任意売却で不動産を売却することと任意売却したあとに残る残債の処理は分けて考えると任意売却はうまくいく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
任意売却で不動産を売却することと任意売却したあとに残る残債の処理は分けて考えると任意売却はうまくいく

任意売却で不動産を売却しようとしているということは普通に相場で不動産を売却できる金額よりもローンの残債のほうが上回っている状況だと思います。

よくあるケースですが

  • 売主が残債が残るのを嫌う
  • 不動産会社が任意売却のやり方を分かっていない

のどちらかもしくは両方が原因でかなりの長期間にわたって相場よりも高い価格で不動産の販売を続けているケースが散見されます。

そしてそうこうしているうちにいたずらに時間だけが過ぎていってしまい状況を悪化させてしまうのです。

住宅ローンの返済に問題がなく長期間かけてでもできるだけ高く売りたいという状況であれば可能性の追及としては悪くありません。

しかし住宅ローンの返済が厳しくなりそう、もしくはすでに住宅ローンの返済が厳しくなっていて滞納もしているという状況で時間を無駄にかけてしまうのは状況を厳しくしていくことになります。

そして最悪の場合は時間切れで競売になってしまうという結末が待っています。

この記事では、任意売却で不動産を売却することと任意売却したあとに残る残債の処理は分けて考えると任意売却はうまくいくという考え方をご紹介します。

任意売却で不動産を売却することと任意売却したあとに残る残債の処理は分けて考えると任意売却はうまくいく

任意売却で不動産を売却する時に真っ先に考えて欲しいこと

任意売却で不動産を売却する際に真っ先に考えて欲しいことがあります。

それは本人様とそのご家族の任意売却後の生活の再建のことです。

任意売却は不動産を売却する手段のひとつですが、その目的は本人様とそのご家族の生活を再建させることにあります。

競売で追い出されるように不動産を処理するよりも任意売却で計画的に売却して引っ越したほうが物理的にも精神的にも良いですし任意売却で不動産を売却したあとの生活の立て直しも早くなるのです。

よく、住宅ローンを貸してもらった金融機関に悪いからとか気が引けるからという理由でギリギリまで頑張りすぎてしまうケースがあります。

しかしギリギリまで頑張りすぎてしまうと手持ちの資金もすっからかんになって底をついてしまい、それこそ身動きが取れなくなってしまいます。

また、残債が残るのを嫌ってローンが全額返せるいたずらに高い金額で販売を続けているうちに手持ち資金が尽きてしまいうケースもあります。

そうするとそこから任意売却をしようとしても早めに計画的に任意売却を行った場合のようにうまくいかないことが多いです。

なので任意売却で不動産を売却する際は変な気兼ねをせず残債にとらわれずに、任意売却後の生活の再建に重きを置くことで建設的に進めていくことが可能となるのです。

 

残債の処理に関しては任意売却が終わったあとで考えても遅くない

任意売却のあとに残る残債を必要以上に恐れることはありません。

任意売却後の残債の処理方法としては、

  • 無理のない額で払っていく
  • 法的手段で整理する

の2通りに大きく分かれます。

ただしこれは任意売却で不動産を売却したあとにすぐに決めないといけないわけではありません。

任意売却で不動産を売却する条件として金融機関からは残債を分割で払って下さいと言われますのでそれには従う必要があります。

すぐに法的整理をするかどうか決めかねる場合は残債を分割で払っていきながら様子を見ることも可能です。

もしそれでやっぱり残債の支払いが重たいということであればそこで法的整理を検討すればよいということです。

任意売却で不動産を売却する前から残債をどうしようとか考えて止まってしまっている人が多いです。

しかしそもそも任意売却で不動産を売却する前には残債がいくらになるかが確定していないのです。

その段階で残債をどうしようかと考えすぎて時間をいたずらに使ってしまって生活の再建まで気が回らなくなってしまうと本末転倒なのです。

その間に払ったローンの支払いは任意売却しても戻ってきません。

結局グズグズ考えている間に時間もお金も無駄にして任意売却後の生活の再建が遅れてしまうのです。

こういうところまで相談にのってもらえる不動産会社はほぼ皆無なので仕方ないといえば仕方ないのですが、無駄に時間とお金を使った挙げ句に任意売却をして結果は同じになるというケースが多いです。

任意売却を行って結局同じ結果にたどり着くのであれば少しでも有利な状況でその結果を迎えるほうが任意売却の目的でもある生活の再建を有利に進めることにつながるのです。

 

まとめ

  • 任意売却で不動産を売却する際に真っ先に考えて欲しいことはご自身とそのご家族の生活の再建。
  • 任意売却で不動産を売却しなければならない状況ということは不動産を売却しても残債が残ることになる状況だが残債のことに気を取られすぎると任意売却自体がうまくいかずに本末転倒となってしまう。
  • 残債の処理に関しては任意売却で不動産を売却したあとで考え出してもタイミングとしては遅くはない。
  • どのみち任意売却で不動産を売却しないことには残債の金額も確定しないのだから任意売却を行うまえからクヨクヨ考えても無駄になることが多い。
  • 時間とお金を使って悩んでいるうちに状況は悪化してしまい結果的には任意売却を行って不動産の売却を行うのであれば、最初から無駄な時間とお金を使わずに生活の再建にその時間とお金を振り分けるほうが賢明な選択だといえる。

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【全国対応】住宅ローン問題を解決したいあなたへ

ここまで読み進められたあなたは今もしかして住宅ローンの返済が厳しくて苦しい思いをされてはいませんか?

毎日毎日次の支払いをどうしようとかお金の工面のことで頭がいっぱいで日々苦しみ悩まれている方は非常に多くいらっしゃいます。

しかし住宅ローンの返済を含めてお金に関する様々な問題は専門的な知識と経験を持ったプロがきちんとした手続きを踏むことでたいていのことは解決できます。

今まで1000件以上の住宅ローン返済問題を解決させてきた経験からもそれは断言できます。

少しでもあなたの次の生活を立て直してお金の心配のない平穏な生活を取り戻して頂けるよう私は全力であなたのご相談にお応え致しております。

北海道から沖縄まで日本全国対応可能です。

まずはメールにてお気軽にご相談ください。


住宅ローン返済問題を解決する

SNSでもご購読できます。

★直近リアルタイム人気の記事★

貯水槽や浄化槽の点検費用を払い過ぎないために必ず把握しておくべき貯水槽や浄化槽の点検費用の目安と相場
日本政策金融公庫の不動産投資ローン・アパートローン8つの特徴と最新の融資動向
貸主側からの立ち退きの考え方と立ち退き料の相場と円滑な立ち退き交渉の最重要点
不動産投資でエイブルやアパマンなど不動産賃貸仲介を行う管理会社を使う際に損しないための注意点
不動産投資で知っておくべき減価償却費のすべて【まとめ】(節税・融資・デッドクロス)
不動産投資で大阪方式(関西方式)の『敷金持ち回り』方式で収益物件の売買を行う際の注意点
不動産投資で収益物件を仕入れた初年度だけは経費で大きな赤字が出るので必ず節税できる2つの大きな要因
擁壁のほとんどが基準不適合!宅地造成工事規制区域で擁壁のある収益物件を買ったあとの擁壁工事は高額になるので注意する
不動産投資で売却時に儲けを出すためにIRR(内部収益率)とNPV(正味現在価値)の関係性を理解する3つのポイント

コメントを残す

*