不動産投資を始める前に不動産投資家が知っておくべき3つのリスクとそれに対するリスクヘッジ方法

会社員が考えるべき3つの不動産投資リスク

不動産投資でリスクといわれるものはどのようなものがあるでしょうか?

  • 家賃を下げないと入居者が決まらない
  • 家事や地震による建物の損害
  • 入居者の家賃滞納

など、様々なリスクが考えられますが、シンプルに考えると不動産投資のリスクは、

  • 家賃収入が減る
  • 出費で支出が増える

どちらかかもしくはその両方です。

つまり、不動産投資のリスクは収支が回らなくなることのリスクに集約されるといえます。

この記事では、不動産投資を始める前に不動産投資家が知っておくべき3つのリスクとそれに対するリスクヘッジ方法をご紹介します。

続きを読む

不動産投資で収益物件を仕入れる際にいざというときに売り抜けやすい収益物件を見極めて購入するには?

収益不動産の立地と利回り・土地代・流動性との関係

不動産投資においていざというときに売りやすい収益物件とはどのような収益物件なのでしょうか?

一言でいうと流動性の高い収益物件のことです。

ここでいう流動性とは投資商品の売買のしやすさを表す言葉です。

公の市場で売買される株などの金融商品は流動性が高く、逆に不動産のように売り手と買い手が相対で売買交渉をするような商品は流動性が低くなるのが一般的です。

そして、収益物件の流動性は、その物件の立地と利回り、土地代などの密接な関係があります。

この記事では、不動産投資で収益物件を仕入れる際にいざというときに売り抜けやすい収益物件を見極めて購入する方法についてご紹介します。

続きを読む

不動産投資での名義設定のポイントは不動産投資の3つの目的①副収入②節税③生命保険に合わせて選択すること

運用の目的に応じて収益物件の取得主体を選択するポイント

収益物件を取得する際の取得主体すなわち不動産の名義を誰にするかをきちんと考えて購入しているでしょうか?

取得主体である不動産の名義は、収益物件を購入したあとでは簡単に変えることはできません。

  • 個人で取得する
  • 法人で取得する
  • 家族名義で取得する

など、取得主体である不動産の名義は収益物件の運用の目的に応じて考えて決める必要があります。

この記事では、不動産投資での名義設定のポイントは不動産投資の3つの目的①副収入②節税③生命保険に合わせて選択することについてご紹介します。

続きを読む

サラリーマンや公務員の副業の不動産投資ではキャッシュフローで本業年収の半分あれば安心な理由

税引き前キャッシュフローで本業年収の半分を目指すと良い理由

不動産投資での収益物件の運用で発生するインカムゲインでの副収入は、本業での収入が途絶えた場合のスペアタイヤとしての役割があります。

昔とは異なり現在の会社経営者は、今は良いけれど来年は事業がどうなるかわからないというのが実情だと思います。

これだけ経済の流れがめまぐるしく速くなっている現在においては、いつ何時会社の業績が悪化し最悪の場合倒産してしまってもおかしくはありません。

また、自分自身がいつ病気やけがをして仕事ができなくなるかもわからないのです。

またサラリーマンにおいてもいつ会社からの給料が出なくなってもなんとかなるような態勢を取っておくことは非常に大切です。

そのもしもに備えるために、収益物件を運用して賃料収入で副収入が入る仕組みをつくっておくことが非常に有効なのです。

この記事では、サラリーマンや公務員の副業の不動産投資ではキャッシュフローで本業年収の半分あれば安心な理由をご紹介します。

続きを読む

不動産投資で収益物件の投資回収を早くするための2つの重要なポイントは高い実質(NET)利回りと節税対策

収益物件の投資回収を早くするための2つの重要なポイント

不動産投資で収益物件の投資回収を早くするためにはどうすればいいのでしょうか?

不動産投資で投資した資金の投資回収を早めるためには、

  • 実質(NET)利回りを上げる
  • 税金のコントロール(節税対策)

の2つのポイントがあります。

不動産投資の投資回収額とはあくまでも純収入です。

そして純収入とは売上である賃料収入から諸経費を差し引いて、かつ税金を支払った後に手元に残る手取り収入のことです。

この賃料収入から諸経費を差し引いて税金を支払ったあとに手元に残る正味の純収入を増やすことで不動産投資に投資した資金の投資回収が早く進むということです。

この記事では、不動産投資で収益物件の投資回収を早くするための2つの重要なポイントは実質(NET)利回りと税金のコントロール(節税対策)の合せ技にあることについてご紹介します。

続きを読む

社長や会社経営者で本業とは別に不動産投資をしている人が多い3つのなるほどな理由

会社経営者に収益物件の運用が向いている3つの理由

会社経営者で本業以外に不動産投資で収益物件の運用を行っている人が多いのはなぜなのでしょうか?

それは会社経営者に収益物件の運用での不動産投資は非常に向いている投資先といえるからです。

投資先としては、収益物件の他にも、株や投資信託、金などといった金融商品があります。

また、収入を増やすためであれば本業以外に例えば飲食店を手掛けるという選択肢もあります。

どちらが良い悪いという話ではなく、目的に応じて使い分けることが大切です。

ではなぜ収益物件がおすすめなのか、この記事では、社長や会社経営者で本業とは別に不動産投資をしている人が多い3つのなるほどな理由をご紹介します。

続きを読む

不動産投資を始めるに不動産投資初心者であれば頭金用のキャッシュはいくらくらい用意すればいいのか?

会社員が不動産投資を始めるのに頭金はいくら必要か?

初心者が不動産投資を始めるのに頭金はいくらくらい用意すればいいのでしょうか?

不動産投資で数千万円規模の収益物件を購入するのであれば、頭金としての自己資金は最低でも300万円程度は用意しておきたいところです。

もちろんそれより自己資金は多いに越したことはありません。

ただし頭金として自己資金をすべて使い切ってしまうとその後の運営に支障をきたす場合がありますので注意が必要です。

この記事では、不動産投資を始めるに不動産投資初心者であれば頭金用のキャッシュはいくらくらい用意すればいいのか?ついてご紹介します。

続きを読む

不動産投資の収益物件の仕入れでいつも成功する人といつも失敗する人の行動力と考え方の大きな違いとは?

不動産投資に成功しやすい会社員に共通する3つの行動特徴

不動産投資に向き不向きはあるのでしょうか?

不動産投資に性格の向き不向きはないと思いますが成功している人に共通する特徴はあります。

生まれ持った性格の向き不向きはあまりないものの不動産投資で成功する人は思考面・行動面において共通的な特徴があるのも事実です。

それは次の3点です。

  1. 行動量が多い
  2. 選択基準をしっかり持っている
  3. 意思決定が早い

また不動産投資は多かれ少なかれ融資を受けて借金をする必要あるので

  • 借金に対して必要以上にリスクを感じる
  • 借金に対して論理を超えた抵抗感を覚えたりする

などの人は強いて言えば不動産投資には向かないと思いますのでやめたほうがよいとは思われます。

この記事では、不動産投資の収益物件の仕入れでいつも成功する人といつも失敗する人の行動力と考え方の大きな違いについてご紹介します。

続きを読む