りそな銀行の不動産投資ローン・アパートローンがよくわかる6つの特徴

りそな銀行の不動産投資ローン・アパートローンの5つの特徴

りそな銀行の不動産投資ローン・アパートローンがよくわかる基本的な内容です。

申込者の属性や持ち込んだ支店、時期などによってもローンの審査結果は異なってきますので、必ずこうだと言うわけではなく、融資打診をする際の当たりをつけるのにお役立て頂けると幸いです。

りそな銀行の不動産融資は都銀の中では際立って積極的であり、りそな銀行から借入して収益物件を購入している不動産投資家は増えています。

都銀で不動産投資ローンを借りるチャンスとしてはりそな銀行が最も借入しやすいといえます。

この記事では、りそな銀行の不動産投資ローン・アパートローンがよくわかる6つの特徴をご紹介します。

続きを読む

日本政策金融公庫の不動産投資ローン・アパートローン8つの特徴と最新の融資動向

日本政策金融公庫の投資ローン・アパートローンの8つの特徴

日本政策金融公庫の収益物件に対する不動産投資ローン・アパートローンがよくわかる基本的な内容と最新の融資動向をまとめています。

申込者の属性や持ち込んだ支店、時期などによってもローンの審査結果は異なってきますので、必ずこうだと言うわけではありませんが、融資の打診をする際に当たりをつけるのにお役立て頂けると幸いです。

さて、初心者がスルガ銀行以上に融資が受けやすい銀行は、実は日本政策金融公庫です。

ただし、日本政策金融公庫でフルローンまで評価が伸びる物件は少ないのも事実です。

なので自己資金がある人や他に共同担保物件がある人にはとても融資を引き出しやすい銀行になります。

この記事では、日本政策金融公庫の投資ローン・アパートローンがよくわかる8つの特徴と最新の動向をご紹介します。

続きを読む

インカムゲインだけではない不動産投資の4つの目的別投資戦略

インカムゲインだけではない成功する不動産投資の4つの目的

不動産投資の目的は人それぞれですが、いくつ考えられるでしょうか?

不動産投資は目的によって進め方が異なってきます。

  • インカムゲイン(賃料収入)
  • キャピタルゲイン(値上がり益)
  • 節税対策
  • 相続税対策

などや、上記をいくつか組み合わせたものまで様々です。

ある人にはインカムゲイン(賃料収入)が王道だといっても、見方が変われば何が一番良いかは人それぞれということがいえます。

資産背景や目的によって取るべき投資戦略変わってきますので、自分が何を目指して不動産投資を行うのかを整理して明確にしておく必要があります。

この記事では、インカムゲインだけではない不動産投資の4つの目的別投資戦略をご紹介します。

続きを読む

収益物件の投資回収を早くするための2つの重要なポイント

収益物件の投資回収を早くするための2つの重要なポイント

収益物件の投資回収を早くするためにはどうすればいいのでしょうか?

投資回収を早めるためには、

  • 実質利回り
  • 税金のコントロール

の2つのポイントがあります。

投資回収額とは、あくまでも純収入です。

そして純収入とは、売上である賃料収入から諸経費を差し引いて、かつ税金を支払った後に手元に残る手取り収入のことです。

この純収入を増やすことで投資回収が早く進むのです。

この記事では、収益物件の投資回収を早くするための2つのポイントをご紹介します。

続きを読む

賃貸での発生率No1!騒音トラブルや騒音クレームの解決法

発生率No1!騒音トラブルや騒音クレームの解決法

不動産投資で起きる入居者のトラブルで多いのが『騒音トラブル』です。

騒音トラブルの難しいところは、人によって感じ方が違うということです。

同じ物音でも人によっては気にならなかったり、不快に感じたりするので困りものです。

しかし、入居者からクレームが出た以上は不動産投資家としては対応しないわけにはいきません。

この記事では、不動産投資上避けて通れない騒音トラブルの解決法をご紹介します。

続きを読む

不動産投資で利益を出すためには収益物件の運用を取得→管理運営→売却の一連の事業として考える

収益物件の運用は取得・管理運営・売却の一連の事業

不動産投資で利益を出すためには利回りの高い収益物件が買えればそれですべてうまくいくのでしょうか?

不動産投資において収益物件の運用は取得から売却までのトータルでの利益を最大化することが前提になりますので、

  1. 物件を取得
  2. 管理運営を行う
  3. 売却

の一連の事業となります。

不動産投資は決して収益物件を買って終わりではありません。

収益物件の取得と売却は投資としての側面、保有期間中の管理運営は経営的側面を持ち、この投資と経営の2面性を有する事業として捉えるべきです。

  • 投資して
  • 管理運営という経営を行い
  • きちんと売却までの出口戦略までを考える

ことが極めて重要となります。

この記事では、不動産投資で利益を出すためには収益物件の運用を取得→管理運営→売却の一連の事業として考える理由をご紹介します。

続きを読む