不動産投資の融資におけるメガバンク・地銀・信金・ノンバンク系など各金融機関の一般的な融資基準について

メガバンク・地銀・信金・ノンバンクなどの融資基準について

不動産投資の融資においてメガバンクや地銀・信金、ノンバンク系などの金融機関によって融資基準は大きく違うのでしょうか?

一般的にメガバンクは不動産投資に対する融資のハードルが高く、地銀や信金は地域密着、ノンバンク系は融資の難易度は下がりますが金利が高めという傾向があります。

不動産投資の融資を受けるためには、各金融機関の特徴を知り、それに合った収益物件を持ち込む必要があります。

不動産投資の融資に対する各金融機関の姿勢は融資を申し込んだ個人に対する評価やタイミングによっても大きく変わってくるので例外は必ずあります。

また、同じ金融機関でも、支店や担当者によって審査結果が大きく変わることもあります。

しかし、金融機関ごとの基本的な融資しせいを押さえておかないと、やみくもに融資の打診をして失敗を重ねることになるので注意が必要です。

この記事では、不動産投資の融資におけるメガバンク・地銀・信金・ノンバンク系など各金融機関の一般的な融資基準についてご紹介します。

続きを読む

不動産投資で収益物件の管理を安心して任せられる良い管理会社を探すための外せない2つのポイント

収益物件の管理を任せられるいい管理会社を探す2つのポイント

不動産投資で収益物件の管理を安心して任せられるような良い管理会社を探す方法はあるのでしょうか?

収益物件の管理を任せられる良い管理会社を探す方法を確立させることは不動産投資で成功するためには必須です。

サラリーマンや公務員の人で仕事をしながらさらに保有物件を自分で管理するという人もいますが時間的にも物理的にもあまりお勧めできません。

不動産投資の良いところは、

  • 集金管理
  • 問合せ対応
  • 清掃

などの業務をアウトソーシングして他の人に任せられるところにあるからです。

この不動産投資のメリットを享受せず、経費を安くするためという理由で手間をかけるのは本末転倒になりかねません。

この記事では、不動産投資で収益物件の管理を安心して任せられる良い管理会社を探すための外せない2つのポイントをご紹介します。

続きを読む

不動産投資で収益物件を託す管理会社を選ぶ際の3つのポイントとダメな管理会社の特徴

収益を最大化するPM・賃貸管理会社の選び方と注意事項

不動産投資で収益物件の管理会社を選ぶ際に、大手や有名な会社であれば安心できると考えて安易に管理委託してしまってはいないでしょうか?

管理会社が大手で有名だからといって必ずしも思い通りに管理業務を行ってくれるわけではありません。

大手であるがゆえに、融通が利かなかったり制約があったりすることもあります。

管理戸数の膨大さから、機械的に処理されていると感じているとお聞きすることもあります。

この記事では、

  • 不動産投資パートナーでもある不動産管理会社を選ぶための重要なポイント
  • 管理委託契約を締結する際の重要なポイント

をご紹介します。

続きを読む

サラリーマンや公務員が不動産投資で変な収益物件をつかまされて失敗してしまっているたった1つの理由とは?

会社員投資家が変な収益物件を買って失敗するたった1つの理由

サラリーマンや公務員の方が不動産投資で変な収益物件を買って失敗しないためには一番何に気をつけるべきなのでしょうか?

不動産投資で最初からダメだとわかりきっている収益物件を買う人はまずいません。

なので自分が不動産投資で購入した収益物件が失敗だったかどうかというのは、実際に購入して不動産投資として運用してみてから徐々に判明することになります。

不動産投資において自分が意図しない収益物件を買って失敗してしまうのは、収益物件購入時の地元の賃貸不動産会社へのヒアリングが足りていないことがすべてといっても言い過ぎではありません。

特にサラリーマンや公務員の方は不動産投資において場数を踏んでいるわけではありませんのでついつい収益物件を紹介してきた不動産会社に言われるままになってしまう傾向が強いといえます。

この記事では、サラリーマンや公務員が不動産投資で変な収益物件をつかまされて失敗してしまっているたった1つの理由をご紹介します。

続きを読む

不動産投資の5つの目的別の収益物件の選び方まとめ【①副収入②貯蓄③生命保険④節税⑤相続税対策】

収益不動産の物件選び運用目的別5つのポイント

収益物件を取得する際に、その運用目的を明確にして目的に合った収益物件を選択しているでしょうか?

