一括請求・代位弁済された

横浜信用保証から代位弁済の通知が来たらすぐにやるべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
横浜信用保証から代位弁済の通知が来たらすぐにやるべきこと

横浜信用保証から代位弁済の通知が来たらどうすればいいのでしょうか?

横浜信用保証は地銀である横浜銀行系列の信用保証会社です。

横浜銀行で住宅ローンを借り入れる際の条件として、横浜信用保証の保証が受けられる方(審査条件を満たす方)というのが指定されていました。

横浜銀行で住宅ローンを借入していて、もし住宅ローンを滞納するといずれは横浜信用保証が代位弁済することになります。

登記簿謄本の債権者の名義が横浜信用保証となっているのはこのためです。

横浜信用保証から代位弁済の通知が来たらすぐにやるべきこと

横浜信用保証は地銀である横浜銀行の系列の信用保証会社です。

住宅ローンを滞納してから概ね6ヵ月程度で代位弁済を行います。

横浜信用保証が代位弁済を行うまでは、横浜銀行の住宅ローンを貸し出した支店の担当者が窓口となります。

そしてその間は残債額を下回る金額での任意売却には応じてもらえません。

その間に売却する場合はあくまで住宅ローンの残債の完済が抵当権抹消の条件となります。

なので、その期間は妥当な金額で売買契約を結んだとしても、横浜信用保証は絶対に抵当権を抹消してくれませんのでご注意ください。

売買契約をするのは自由なのですがこの状態では決済ができません。

逆に良い値段で買い手がついたからといって、代位弁済していない段階で横浜信用保証に早く抹消しろと要求すると、勝手なことをしてと横浜信用保証からの印象は悪くなる一方ですので注意が必要です。

横浜信用保証が代位弁済したあとは横浜信用保証が債権者となり、横浜信用保証自ら任意売却の窓口となります。

住宅ローンを滞納して、横浜銀行の貸し出し担当者とやりとりをしているうちに横浜信用保証から代位弁済しますよという通知が届きます。

そのタイミングで横浜信用保証に任意売却をしたい旨を伝えれば、代位弁済を待って任意売却をスタートすることになります。
 

任意売却を行う際は横浜信用保証が任意売却の窓口となる

横浜信用保証が代位弁済したあと、横浜信用保証自ら任意売却の窓口となります。

ただ、横浜信用保証内での担当は変わることが多いです。

代位弁済までと代位弁済後で担当者が変わります。

代位弁済後の担当者と任意売却の協議を行うことになります。

任意売却へのスタンスは案件による・・・としか言いようがありません。

横浜信用保証が競売でいくと決めたら、任意売却では応じてもらえずただただ競売を待つということもありました。

当初は任意売却で進めると言っていたが、突然競売を並行にしたりその後の任意売却を認めないということもありました。

なので横浜信用保証は債権者としては任意売却に取り組みにくいというか、任意売却できるかどうかに注意が必要な債権者です。

任意売却を申し出た時点でも任意売却をしないということもありました。

特に任意売却で買主を付けてから横浜信用保証が方針転換すると、買主とのトラブルに発展します。

その当事者はもちろん売主である債務者となります。

住宅ローンの滞納で大変でやっと任意売却ができると思ったら、また買主とトラブルになったりします。

任意売却の経験実績が多く慣れた任意売却業者を使って、ある程度横浜信用保証の任意売却の担当者と面識のある場合の方が任意売却をまとめやすいかもしれません。

初心者の任意売却業者ではかなり苦戦すると思います。

また任意売却の抹消に応じるラインを横浜信用保証からは言わないため買主からの買付申し込みをもって配分調整をして抹消に応じるかどうかを検討してもらう必要があります。

任意売却を行う不動産業者泣かせの債権者だといえます。慣れた不動産業者の担当者に頼まないと任意売却を失敗する可能性が高くなります。
 

おわりに

  • 横浜信用保証は横浜銀行系列の信用保証会社で、横浜銀行で住宅ローンを借入する際には必ず横浜信用保証が保証に入る形をとる。
  • 横浜信用保証の任意売却に対するスタンスは案件によるので注意が必要な債権者だといえる。任意売却を受け入れずに競売を行うこともある。また、任意売却をしていて突然競売に方針変更する場合もあった。任意売却の際は横浜信用保証の方針変更がもとで買主ともトラブルにならないように注意する。
  • 横浜信用保証が債権者の場合は任意売却に慣れた不動産業者の方がスムーズに行く可能性が高い。

住宅ローン返済トラブルのお悩みを1日も早く解決させたいあなたへ。

住宅ローンの返済が苦しくても誰にも相談できずあなたひとりで抱え込んで悩まれていませんか?


◎住宅ローンが払えなくなりそう

◎住宅ローンを延滞・滞納してしまった

◎一括請求・代位弁済されてしまった

◎家が競売になりそう

◎離婚するが住宅ローンが残っている


などなど、住宅ローンの返済問題のご相談は誰にでも気軽に相談できることではないということは今まで全国からの1000件以上のご相談を承ってきた私の経験からも痛いほどわかっています。


しかし、誰に相談したらいいのか分からないからといって問題解決を先送りにしていると時間だけが過ぎてしまい、あなたの状況はさらに悪化してしまうでしょう。


インターネットでいろいろ調べても肝心なところは実際に相談してみるまでよくわからないというのが本音のところだと思います。そして実際に話を聞きに行ってしまうと断りにくいのではないかと心配されていたというご相談者様は非常に多いのです。


メールのみでの無料相談なので楽な気持ちでまずは今あなたがお困りのことを相談実績1000件以上のプロにお聞かせください。

ご相談は完全無料です。ご相談の秘密は厳守致します。一緒にあなただけの解決方法を考えていきましょう。


あなたにピッタリの解決方法を一緒に見つける

コメントを残す

*