任意売却に向いている不動産と任意売却に向いていない不動産の大きな違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
任意売却に向いている物件と任意売却に向いていない物件

どのような不動産物件であっても任意売却できるのでしょうか?

答えは残念なからNOです。

任意売却に向いている向いていないを考えるには、担保物件として抵当権をつけるのが適切なのかどうかという日頃の金融機関のローン審査基準がひとつの参考になります。

担保に取った不動産物件は万が一の際には売却して換価しなければいけませんので、担保物件として適切であれば任意売却にも向いているはずなのです。

この記事では、任意売却に向いている物件と任意売却に向いていない物件についてご紹介します。

任意売却に向いている不動産と任意売却に向いていない不動産の違いとは?

一般的にはどのような不動産物件が担保に向いているのでしょうか?

金融機関が不動産を担保として取る際に、

  • 安全性
  • 確実性
  • 流動性
  • 経済性

のある物件が担保不動産として向いている物件だといわれています。

金融機関の担保としてはふさわしくない不動産物件はその裏返しです。

そしてその基準はそのまま任意売却に向いているか向いていないかの基準にもなるのです。

 

任意売却に向いている不動産

任意売却に向いている物件はすなわち金融機関の担保としてもふさわしい物件だといえます。

  • 住宅系の物件
    住宅系の物件は市場の流通量も多く購入希望者も多く見込まれるため任意売却にも向いているといえます。
    ・戸建住宅・テラスハウス(連棟物件)
    ・分譲マンション
    ・店舗付住宅
    などが当てはまりますが、戸建住宅と分譲マンションが最も売却しやすいです。
    基本的に現所有者が買っているのであれば買いたいという人がいる確率はぐっと上がると考えます。
    不動産の売却は何十人何百人に売るわけではなく、その不動産を買いたいという人をたった1人だけ見つければよいからです。
  • 収益系の物件や事業用物件
    収益系の物件や事業用物件も市場の流通量があり、利回り物件として不動産投資を行っている人からの一定の重要があります。
    ・一棟もののマンションやアパートやビル
    ・区分所有のマンションやビル
    ・賃貸中の戸建住宅やテラスハウスや店舗付き住
    ・借地権付き建物
    ・工場や倉庫
    ・貸付地や駐車場
    などが当てはまります。
    任意売却になるということは前提として資金繰りが詰まっていることが多いので、しかるべきメンテナンスができていなかったり、保証金などの預り金を使い込んでいて継承できなかったり、そもそも入居者が出て行ってしまって新たな募集をすることもできていないなどの問題を抱えていることが多いのが収益系や事業用物件の任意売却の特徴です。

 

任意売却に向いていない不動産

任意売却に向いていない物件はイコール金融機関の担保にもふさわしくない物件だといえます。

任意売却に向いていない物件は、

  • 接道のない物件
  • 山林などで境界不明な物件
  • 市街化調整区域の農地
  • 保安林
  • 境内地や境内建物
  • 買戻特約や代物弁済予約の設定が入っている物件

などがあげられます。

共通していえることは、

  • 流動性が悪く売却そのものが難しい
  • 売却を阻害する要因がある

ということです。

このような不動産は任意売却はもちろん競売になったとしても買受人が見つからないことが多いです。

 

まとめ

任意売却に向いている物件とは金融機関にとっては担保としてふさわしい不動産物件です。

逆に任意売却に向いていない物件は担保価値がなく流動性にとぼしく換価もしにくいため担保にも向いていません。

任意売却を行う際には最初にそもそも任意売却ができる見込みがある不動産なのかどうかの確認も必要だということです。

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【全国対応】住宅ローン問題を解決したいあなたへ

ここまで読み進められたあなたは今もしかして住宅ローンの返済が厳しくて苦しい思いをされてはいませんか?

毎日毎日次の支払いをどうしようとかお金の工面のことで頭がいっぱいで日々苦しみ悩まれている方は非常に多くいらっしゃいます。

しかし住宅ローンの返済を含めてお金に関する様々な問題は専門的な知識と経験を持ったプロがきちんとした手続きを踏むことでたいていのことは解決できます。

今まで1000件以上の住宅ローン返済問題を解決させてきた経験からもそれは断言できます。

少しでもあなたの次の生活を立て直してお金の心配のない平穏な生活を取り戻して頂けるよう私は全力であなたのご相談にお応え致しております。

北海道から沖縄まで日本全国対応可能です。

まずはメールにてお気軽にご相談ください。


住宅ローン返済問題を解決する

SNSでもご購読できます。

★直近リアルタイム人気の記事★

貯水槽や浄化槽の点検費用を払い過ぎないために必ず把握しておくべき貯水槽や浄化槽の点検費用の目安と相場
日本政策金融公庫の不動産投資ローン・アパートローン8つの特徴と最新の融資動向
貸主側からの立ち退きの考え方と立ち退き料の相場と円滑な立ち退き交渉の最重要点
不動産投資で売却時に儲けを出すためにIRR(内部収益率)とNPV(正味現在価値)の関係性を理解する3つのポイント
差押えの抹消ポイントと差押え登記が入っている不動産の購入時の注意点
不動産投資で知っておくべき減価償却費のすべて【まとめ】(節税・融資・デッドクロス)
資産管理法人を設立した不動産投資の法人化で損をしないために不動産投資家なら知っておくべき全知識まとめ
不動産投資で知らないと大損する収益物件の修繕費と資本的支出の税務上の大きな違いを徹底比較
レントロールのプロ仕様の雛形を使っての不動産投資の収支計算総まとめ

コメントを残す

*