相続対策

遺産相続で正と負の相続財産を把握しておくことの重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
プラスとマイナスの相続財産を把握しておくことの重要性

相続が発生した場合、相続人で遺産を分けるためには何が大切でしょうか?

まず何よりも、被相続人の財産がどこにどれだけあるのかを全て把握することが第一です。

そして遺産相続において正と負の相続財産両方を把握しておくことは、遺産分割だけでなく相続税の支払いのためにもできるだけ早い段階で把握しておく方が有利です。

この記事では、遺産相続で正と負の相続財産を把握しておくことの重要性をご紹介します。




遺産相続で正と負の相続財産を把握しておくことの重要性

遺産相続が発生すると、

  • 預金としてどこの銀行にどれだけあるのか
  • その他の金融資産はどれだけあるのか
  • 不動産資産としてどこにどんな物件があるのか

などの財産調査を行う必要が出てきます。

負の資産としての『借金』も負の相続財産として把握する必要があります。

相続財産には、

  • 現預金や不動産などの価値のある正の財産
  • 借金や債務などの負の財産

の両方が入ります。

負の財産分を正の財産から差し引いて計算する必要があるということになります。

そうしないと、正の財産だけが大きくなり、その分相続税の負担が大きくなってしまいますから借入などの負の財産も全てしっかり把握する必要があります。

もし負の財産が正の財産を上回っている場合には『相続放棄』という手続きを取らないと相続人は借金返済に追われることになります。

相続不動産の中でも一棟収益などでは基本的に購入時に借入をしていることが多いので事前に借入額を明確にしておかないと、相続人は慌ててしまうことになります。

相続人となる配偶者や子供が相続財産を正確に把握しているというケースはあまりありません。

そのため、本人が亡くなると正確に相続財産を把握するのが困難になることが多々ありこれがとても大変な作業となります。

相続財産の把握を予めしておき相続人にもわかる形で残しておくことが必要になります。

遺産相続における正の財産と負の財産とは?

遺産相続における正の財産

遺産相続において正の財産になるのは、

  • 現預金
  • 株式、国際、証券などの有価証券
  • 土地、建物などの不動産
  • 車、宝石などの動産
  • 著作権などの権利関係

などがすべて正の財産として扱われます。

遺産相続における負の財産

遺産相続において負の財産になるのは、

  • 借入金などの借金
  • 未払いの税金、未払いの家賃や医療費など
  • 保証債務

などが挙げられます。

保証債務について注意しなければならないのは、相続税の計算上で遺産総額から引くことができる債務控除には原則としてあたらないということです。

保証債務については、主たる債務者が弁済不能の状態にあって、保証人がその債務を履行しなければならない場合で、かつ、主たる債務者に求償権を行使しても弁済を受ける見込みのない場合には、その弁済不能部分の金額についてのみ債務控除の対象となります。

要するに、債務保証をしていた債務者が払えない債務を肩代わりして、債務者からも返してもらう見込みがないという場合です。

相続不動産の評価が重要になる

不動産(土地、建物)も誰かに貸している場合は、自分で100%利用できない不動産とみなして、相続税の算定の際は、その『自由にならない度合』分を差し引く必要があります。

また、借地人にとっても同じで、借地権という権利はそれ自体他人に譲渡できる財産権ですので評価しなければいけませんが、価値としてはそう高くないので、その分を差し引く必要があります。

地主側から見た貸宅地の評価としては、

『自用地評価額×(1-借地権割合)』

として計算します。

借地人側から見た借地権評価額としては、

『自用地評価額×借地権割合』

となります。

借地権割合は路線価に記載されていて、場所によって異なります。

相続財産の評価が下げられることは知っていても、いざ自分の保有物件がどこまで下がるのかを正確に把握することは、相続対策のシミュレーションをするまでは全く把握していないという人がほとんどです。

なので、不動産投資に使われている収益物件を正確に評価することが、相続財産評価にとってとても大切になります。



まとめ

  • 相続財産の把握はプラスの財産とマイナスの財産全てにおいて、事前に把握しておくことが重要になる。あとから相続人で調べるとなると、かなり大変な作業となる。
  • 相続財産を把握して作成した目録を、相続人がわかるようにしておくことが、相続対策のスタートとなる。
  • 不動産投資に使っていた不動産の評価は、貸家建付地として、特に土地の評価を大幅に下げられるので、これも事前にどのくらい評価を下げられるのかシミュレーションしておく。

あなたにおすすめの記事





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産投資セカンドオピニオン

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?


◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?

◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?

◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?

◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?

◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?

◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?


など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。


是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

★直近リアルタイム人気の記事★

コメントを残す

*