収益物件の運用で利益を最大化させるためには、運用目的をはっきりさせてその目的に合致した収益物件を取得するべきです。

収益物件の運用目的は大きく分けて、

  1. 副収入としての運用
  2. 貯蓄としての運用
  3. 生命保険としての運用
  4. 節税としての運用
  5. 相続税対策としての運用

の5つに分類されます。

このそれぞれの運用目的に応じて取得するべき収益物件は異なってきます。

この記事では、不動産投資の5つの目的別の収益物件の選び方まとめ【①副収入②貯蓄③生命保険④節税⑤相続税対策】をご紹介します。

続きを読む

サラリーマンや公務員の不動産投資で新築アパート不動産投資を選ぶメリットとデメリット

会社員の新築アパート投資のメリットとデメリット

サラリーマンや公務員で不動産投資を検討されていて中古収益物件の利回りが低下してくると、新築アパートを購入して不動産投資を始めることも選択肢の一つになってきます。

新築アパートでの不動産投資は安定的に運用できるので取り組みやすい反面、デメリットもあります。

土地から仕入れて設計士と一緒に図面を描き、イチからすべての計画に関与するようなセミプロの人がいる一方で、新築アパートを購入て不動産投資を始めようと考える多くの人は不動産会社が立てた建築プランにそのまま乗るような形で取り組んでいます。

初心者で土地から仕入れてイチからすべて計画して取り組むのは困難ですが、不動産会社の建築プランに乗る場合でも収益性は物件によって大きく異なるので、立地と価格のバランスが取れた物件選びが重要になります。

この記事では、サラリーマンや公務員の不動産投資で新築アパート不動産投資を選ぶメリットとデメリットをご紹介します。

続きを読む

不動産投資の節税面でのメリットである損益を法人だけでなく個人所得とも損益通算できる事例

収益物件の損益は法人だけでなく個人所得とも損益通算できる

不動産投資で収益物件の運用による節税効果が得られるのはなぜかというと、収益物件の運用による利益や損失を他の所得と通算できるからというのが理由です。

しかも、法人だけでなく個人所得とも通算できるといいう点が、他の金融商品などにはない収益物件の大きな利点です。

生命保険やリース商品などでは赤字は計上できますが、損益通算できるのは原則として法人で運用した場合のみに限定されます。

この記事では、不動産投資の節税面でのメリットである損益を法人だけでなく個人所得とも損益通算できる事例をご紹介します。

続きを読む

会社経営者が不動産投資の利益を最大化させるための売却タイミングは本業の損失が出るときがベストな理由

オーナー経営者が利益を最大化させるのに最適な売却タイミング

自分で会社を経営しているオーナー会社経営者にとっての不動産投資での収益物件の最適な売却タイミングはいつなのでしょうか?

オーナー会社経営者が節税目的で収益物件を運用し減価償却が終わって満室の場合などには、そのまましばらくインカムゲイン狙いでの長期保有も悪くないでしょう。

しかし不動産投資においてはいずれは収益物件を売却して利益を確定することになります。

その売却のタイミングはオーナー経営者ならではなのですが、本業の損失が出るときに収益物件を売却することがベストなタイミングとなります。

この記事では、オーナー会社経営者が不動産投資の利益を最大化させるための売却タイミングは本業の損失が出るときがベストな理由についてご紹介します。

続きを読む

サラリーマンや公務員の不動産投資ではキャシュフローが出て売却しやすい収益物件を買う重要性

会社員がキャシュフローが出て売却可能な物件を探す重要性

サラリーマンや公務員の不動産投資ではどのような収益物件を狙うのが良いのでしょうか?

当然ながらそれぞれの不動産投資家にとって良い収益物件の定義は異なります。

しかし、資産を持たないサラリーマンや公務員が不動産投資に取り組んで収益を上げていこうとすれば

  1. キャッシュフローが出る収益物件
  2. 売却するのに困らない収益物件

の2つの条件を満たした収益物件を買うべきです。

この記事では、サラリーマンや公務員の不動産投資ではキャシュフローが出て売却しやすい収益物件を買う重要性についてご紹介します。

続きを読む

損害保険と分散投資による火災や地震に対する不動産投資の2つのリスクヘッジ対策法

火災や地震に対する不動産投資の2つのリスクヘッジ

火災や地震に対する不動産投資のリスクヘッジはどのように考えればよいのでしょうか?

日本は地震大国であり、2011年に発生した東日本大震災以降も大規模な地震が発生する可能性を多くの専門家が指摘しています。

火災はもっといつ発生するかも分からないので、不動産投資を行う上で火災や地震の懸念を完全に排除することはできません。

しかしながら、

  • 損害保険
  • 分散投資

による適切な対策を講じることで、不動産投資において火災や地震に対するリスクヘッジを行うことは十分可能です。

この記事では、損害保険と分散投資による火災や地震に対する不動産投資の2つのリスクヘッジ対策法をご紹介します。

続きを読む