PM&リーシング

収益物件購入後の管理業務の引継ぎと管理会社の変更について

収益物件購入後の管理業務の引継ぎと管理会社の変更について

収益物件の購入後に管理業務の引継ぎをスムーズに行うにはどうすればいいのでしょうか?

管理会社を変更する場合は周到な準備が必要になります。

収益物件を購入後、管理会社を変更しないのであれば今までどおりそのまま管理業務を任せながら、改善が必要な点を随時指摘するようにします。

しかし、空室が多い状態で売りに出されている収益物件の管理会社は、

  • 管理状態が悪い
  • 入居者募集が得意でない

などの場合も多く、その場合は所有権移転が行われたタイミングで管理会社を変更する必要が出てきます。

この記事では、収益物件購入後の管理業務の引継ぎと管理会社の変更についてご紹介します。


管理業務の引継ぎや管理会社の変更には事前準備が必要

管理会社を変更する際にまずやるべきことは、入居者に対して家賃の振込先の変更通知を行うことです。

そのため、少なくとも決済の1週間前までには新しい管理会社と打ち合わせを行い、決済のタイミングで各入居者に通知が行くように、前の管理会社と協力して手配する必要があります。

管理会社の変更以外にも、共用部の水道・電気・物件の清掃などについても契約を行う必要があります。

水道・電気などの公共料金については、契約を引き継ぐのではなく、売主が解約手続きをして買主が入る手続きを別々に行います。

清掃業務については管理会社に任せてしまうか、自分で手配するのかを決めることになります。

空室や共用部のリフォームが必要な場合は、決済が完了した直後から工事が可能です。空室のリフォームはできるだけ早く行ったほうが、その分募集を早く開始することができるので、機会損失のロスを最小限にとどめることができます。

リフォームの見積もりを取るために空室内に入るだけであれば所有権移転前からできることも多いので、事前に売主と交渉して、リフォーム会社に現場を内見させることができれば、その後の対応が早くなります。

所有権移転前にリフォームの見積もりが出ていれば、所有権移転直後からリフォームの工事に入ることができるので、募集開始までのタイムラグを最小限に短縮することができます。

まとめ

収益物件購入後の管理業務の引継ぎや管理会社の変更は、事前の準備が重要です。

決済前にもできることはできるだけ早めに済ませておくことで、決済後に所有権移転したタイミングですぐに次のアクションに移れるからです。

そうすることで、賃貸募集の機会損失を最小限にとどめることができるようになります。

特にリフォーム工事などは、売買契約後に決済までの間で売主に協力してもらって見積もりを取っておくことで、決済後にリフォームに取り掛かるまでのスピードが格段に違ってきます。

収益物件のオーナーとして、少しでも機会損失を少なくする経営努力を所有権移転前から行っておくことが大切です。

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

無料相談:不動産投資のセカンドオピニオンサービス

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?


◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?

◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?

◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?

◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?

◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?

◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?


など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。


是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

【免責事項】

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。
本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

コメントを残す

*