不動産投資の金融機関からの借り入れは変動金利?固定金利?⇒基本は変動金利か短期固定金利の2択

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
金融機関からの借り入れは変動金利でいくか固定金利でいくか?

不動産投資での金融機関からの借り入れ時に、

  • 変動金利を選ぶべきか
  • 固定金利を選ぶべきか

で迷われたことはないでしょうか?

結論は基本的には、

  • 変動金利
  • 5年以内の短期固定金利

のどちらかを選ぶことをおすすめします。

この記事では、不動産投資での金融機関からの借り入れは変動金利でいくか固定金利でいくか?についての判断基準をご紹介します。

不動産投資の金融機関からの借り入れは変動金利?固定金利?⇒基本は変動金利か短期固定金利で

不動産投資で金融機関からの借り入れ時に、固定金利を選ぶべきか変動金利にするべきかという問題ですが、収益物件は未来永劫持ち続けるものではありません。

もちろん無理やり途中で売却する必要はありませんが、一定期間が過ぎたら売却して利益確定ができますし、また売らざるを得ない事情が発生することもあります。

離婚によって売らざるを得なくなってしまったということもあるでしょう。

 

不動産投資での金融機関からの借り入れでは変動金利か短期固定金利を選ぶ理由

現在の低金利から考えると将来の金利上昇リスクは確かにあるのですが、基本的には変動金利もしくは5年以内の短期固定金利を選ぶことをおすすめします。

これは金利上昇のリスクと、売却することで利益を確定できるのに売れないというリスクや売らざるを得ないリスクのどちらを取るかという問題です。

というのも、20年などの長期固定金利を組んだ場合は途中で売却しようとすると違約金が発生してしまうのです。

例えば、20年の長期固定金利で借り入れをしてその固定期間中に取得から5年目で売却したときに1000万円レベルの違約金が発生するということもあり得ます。

もっとも違約金は取得時の金利と売却時の金利、さらには借入期間等によって決まるので一概にはいくらとは言えませんが、超長期の固定金利は途中売却時の違約金リスクが高いのが事実なのです。

そして、違約金だけならその時のお金の話なので損したで済む話なのですが、金融機関によっては超長期の固定金利で取得した物件をあまりにも短期で売却すると、その後の融資の取り組みに支障をきたす場合があります。

つまり長期固定金利で借りていてあまりにも短期で返済してしまうと違約金を払ったとしてもその金融機関とはその後の取引に悪影響が出る可能性があるということです。

不動産投資を行っていて今後の収益物件の運用において、取引のある金融機関をひとつ失ってしまうということです。

これは不動産投資の規模を拡大したい場合には相当な痛手です。

なので、小回りがきくように金利上昇のリスクを取りながらも変動金利か短期固定金利で借り入れておくことが総合的判断としても妥当なのです。

 

まとめ

金融機関からの借り入れ金利は、

  • 変動金利
  • 短期固定金利

の2択がよいでしょう。

長期固定金利は、途中で売却した場合の違約金とその金融機関との今後の取引に支障が出る場合があるのであまりおすすめできません。

仮に長期固定金利で完済まで持つと決めていても何が起こるか分からないのが事業なのです。

売却せざるを得ないときや売却することで大きな利益が確定するような場面に遭遇しないとも限らないからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不動産投資セカンドオピニオン

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?

◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?
◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?
◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?
◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?
◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?
◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?

など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。

是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

SNSでもご購読できます。

★直近48時間内のページ閲覧数トップ9コンテンツ★

レオパレス物件が多く売りに出ていますが結構安いので買わなきゃ損?いやいやレオパレス物件は買ったら損?
木造アパートでの不動産投資を高収益化させて儲けるための不動産投資収支シミュレーション【新築・中古別】
FCR(総収益率)とは?不動産投資の収益物件の本当の利回りを見極める計算方法を知っていますか?
不動産投資で失敗しないための減価償却【総まとめ】不動産投資の節税対策は減価償却費抜きには語れない!
大阪方式(関西方式)の『持ち回り方式』は敷金などの『返還債務を引き継ぐ(持ち回る)』だけなので要注意!【更新】
不動産投資を法人化して公務員が副業禁止規定に絶対に引っかからないための資産管理法人設立時の注意点
不動産投資で収支シミュレーション計算書やレントロールによく使われる不動産投資指標トップ10を解説!
不動産投資で良い収益物件情報ばかりを仕入れている不動産投資家が普段からしている3つのすごいコト
不動産投資を法人化した際の損益分岐点と不動産投資の法人化でがっちり儲ける仕組みを構築する手順【更新】

コメントを残す

*