広い土地の任意売却ではそのまま任意売却するより分筆して宅地分譲することで早期に任意売却できた成功事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
土地の分筆売買での任意売却における担保解除料の交渉事例

担保不動産が任意売却でなかなか売れない場合にひと工夫加えると売れるようになり任意売却がうまく進む場合があります。

例えば担保不動産の処分を検討していると、一筆の一団の土地のままだと広すぎてなかなか処分できないものの、それを分筆して宅地分譲すると任意売却できるという物件があります。

この記事では、そのような広い土地の任意売却ではそのまま任意売却するより分筆して宅地分譲することで早期に任意売却できた成功事例をご紹介します。

広い土地の任意売却ではそのまま任意売却するより分筆して宅地分譲することで早期に任意売却できた成功事例

広い土地を分筆して宅地分譲することで任意売却の回収額を上げるという方法

債権者に対しての任意売却の提案で一団の土地を分筆し宅地分譲して回収の極大化を図るという青写真を描いた任意売却を専門に取り扱っている不動産業者が、

  • 担保権者の配分調整
  • 後順位担保権者担保解除料の調整

を行ったケースです。

【本事例の概要】

  • 担保不動産:約330坪の更地
  • 担保権
    第1順位:A銀行 根抵当権4000万円
    第2順位:B農協 根抵当権3000万円
  • 担保物件の評価
    ・現状有姿一括売買⇒2640万円
    ・分筆後分譲⇒330坪のうち30坪は道路とし、残り300坪を一区画50坪の6区画にて分譲すると、一区画の評価600万円×6区画で3600万円となる。

A銀行は不動産業者からの提案を受け、担保不動産からの債権回収の極大化を図るため、不動産業者の協力を仰ぎ担保不動産の所有者と交渉して、

  1. 担保不動産を分筆する
  2. 宅地分譲する
  3. 任意売却による回収

という青写真を描きました。

分筆や整地費用、不動産仲介手数料等の諸費用が400万円程度かかるものの、それでも全部売却すればA銀行は3600万円-400万円=3200万円の配当を得ることができ、一括して現状有姿で売却するよりも多額の回収ができることになります。

また、宅地分譲なのでローンを付けて販売することにより、新たなビジネスチャンスも生まれます。

 

分筆売買した場合の後順位担保権者との解除料の交渉

A銀行はこの青写真を持って不動産会社とともに担保解除料についてB農協との交渉に臨みました。

A銀行との交渉の中で、B農協は分譲宅地が一区画売れる都度30万円の解除料が欲しいと要求してきました。

しかし一区画30万円の解除料を支払うとなると6区画で合計180万円もの解除料となってしまいます。

そこで不動産会社とA銀行は、

  • もし一括売買すれば通常の解除料の相場では30万円〜50万円
  • 一区画の解除料を10万円で合計60万円でお願いできないか

という内容でB農協との交渉を行いました。

B農協は当初この案には難色を示していました。

ただよく考えてみると、A銀行もB農協も同じ地盤で営業する金融機関同士であり、ある意味お互い様であるといえます。

今後逆のケースがあった場合は、当然A銀行も協力するということで一区画10万円の解除料で了解を得るに至ったのです。

 

まとめ

このような『お互い様』の事例は、次のように先順位根抵当権に配当がありその担保権者が後順位で担保権を設定していたというケースにも当てはまります。

【配分案】

  • 配当可能金額:5000万円
  • 担保権者配当
    第1順位 K銀行 根抵当権3000万円 配当額3000万円
    第2順位 L農協 根抵当権3000万円 配当額1950万円
    第3順位 K銀行 根抵当権3000万円 解除料0万円
    第4順位 L農協 根抵当権3000万円 解除料0万円
    第5順位 O信用保証協会 根抵当権3000万円 解除料50万円

先順位で配当を受けた担保権者は、後順位で同一不動産に担保権を設定していたとしても、配当の見込みのない後順位の担保解除は解除料なしで解除するのが一般的なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

住宅ローン・不動産担保ローン・不動産投資ローンでお悩みのあなたへ

ここまで読み進められたあなたは今もしかして住宅ローンや不動産担保ローン、不動産投資ローンの返済が厳しくて苦しい思いをされてはいないでしょうか?

金融機関からの督促電話や通知が山のようにあり毎日毎日次の支払いをどうしようとかお金の工面のことで頭がいっぱいで日々苦しみ悩まれているのはあなただけではありません。非常に多くいらっしゃいます。

しかし住宅ローンや不動産担保ローン、不動産投資ローンの返済を含めてお金に関する様々な問題は専門的な知識と経験を持ったプロがきちんとした手続きを踏むことでたいていのことは解決できます。

今まで1000件以上の住宅ローンや不動産担保ローン、不動産投資ローンの返済問題を解決させてきた経験からもそれは断言できます。

少しでもあなたの次の生活を立て直してお金の心配のない平穏な生活を取り戻して頂けるよう私は全力であなたのご相談にお応え致しております。

全国対応可能です。まずはメールにてお気軽にご相談ください。


住宅ローン・不動産担保ローン・不動産投資ローンのお悩みをメールで解決する

SNSでもご購読できます。

★48時間以内アクセスランキング1位~9位★

FCR(総収益率)分析で本当に収益力のある不動産投資物件を数字で見極められる収支シミュレーション方法
不動産投資を法人化した際の損益分岐点と不動産投資の法人化でがっちり儲ける仕組みを構築する手順
エムユーフロンティア債権回収からハガキや配達証明(書留)の督促状がきたらどうすればいいのか?
レオパレス物件が多く売りに出ていますが結構安いので買わなきゃ損?いやいやレオパレス物件は買ったら損?
不動産投資を法人化して公務員が副業禁止規定に絶対に引っかからないための資産管理法人設立時の注意点
1物件1法人1金融機関スキームは不動産投資で有効な方法なのか?⇒隠さなければ節税対策でメリット大!
不動産投資で知らないと大損する修繕費と資本的支出の税務処理の違いと得する修繕費と資本的支出の使い分け方
不動産投資で貸主側からの立ち退きの考え方と立ち退き料の相場と円滑な立ち退き交渉のポイント
収益物件購入後の10年後のキャッシュフローを左右する修繕費積立額の目安と修繕計画作成のポイント

コメントを残す

*