火災や地震に対する不動産投資の2つのリスクヘッジ対策法

火災や地震に対する不動産投資の2つのリスクヘッジ

火災や地震に対する不動産投資のリスクヘッジはどのように考えればよいのでしょうか?

日本は地震大国であり、2011年に発生した東日本大震災以降も、大規模な地震が発生する可能性を多くの専門家が指摘しています。

火災はもっといつ発生するかも分からないので、不動産投資を行う上で火災や地震の懸念を完全に排除することはできません。

しかしながら、適切な対策を講じることで、リスクヘッジを行うことは可能です。

この記事では、火災や地震に対する不動産投資の2つのリスクヘッジ対策法をご紹介します。

続きを読む

不動産投資で成功する人と失敗する人の2つの違い

会社員の不動産投資で成功する人と失敗する人の2つの違い

会社員に限りませんが、不動産投資で成功する人と失敗する人にはどのような違いがあるのでしょうか?

不動産投資で成功している人は良い収益物件を購入できています。

そして次の2点を満たしていることが多いです。

  1. 十分な情報収集に基づいた投資戦略を持っている
  2. 結果が出るまであきらめずに行動を続けられる

不動産投資において一定の成功をおさめている人は、投資戦略に基づいた行動力があるということです。

この記事では、不動産投資で成功する人と失敗する人の2つの違いをご紹介します。

続きを読む

会社員の収益物件オーナーがするべき仕事のたった2つのポイント

会社員の収益物件オーナーがするべき仕事のポイント

会社員の収益物件オーナーがやるべき仕事とはどのようなものがあるのでしょうか?

実は不動産を購入した後のオーナーの仕事というのはあまりありません。

家賃の5%ほどを管理費用として支払い、管理会社に集金や入居者からの問い合わせ対応をやってもらっていれば、それこそ月1回送られてくる入金レポートを確認するくらいです。

100室以上保有していたとしても、既存の収益物件にはそんなに時間をかける必要がないのです。

ただし、このような状態にするためにはいくつか押さえておくポイントがあります。

この記事では、会社員の収益物件オーナーがするべき仕事のたった2つのポイントをご紹介します。

続きを読む

キャッシュフロー重視の投資で会社員が買ってはいけない4つの物件

会社員投資家がキャッシュフローを最重視しなければならない理由

不動産投資ではキャッシュフローを重視するべきだということがよく言われますが、これにはどのような理由があるのでしょうか?

それは不動産投資は減価償却が大きく帳簿上の黒字化は簡単にできるのですが、キャッシュフローを出すにはきちんとした戦略が必要になるからです。

帳簿上は黒字なのに実際のキャッシュフローがマイナスだと黒字倒産してしまいます。

他にも事業をしていればキャッシュフローのマイナス分を穴埋めすることもできますが、会社員は本業の給与しか収入がありません。

本業の収入から不動産投資のキャッシュフローのマイナス分を補てんするとなると本末転倒になるからです。

この記事では、会社員投資家がキャッシュフローを最重視しなければならない理由をご紹介します。

続きを読む

利回りが高い収益物件が必ずしも良い物件だとは限らない理由

利回りが高い収益物件が必ずしも良い物件だとは限らない理由

利回りが高い収益物件が良い物件なのでしょうか?

良い物件とはいろいろな定義があると思いますが、運営のリスクと収益性のリターンを比較して、リスクよりもリターンが上回っている物件だといえます。

例えば、空室や家賃の値下げなどの運営リスクはあるものの、収益性が明らかに上回っている利回り15%の高利回りの収益物件であれば、それは良い物件だと考える人が多くなります。

この記事では、利回りが高い収益物件が必ずしも良い物件だとは限らない理由をご紹介します。

続きを読む

会社員が不動産投資を始めるのに頭金はいくら必要か?

会社員が不動産投資を始めるのに頭金はいくら必要か?

会社員が不動産投資を始めるのに、頭金はいくらくらい用意すればいいのでしょうか?

数千万円規模の収益物件を購入するのであれば、自己資金は最低でも300万円程度は用意しておきたいところです。

もちろん自己資金は多いに越したことはありません。

この記事では、会社員が不動産投資を始めるのに必要な頭金についてご紹介します。

続きを読む

不動産投資に成功しやすい会社員に共通する3つの行動特徴

不動産投資に成功しやすい会社員に共通する3つの行動特徴

不動産投資に向いている性格はあるのでしょうか?

不動産投資に向き不向きはないですが、成功している人に共通する特徴はあります。

生まれ持った性格の向き不向きはあまりないものの、不動産投資で成功する人は、思考面・行動面において共通的な特徴があるのも事実です。

それは次の3点です。

  1. 行動量が多い
  2. 選択基準をしっかり持っている
  3. 意思決定が早い

あと、不動産投資は多かれ少なかれ融資を受けて借金をする必要あるので、借金に対して必要以上にリスクを感じたり、論理を超えた抵抗感を覚えたりするような人は、しいて言えば向かないのでやめたほうがよいと思われます。

続きを読む

不動産投資を考える会社員は自宅マンションは買わないほうがよい?

不動産投資を考える会社員は自宅マンションは買わないほうがよい?

銀行からの借り入れをしての不動産投資を考えているのであれば、自宅マンションは購入しないほうがよいのでしょうか?

結論からいうと、自宅の住宅ローンが無いほうが、銀行から融資を受ける際には有利になります。

自宅をすでに持っている人でも不動産投資を始めることはできますが、これから自宅をローンを組んで買おうと考えているのであれば、不動産投資を有利に進めるためにはよく検討するべきです。

この記事では、不動産投資を考えている会社員が自宅マンションをローンを組んで買ってもよいものなのかについてご紹介します。

続きを読む

資産を持っている資産家と会社員の不動産投資戦略の違い

資産を持っている資産家と会社員の不動産投資法戦略の違い

資産家と会社員投資家の不動産投資戦略上の違いはどこにあるのでしょうか?

資産家の保有している収益物件は、銀行からの借り入れがなかったり、残債の割合が一般の投資家よりも少ないことが特徴です。

そして、家賃収入の大部分をそのまま収入とすることができるのです。

資産家は資産保全と安定性を重視する投資戦略で、利回りは多少低くても安定的な賃貸需要が見込めて土地の値段も下がりにくいような立地の良い収益物件を好んで所有しているケースが多いのが特徴的です。

一般の会社員投資家が同じことをしようとしても、元手がないため不可能です。

この記事では、資産を持っている資産家と会社員の不動産投資戦略の違いをご紹介します。

続きを読む

ニッテレ債権回収(ニッテレサービサー)の任意売却の特徴と督促への対策

ニッテレ債権回収(ニッテレサービサー)の任意売却の特徴

ニッテレ債権回収(ニッテレサービサー)はサービシング業務(債権回収業務)を中心に行っている独立系の債権回収会社(サービサー)です。

ちなみにニッテレという名称ですが日本テレビとは資本関係などはありません。

ニッテレ債権回収(ニッテレサービサー)は、

  • いろいろな債権者から債権を買い取ったうえで回収業務を行う
  • 債権者から債権の管理回収を委託されたうえで回収業務を行う

ことが多いです。

無担保の小口債権でも買い取って回収業務を行いますので、有担保債権を買い取って任意売却や競売に持ち込むことは少ないと考えられます。

この記事では、ニッテレ債権回収(ニッテレサービサー)の任意売却の特徴をご紹介します。

続きを読む