任意売却と自己破産はどちらが先か?自己破産を考えている場合に不動産の任意売却は先にするべきか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
任意売却と自己破産はどちらが先か?自己破産を考えている場合に不動産の任意売却は先にするべきか?

住宅ローンの返済が苦しく自己破産を検討しているような場合に不動産は先に任意売却してしまった方がよいのでしょうか?

もしくは先に自己破産手続きを進めてしまったほうがよいのでしょうか?

結論から言うと自己破産する場合にも『先に不動産を任意売却』をしてしまった方が有利になるケースが多いです。

それは不動産などの資産を持ったまま自己破産の申立てをすると破産管財事件となるからです。

破産管財事件となると裁判所から破産管財人弁護士が選定されてその破産管財人弁護士が不動産の売却も含めて自己破産手続きを引き継いで進めていくことになるのです。

何が一番違うかというと同じ自己破産というゴールは変わらないのですが、それにかかる費用がまったく違うということです。

不動産を任意売却する前に先に自己破産手続きをする方が管財事件となり費用が高くなるのです。

この記事では自己破産を考えている場合に任意売却と自己破産手続きはどちらを先にするほうがよいのかについて考えていきます。

任意売却と自己破産はどちらが先か?自己破産を考えている場合に不動産の任意売却は先にするべきか?

基本的には自己破産をする場合は任意売却が先のほうがメリットが大きい

住宅ローンの返済が厳しい不動産を持っていて自己破産をする場合は基本的には任意売却を先にしてしまう方がメリットが大きいです。

その理由は、

  • 管財事件にならないため自己破産にかかる費用が安く抑えられるから
  • 任意売却をしている間に実質家賃無しで家に住めるので金銭的にも立て直しができるから

の2点です。

自己破産の申立て手続きに入る前に先に不動産を任意売却することで自己破産にかかる費用を安く抑えることができます。

それは管財事件になると裁判所から破産管財人弁護士が選定されて管財事件にかかる費用が別途かかってくるからです。

ゴールは同じ自己破産ですが不動産などの資産を持っている場合にそれを処分する順番が違うだけで手続きの費用が倍以上変わってくるのです。

なので可能であれば自己破産手続きに入る前に先に不動産を任意売却しておくべきです。

あともう一つ、不動産の任意売却手続きを先にしている間に実質家賃無しで今の家に住んでおくことで金銭的に手元のストックを増やして立て直すことが可能です。

その間に自己破産手続きの費用をためることもできますし、引越し費用や賃貸物件を借りるお金を工面することも出来るからです。

 

自己破産を相談する弁護士のスタンスによっても結果は変わる

自己破産を相談する弁護士によっても自己破産手続きの進め方のスタンスが違います。

破産管財人弁護士の選定をよく裁判所から受ける弁護士であれば、裁判所から仕事をもらえるわけです。

なので相談に来た債務者は即自己破産手続きをするほうが裁判所にもいい顔ができるため、すぐに自己破産手続きを進めようとすることが多いです。

逆に破産管財人弁護士に裁判所から選定されない弁護士であれば自己破産申し立ての前に先に任意売却をしたほうが費用が安くなりますとアドバイス頂ける可能性が高いです。

実は弁護士は数がものすごく多く、得意不得意も違えば今までの経験もそれぞれ違いますので、相談した弁護士によって手続きの進め方はまちまちになります。

自己破産に強く経験も多い弁護士であればいろいろな要望にこたえてくれるかもしれません。

逆に自己破産に強くなく経験もあまり無い弁護士であれば通り一辺倒に自己破産申立をすぐに進めようとするということです。

ここで問題なのは、今自分が相談しようとしている弁護士がどのようなスタンスなのかを事前に知るすべが無いというところにあります。

自己破産を相談する弁護士のスタンスと相談者の希望が食い違えばうまくいくものもいかなくなってしまうでしょう。

身内や知人などの身近な人で自己破産したことがある人がいるような場合を除いては、なかなか普通の人が自己破産しようとしても要望にぴったりな弁護士に巡り会えることは至難の業といえるかもしれません。

 

任意売却専門の不動産会社で自己破産に強い弁護士と連携して進められるところが強い

任意売却を多く取り扱っている不動産会社であれば自己破産に強い弁護士と連携できる可能性が高いです。

なぜなら、普段から任意売却を考えている債務者からの相談を受けて債務が多い場合に、普段から連携している自己破産や債務整理に強い弁護士を紹介して一緒に進めていくことが多いからです。

住宅ローンの返済が行き詰まって自己破産を検討しているのであれば、弁護士よりも先に信頼できる任意売却専門の不動産会社に相談したほうが結果的に相談者にとって最適な結果に導かれる可能性があるということなのです。

 

まとめ

  • 不動産などの資産を持っていて自己破産を検討している場合は先に不動産の任意売却をしたほうがメリットが大きい場合が多い。
  • 先に弁護士に依頼する場合は弁護士によって自己破産手続きを進めるスタンスが違うことを理解しておく。
  • 任意売却を多く取り扱っている不動産会社であれば相談者の要望にあった自己破産や債務整理に強い弁護士を紹介してくれて一緒に進めてくれるので意外におすすめ。
  • 相手が弁護士だからといって言われるがままに従う必要はない。
  • 大事なことを知らないことで損していることは多いので注意する。

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【全国対応】住宅ローン問題を解決したいあなたへ

ここまで読み進められたあなたは今もしかして住宅ローンの返済が厳しくて苦しい思いをされてはいませんか?

毎日毎日次の支払いをどうしようとかお金の工面のことで頭がいっぱいで日々苦しみ悩まれている方は非常に多くいらっしゃいます。

しかし住宅ローンの返済を含めてお金に関する様々な問題は専門的な知識と経験を持ったプロがきちんとした手続きを踏むことでたいていのことは解決できます。

今まで1000件以上の住宅ローン返済問題を解決させてきた経験からもそれは断言できます。

少しでもあなたの次の生活を立て直してお金の心配のない平穏な生活を取り戻して頂けるよう私は全力であなたのご相談にお応え致しております。

北海道から沖縄まで日本全国対応可能です。

まずはメールにてお気軽にご相談ください。


住宅ローン返済問題を解決する

SNSでもご購読できます。

★直近リアルタイム人気の記事★

貯水槽や浄化槽の点検費用を払い過ぎないために必ず把握しておくべき貯水槽や浄化槽の点検費用の目安と相場
日本政策金融公庫の不動産投資ローン・アパートローン8つの特徴と最新の融資動向
貸主側からの立ち退きの考え方と立ち退き料の相場と円滑な立ち退き交渉の最重要点
不動産投資でエイブルやアパマンなど不動産賃貸仲介を行う管理会社を使う際に損しないための注意点
不動産投資で知っておくべき減価償却費のすべて【まとめ】(節税・融資・デッドクロス)
不動産投資で大阪方式(関西方式)の『敷金持ち回り』方式で収益物件の売買を行う際の注意点
不動産投資で収益物件を仕入れた初年度だけは経費で大きな赤字が出るので必ず節税できる2つの大きな要因
不動産投資で売却時に儲けを出すためにIRR(内部収益率)とNPV(正味現在価値)の関係性を理解する3つのポイント
擁壁のほとんどが基準不適合!宅地造成工事規制区域で擁壁のある収益物件を買ったあとの擁壁工事は高額になるので注意する

コメントを残す

*