収益物件購入

まさか知らない人から買ってませんか?不動産投資で成功したいならまずは信頼できるパートナー探しから始めよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産投資で信頼できるパートナーからのアドバイスを受けているでしょうか?

不動産投資に限ったことではありませんが、自分がその道のプロフェッショナルではない場合は、信頼できるパートナーからのアドバイスを受けることはとても大切です。

不動産投資で失敗している人の傾向を見てみると、

  • セールス電話をかけてきた営業マンから買った
  • 物件を担当していた営業マンだけの話を聞いて買った

など、収益物件を買う段階で一人の営業マンだけからの情報で買ってしまっていることが多いのが特徴です。

もちろんそれで良い収益物件を買えた人もいるでしょう。

しかし圧倒的に多くの人はたった一人から売り込まれた情報をもとに収益物件を買うという判断をしてしまっているのが現実なのです。

この記事では、不動産投資で信頼できるパートナーを得ることの重要性についてご紹介します。

まさか知らない人から買ってませんか?不動産投資で成功したいならまずは信頼できるパートナー探しから始めよう

不動産投資は仕入れでつまづくとリカバリーが難しい

ご存知の通り不動産投資は仕入れでほぼ決まります。

つまり不動産投資がうまくいくかどうかは仕入れの成否が大きなウェイトを占めるのです。

なぜなら不動産投資は収益を生む不動産に働いてもらう投資だからです。

家賃収入をそれなりに得られていてもあちこち壊れて修繕費や維持費がかかるような粗悪な収益物件も同じです。

初期投資を上回る利益をその不動産が生み出さなければ不動産投資は赤字になってしまいます。

つまり不動産投資は仕入れでつまづくとリカバリーは相当難しいと覚悟することです。

不動産投資の仕入れでつまづくとリカバリーが難しいというのはプロの投資家や事業規模で大家業をしている企業でも同じです。

ハズレの収益物件を買ってしまった場合は損失を垂れ流さないために損切りするしかありません。

たとえ買った価格よりも大幅に安く手放すことになってもずっと赤字を垂れ流すよりはマシだからです。

しかし個人の場合は物件価格に対するローンの割合が高いケースが多いので損切りしたくてもできない場合も考えられます。

そうなると延々と赤字を垂れ流すことになりジリ貧になってしまうのです。

場合によってはローンの支払いさえままならなくなるケースも出てきてしまいます。

なので個人が不動産投資で収益物件を仕入れる際はより細心の注意が必要なのです。

 

不動産投資で信頼できるパートナーを得る重要性

不動産投資で成功するためには収益物件の仕入れが重要なウェイトを占めることは上記の通りです。

セールス電話をかけてきた営業マンの話だけを聞いて収益物件を買うというのは論外です。

なぜならセールス電話をかけてきた営業マンの目的はその物件を売ることだけだからです。

買った後のことは二の次でとにかく買えるかどうかを重視します。

特に頼んでもいないのに会ったこともない営業マンがわざわざ向こうから電話で紹介してくるような収益物件はほぼ100%の確率で良い収益物件ではありません。

不動産投資の目的は仕入れた収益物件が利益を出すことです。

ローンが組めて買えるからといってよく確認せずに買ってしまい後になって失敗したと思っても遅いです。

またポータルサイトなどで自分自身で収益物件を探していて不動産会社の営業マンから買おうとする場合も同じです。

収益物件の担当者である営業マンはその収益物件をなんとか買わそうとするでしょう。

こういうケースで信頼できるパートナーがいてその意見を聞けることは非常に大きいです。

営業マンは売るのがうまいので最初は疑いの目で見ていてもなんとなく良いのではないかと錯覚して契約してしまうこともあるからです。

その時にその場で結論を出さずに一旦持ち帰って信頼できるパートナーに相談すれば安心です。

営業マンは物件が売れてしまいますよと言ってくると思いますがそんなに売れる物件ならそこまで熱心に引き止める必要はないので、引き止めてくるということは苦戦している物件なんだなと考えて間違いないです。

そして一番いいのは信頼できるパートナーが紹介してくれる収益物件を買うことです。

多くの成功している不動産投資家や大家の仕入れルートはだいたい決まっています。

信頼できるパートナーからの紹介物件であれば下手なものは紹介されませんし、想定外のことが起こったとしてもパートナーとしてリカバリーやアドバイスをもらえるからです。

不動産投資で成功したければぜひ信頼できるパートナー探しから始めてみてください。

 

まとめ

  • 不動産投資で失敗している人の傾向として見ず知らずの初めて会った営業マンから買っていることが多い。
  • お互い見ず知らずであれば営業マンにも責任が発生しないためとにかく買わそうという力が働きやすくハズレの物件を買わされてしまうことが多い。
  • 不動産投資で成功したければまずは信頼できるパートナー探しから始めてみることが重要。

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産投資セカンドオピニオン

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?


◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?

◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?

◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?

◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?

◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?

◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?


など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。


是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

★直近リアルタイム人気の記事★

貯水槽や浄化槽の点検費用を払い過ぎないために必ず把握しておくべき貯水槽や浄化槽の点検費用の目安と相場
不動産投資の経費としての交際費の計上方法と交際費が税務調査で突っ込まれないための対策ポイント
日本政策金融公庫の不動産投資ローン・アパートローン8つの特徴と最新の融資動向
資産管理法人を設立した不動産投資の法人化で損をしないために不動産投資家なら知っておくべき全知識まとめ
不動産投資で知っておくべき減価償却費のすべて【まとめ】(節税・融資・デッドクロス)
レオパレス物件が多く売りに出ていますが結構安いので買わなきゃ損?いやいやレオパレス物件は買ったら損?
擁壁のほとんどが基準不適合!宅地造成工事規制区域で擁壁のある収益物件を買ったあとの擁壁工事は高額になるので注意する
不動産投資の滞納家賃に課税されるその前に滞納家賃の貸倒損失処理をなる早で行うための必須税務知識
不動産投資で売却時に儲けを出すためにIRR(内部収益率)とNPV(正味現在価値)の関係性を理解する3つのポイント

コメントを残す

*