動産会社の営業マンに伝えすぎていると、物件が出ても紹介を受けられなくなりやすいので大変もったいない状況になります。

この記事では、不動産投資で物件購入時に価格を割り引いて考えて割安に購入しておきたい収益物件3つのパターンをご紹介します。

続きを読む

不動産投資は会社員でもできる?実は不動産投資は会社員の投資に向いている2つの理由

不動産投資が会社員に向いているたった2つの理由

不動産投資は本当に一般の会社員でもできるのでしょうか?

実は不動産投資は忙しい会社員の投資としてはむしろ向いているといえます。

本当に本業の会社勤めをしながら不動産投資などができるのか?と疑問に思われるかもしれません。

しかしむしろ本業が忙しすぎて、株やFXなどの投資を断念したというぐらいの会社員の人の方が実は不動産投資が合っているといえます。

この記事では、不動産投資が会社員の投資に向いている2つの理由をご紹介します。

続きを読む

不動産投資の火災保険で水濡れ補償を付けておけば漏水などの損害まで補償されるのをご存知ですか?

今すぐ確認!高確率で発生する『水濡れ』補償は100%必須

不動産オーナーが加入する火災保険で『水濡れ』の補償特約は付けているでしょうか?

水濡れの被害は、実は災害も含めてすべての被害の中で一番高い確率で発生しうるリスクといえます。

なので火災保険でカバーしておくといざというときに安心できます。

掛けている火災保険に水濡れ補償が入っているかは必ず確認して下さい。

そしてもし水濡れ補償に入っていなければ追加で入るか、掛けている保険に水濡れ補償がないような場合は違う保険会社の保険を考えることも必要です。

この記事では、火災保険の水濡れ補償についてまとめたものをご紹介します。

続きを読む