収益物件を購入する前に自分で簡単にできる7つの空室対策をご存知ですか?

物件購入前の空室対策7つの事前確認事項

収益物件を購入する前から事前に自分で空室対策を行うことができることをご存知でしょうか?

購入してから空いている部屋をどうやって埋めようかぼちぼち考えていては空室期間をみすみす延ばしているようなものです。

収益物件を購入する前から、その収益物件はどのようにしたら空室が埋まるかの分析をある程度しておくと購入後にあわてなくてすみます。

多くの不動産投資家は肌感覚でこれを分かっているので、意識しているかしていなかは別として購入前にいろいろ確認やシミュレーションをしています。

この記事では、収益物件を購入する前に自分で簡単にできる7つの空室対策をご紹介します。

続きを読む

不動産投資のキャッシュフロー計算をできるだけ簡単にする3つのポイント

税引後利益で複雑になるキャッシュフローを簡便化する便利計算法

不動産投資においていつまでにいくらのキャッシュフローが出るのかのキャッシュフロー計算をできるだけ簡単にできればいいなと考えたことはないでしょうか?

不動産投資のキャッシュフロー計算を実際の手取りに近い方法で算出することでキャッシュフローの目標を決めていければ一番いいのですが、キャッシュフローを正確に計算するのには難しさがあるので簡単な方法で計算する方法を知っておくとスピードもアップして便利です。

ところで、なぜ正確に不動産投資のキャッシュフローを算出するのが難しいのでしょうか?

それは、

◎キャッシュフロー=税引後利益-返済元金+減価償却費

となり金融機関もそのような見方をするのですが、これを事前に正確に計算することは難しいのです。

それは、

  • 税引後利益の計算の難しさ
  • 返済元金の計算の難しさ

があるからと言われています。

この記事では、不動産投資のキャッシュフロー計算をできるだけ簡単にする3つのポイントをご紹介します。

続きを読む

一棟収益物件資料の必須チェック4項目①違法建築②積算価格③返済比率④稼働率

物件概要書を見る際に気を付けたい投資家目線4ポイント

一棟収益の物件資料を見る際に何に気を付けて見ればいいのでしょうか?

特に気を付けたい投資家目線でのポイントは4つあります。

  • 違法建築かどうか
  • 物件の積算価格
  • 返済比率
  • 現況稼働率

の4ポイントをまずは確認し、それで問題がなさそうならレントロールなどの詳細資料を取り寄せたり現地確認に行くのがいいでしょう。

この記事では、一棟収益の物件資料必須チェック4項目①違法建築②積算価格③返済比率④稼働率をご紹介します。

続きを読む

不動産投資の①火災保険②地震保険③借家人賠償保険の必須基本知識【総まとめ】

不動産を守る主要3損保(火災・地震・借家人)丸わかり基本知識

火災保険や地震保険、借家人賠償保険などあまり深く考えず損害保険に加入してはいないでしょうか?

不動産投資は、不動産投資資源である建物を賃貸して家賃収入を得ることで成り立つ事業です。

火災や地震などの不測の事態で不動産投資資源である建物が被害を受け賃貸ができなくなると事業そのものが成り立たなくなり収益をあげられなくなります。

もちろん借入金の返済も厳しくなってしまいます。

こうした不測の事態に備えて不動産投資資源を守りオーナーのリスクを回避するのが火災保険や地震保険、借家人賠償保険などの損保の役割でもあります。

この記事では、

  • 火災保険
  • 地震保険
  • 借家人賠償保険

の不動産投資資源を守る主要3損保の必須基本知識をまとめてご紹介します。

続きを読む

不動産投資で保証会社の家賃保証のほうが滞納補償やサブリースよりも優れている場合とは?

PM会社の滞納補償よりも保証会社のほうが安上りな理由

PM会社の勧める滞納補償を何も検討せずに使っていたりしないでしょうか?

