滋賀保証サービスの特徴と任意売却の進め方の重要ポイント

滋賀保証サービスの特徴と任意売却の進め方の重要ポイント

滋賀保証サービスは滋賀県の地銀である滋賀銀行系列の信用保証会社です。

滋賀銀行で住宅ローンを借り入れる際の条件として、滋賀信用保証の保証が受けられる方(審査条件を満たす方)というのが指定されています。

滋賀銀行で住宅ローンを借入していて、もし住宅ローンを滞納するといずれは滋賀保証サービスが代位弁済することになります。

登記簿謄本の債権者の名義が滋賀保証サービスとなっているのはこのためです。

この記事では、滋賀保証サービスの任意売却の特徴をご紹介します。

続きを読む

近畿大阪信用保証の任意売却の特徴と進め方の重要ポイント

近畿大阪信用保証の任意売却の特徴と進め方の重要ポイント

近畿大阪信用保証は大阪府の地銀である近畿大阪銀行系列の信用保証会社です。

そして、近畿大阪銀行がりそな銀行のグループであるため、りそな銀行グループの信用保証会社となります。

近畿大阪銀行で住宅ローンを借り入れる際の条件として、近畿大阪信用保証の保証が受けられる方(審査条件を満たす方)というのが指定されています。

近畿大阪銀行で住宅ローンを借入していて、もし住宅ローンを滞納するといずれは近畿大阪信用保証が代位弁済することになります。

登記簿謄本の債権者の名義が近畿大阪信用保証となっているのはこのためです。

この記事では、近畿大阪信用保証との任意売却の特徴をご紹介します。

続きを読む

りそな保証から督促が来た!りそな保証の任意売却に対するスタンスと任意売却の進め方の重要ポイント

りそな保証の特徴と任意売却の進め方の重要ポイント

りそな保証はりそな銀行系列の信用保証会社です。

りそな銀行で住宅ローンを借り入れる際の条件として、りそな保証の保証が受けられる方(審査条件を満たす方)というのが指定されています。

りそな銀行で住宅ローンを借入していて住宅ローンを滞納すると、いずれはりそな保証が代位弁済することになります。

登記簿謄本の債権者の名義がりそな保証となっているのはこのためです。

関東圏では埼玉りそな銀行の保証も行っています。

りそな保証は任意売却を行う際にけっこう癖のある金融機関です。

旧住宅金融公庫や住宅金融支援機構との任意売却と同じように考えているとうまく進まないことがあります。

原因は不動産部を持っていて不動産に対する評価が他の金融機関よりもシビアなことが多いからです。

なのでその不動産の評価によっては任意売却での買い手の金額がその評価と比較して伸びない場合などに、競売も辞さないというスタンスを取ることがあります。

この記事では、りそな保証の任意売却に対するスタンスと任意売却の進め方の重要ポイントをご紹介します。

続きを読む

京都信用保証サービスから督促が来た!京都信用保証サービスの任意売却に対するスタンスと任意売却の進め方

京都信用保証サービスの任意売却の特徴と進め方の重要ポイント

京都信用保証サービスは京都府の地方銀行である京都銀行系列の信用保証会社です。

京都銀行で住宅ローンを借り入れる際の条件として、京都信用保証サービスの保証が受けられる方(審査条件を満たす方)というのが指定されています。

京都銀行で住宅ローンを借入していて、もし住宅ローンを滞納するといずれは京都信用保証サービスが代位弁済することになります。

登記簿謄本の債権者の名義が京都信用保証サービスとなっているのはこのためです。

京都銀行から京都信用保証サービス代位弁済されて窓口が変わったら債務者から任意売却を申し出ることで任意売却には応じてもらいやすい保証会社です。

ちゃんとした不動産会社に依頼すればきちんと任意売却を進められる可能性が高いです。

この記事では、京都信用保証サービスの任意売却に対するスタンスと任意売却の進め方をご紹介します。

続きを読む

住宅ローンが払えなくなってから任意売却ができる期間はどれくらい残されているのか?を知る2つの節目

住宅ローンが払えなくなってから任意売却ができる期間はどれくらい残されているのか?を知る2つのポイント

住宅ローンが払えなくなってから任意売却ができる期間はどれくらい残されているのでしょうか?

