不動産投資での収益物件選びは自分が住みたいかよりも利益が最大化できるかどうかを重要視するべき理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
自分が住みたいかよりも利益が最大化できるかどうかを重視する

不動産投資において収益物件を購入する際に自分自身も住みたいような収益物件を選ぶほうがよいのでしょうか?

答えはNO!です。

確かに自分自身が住みたいような収益物件は賃貸付けにも困らず有利に働く可能性は高いです。

しかし、収益物件を選ぶにあたっては利益の最大化という視点を絶対に外さないということが大前提となります。

この記事では、不動産投資での収益物件選びで自分が住みたいかよりも利益が最大化できるかどうかを重要視する必要性をご紹介します。

不動産投資での収益物件選びは自分が住みたいかよりも利益が最大化できるかどうかを重要視するべき理由

自分が住みたいかよりも利益が最大化できるかどうかを重視する

収益物件の運用における利益は、

◎利益=(売却金額-取得金額)+(収入-支出)

となります。

収益物件はあくまでサラリーマンや公務員やオーナー経営者が自身の所得や会社を守るためのツールとして活用するべきものです。

そのためには、このツールを用いて利益を最大化させる必要があります。

その一方で、収益物件は不動産です。

不動産を購入する際には、

  • 新しくてきれいなものが良い
  • おしゃれでモダンな建物が良い
  • 超都心にあるものが良い

などという買主の主観的な評価がどうしても入るものです。

しかし、収益物件は自分が住みたいかどうかよりも利益を最大化できるかどうかに基準を置いて判断するべきです。

このポイントを外してしまうと、成功する収益物件選びができなくなってしまう恐れがあります。

自宅は極論すれば自己満足の世界ですから、いくらお金をかけて自分好みの場所に好みの建物を建てても何の問題もありません。

しかし、不動産投資はあくまで採算性がすべてです。

たとえば、金融商品として株を買うときに、利益の最大化を狙うのであれば、自分自身の好みではなく、データに基づいて検証してそれに合った銘柄の株を購入するはずです。

不動産投資は『もの』が実際に目に見えるがために、どうしても購入時に主観が入りやすいのです。

たとえば家賃5万円の木造アパートを対象とした場合、自分の感覚だけでは絶対に良し悪しはわかりません。

自分から見ればボロボロに思えるような木造アパートにも一定の需要があることが想像できないのです。

生活レベルに応じて人が必要とし求めるものは異なります。

年収1億円のオーナー社長とフリーターで一人暮らしの人とでは生活環境がまったく違うということです。

 

まとめ

収益物件の運用は不動産を購入して行いますが、他の金融商品と同じように、採算性を高めて利益を最大化できるかどうかに基準を置いて購入を判断するべきです。

不動産はひとつひとつが別物で、新しくてきれいなものからボロボロのものまで千差万別です。

そこに買主の主観が入ってしまうと、新しくて採算性の悪い物件へと判断が傾きやすくなるということです。

まずは金融商品としてきちんと利益が出せるのかという基準で主観を外した状態で収益物件を選ぶ必要があるのです。

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産投資セカンドオピニオン

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?

◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?
◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?
◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?
◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?
◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?
◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?

など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。

是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

SNSでもご購読できます。

★直近リアルタイム人気の記事★

貯水槽や浄化槽の点検費用を払い過ぎないために必ず把握しておくべき貯水槽や浄化槽の点検費用の目安と相場
日本政策金融公庫の不動産投資ローン・アパートローン8つの特徴と最新の融資動向
貸主側からの立ち退きの考え方と立ち退き料の相場と円滑な立ち退き交渉の最重要点
不動産投資で知っておくべき減価償却費のすべて【まとめ】(節税・融資・デッドクロス)
不動産投資でエイブルやアパマンなど不動産賃貸仲介を行う管理会社を使う際に損しないための注意点
不動産投資で大阪方式(関西方式)の『敷金持ち回り』方式で収益物件の売買を行う際の注意点
不動産投資で収益物件を仕入れた初年度だけは経費で大きな赤字が出るので必ず節税できる2つの大きな要因
擁壁のほとんどが基準不適合!宅地造成工事規制区域で擁壁のある収益物件を買ったあとの擁壁工事は高額になるので注意する
不動産投資で売却時に儲けを出すためにIRR(内部収益率)とNPV(正味現在価値)の関係性を理解する3つのポイント

コメントを残す

*