PM会社によっては、滞納補償サブリースといったサービスを行っている会社もあります。

各社によってサービスの内容は異なるもののメリット・デメリットともに大きいので、もし利用しようと考えるならしっかり内容を把握してから利用するようにします。

この記事では、保証会社の家賃保証が滞納補償やサブリースよりも優れているポイントをご紹介します。

続きを読む

不動産投資の節税に使える逓増定期保険やガン保険など8つの保険をご存知ですか?

これでわかる!不動産投資で使える法人保険8種類のタイプ別特徴

不動産投資を法人化すると、法人保険を使って節税ができるのをご存知でしょうか?

法人保険を使う最大のメリットは、

  • 掛け金を損金計上して課税所得を圧縮して節税対策ができる
  • 解約返戻金などの簿外資産を蓄えることができる

の2点です。

それでは、法人保険による効果を正しく出すためには、どのようなタイプの保険がどのような場面に適していてどのようなメリットがあるのでしょうか?

この記事では、不動産投資でよく使われる法人保険である、

  • 逓増定期保険
  • ガン保険
  • 養老保険
  • 長期平準定期保険
  • 定期保険
  • 収入保障保険
  • 医療保険
  • 終身保険

についてタイプ別の特徴を説明します。

続きを読む

遺産相続で正と負の相続財産を把握しておくことの重要性

プラスとマイナスの相続財産を把握しておくことの重要性

相続が発生した場合、相続人で遺産を分けるためには何が大切でしょうか?

まず何よりも、被相続人の財産がどこにどれだけあるのかを全て把握することが第一です。

そして遺産相続において正と負の相続財産両方を把握しておくことは、遺産分割だけでなく相続税の支払いのためにもできるだけ早い段階で把握しておく方が有利です。

この記事では、遺産相続で正と負の相続財産を把握しておくことの重要性をご紹介します。

続きを読む

税理士も知らないことがある?相続税の配偶者控除以外の5つの控除も知っておく

税理士も知らない?相続税の配偶者控除以外の控除も知っておく

配偶者控除以外にも相続税には様々な控除があることをご存知でしょうか?

注意すべきは配偶者控除を含めて税金の控除は自己申告制なので、知らなければ使えても使わずに終わってしまうということです。

税務署や国税当局が『この控除使えるけど使ってませんよ』とは教えてくれません。

相続税の申告の際に使わなければそれでおしまいです。

いざ相続が発生すると誰が相続人で家系図がどうなっているのかなどで頭がいっぱいになってしまいます。

その結果、相続税の各種控除などに頭を働かせることは難しくなります。

税理士が相続に詳しければ気づいてくれるかもしれませんが、意外に抜け漏れは多いというのが実態です。

相続対策においては様々な控除についても知っておいたほうがいざという時にもスムーズにいきます。

続きを読む

相続税の配偶者控除は1億6000万円か法定相続分まで目一杯使えることを知っておくと安心

配偶者控除は1億6000万円か法定相続分まで目一杯使える

相続税が改正されて増税になったのは事実です。

しかし相続税の配偶者控除が大きいという事実を知っておけば、それほど慌てなくてもよい場合もあります。

あくまでとりあえずはということにはなります。

配偶者控除を使う場合は、2次相続(配偶者が亡くなった時の相続)のことも検討しなくてはいけませんが、まずは配偶者控除という大きな控除があるということを知っておくだけで、必要以上に慌てなくて済むことが多いです。

この記事では、相続税の配偶者控除についてご紹介します。

続きを読む

必ず知っておきたい相続3項目①法定相続人②法定相続分③相続スケジュール

必ず知っておきたい法定相続人・法定相続分・相続スケジュール

相続が始まったら、

  1. 実際に誰が法定相続人となるのか?
  2. 法定相続人の取り分はどのように決めるのか?
  3. いつまでに相続税の申告をするのか?

を次々と考えていかなければいけません。

もちろん、生前にのうちからそれらを考えて準備しておくことに越したことはありません。

この記事では、押さえたおきたい法定相続人・法定相続分・相続スケジュールについてご紹介します。

続きを読む