住宅ローンが払えなくなったあとには大きく2つの節目がありそこからだいたいの任意売却ができる期間が分かります。

1つ目の節目は住宅ローンの滞納が累積していって期限の利益を失ってしまい、金融機関から代位弁済・一括請求されて月々の分割払いができなくなったタイミングです。

そして2つ目の節目は金融機関から代位弁済・一括請求されたあとに競売を申し立てられたタイミングです。

この記事では、住宅ローンが払えなくなってから任意売却ができる期間はどれくらい残されているのか?を知る2つのポイントについてご紹介します。

続きを読む

破産管財人弁護士が担保不動産の任意売却の際に裁判所に提出している不動産売却許可申請書とは?

破産管財人が裁判所に提出する不動産売却許可申請の内容

破産管財人弁護士は不動産の任意売却にあたってはどのようなやりとりを裁判所と行っているのでしょうか?

債務者が住宅ローンやその他の借り入れなどの債務不履行に陥ると、債権者から破産手続の申立てがなされることがあります。

そうすると同時廃止にならなければ、裁判所から選任された破産管財人弁護士が担保不動産の処分権限を持つことになります。

『破産者〇〇 破産管財人弁護士△△』という形で所有者である売主に代わって全ての資産の処分や換価を行うことになります。

当然不動産に関してはできるだけ多く回収して債権者への配当に回す必要があるので任意売却を行うことになるのです。

そして破産管財人弁護士が不動産の任意売却を行うことで破産財団にも配当を組入れることができるので破産手続きの経費や弁護士費用、その他債権者への配当に回すことができるので競売で処理するよりも破産処理には有利になるということなのです。

破産管財人弁護士は不動産の任意売却を行うにあたっては破産法の規定に基づいて、さまざまな事柄について裁判所に報告したり書面を提出しなければなりません。

この記事では、破産管財人弁護士が担保不動産の任意売却の際に裁判所に提出している不動産売却許可申請書とは?についてご紹介します。

続きを読む

相続税改正で不動産投資家はほぼ全員が相続税納税者になるという事実

相続税の改正によって不動産投資家のほとんどに相続税がかかる

平成27年度の相続税の改正によって不動産投資家のほとんどに相続税がかかりやすくなっていることは分かっているのに、具体的な対策となるとまだまだという人が多いのではないでしょうか?

しかし不動産投資家にとっての相続対策はまったなしとなっているのが実情です。

相続税の改正により相続税の負担が上昇しているため、不動産投資家などの資産を持っている人に対しては相続対策の準備が必要になってります。

この記事では、相続税の改正によって不動産投資家のほとんどに相続税がかかるという事実をご紹介します。

続きを読む

商工中金の不動産投資ローン・アパートローンがよくわかる5つの特徴と商工中金不動産投資ローンの最新動向

商工中金の投資ローン・アパートローンの5つの特徴

商工中金の収益物件に対する不動産投資ローン・アパートローンがよくわかる基本的な内容をまとめています。

借入申込者の属性や持ち込んだ支店や時期などによってもローンの審査結果は異なってきますので、必ずこうだというわけではなく融資打診をする際の当たりをつけるのにお役立て下さい。

商工中金は日本政策金融公庫と同じくエリアは広いものの、不動産融資スタンスは全く異なりますので、なかなか使いにくいのが実態です。

しかしサラリーマンの人で年収が高くないなどの属性に問題があって他の銀行でつまずいている場合は商工中金を検討してみるといいかもしれません。

この記事では、商工中金の不動産投資ローン・アパートローンがよくわかる5つの特徴と商工中金不動産投資ローンの最新動向をご紹介します。

続きを読む