なぜ競売より任意売却なのか?任意売却が競売より有利な2つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
なぜ競売より任意売却なのか?任意売却が競売より有利な2つのポイント

銀行などの金融機関の不良債権担当者はなぜ手間暇をかけて任意売却を行うのでしょうか?

そこには任意売却ならではの大きなメリットがあるからに違いありません。

当然銀行などの債権者にメリットがあるということは債務者にもメリットがあるということになります。

では任意売却にはどのような大きなメリットがあるのでしょうか?

そのメリットを考えるには任意売却と対極のキーワードである競売と比較するのが最も近道だと考えられます。

競売とは債権者が裁判所に申立てを行い、強制的に担保不動産を換価して配当を受けるという国家的システムです。

競売申立てには手間と費用がかかりますが、一度申立ててしまえばあとは裁判所の手続きに従って自然に流れていきます。

そして入札があれば担保権の順位に従って配当が実施されて債権の回収が図れることになります。

ではなぜ任意売却なのか?

そこには任意売却が競売よりも優れている2つのポイントがあります。

任意売却が競売よりも有利なポイント①:競売手続きは相当な時間・費用・手間がかかり面倒

①-1:競売は手続き費用がかかる

競売手続きでは、たとえば請求債権額が1億円の抵当権に基づく競売を申し立てるとすると、申立て時に2,404,000円の費用が必要となります。

その内訳は、

  • 申立印紙 4,000円
  • 登録免許税 400,000円
    ⇒債権額の1000分の4
  • 予納金 2,000,000円

のしめて合計2,404,000円です。

さらに競売事件が進行していくと追加の予納金が発生する場合もあります。

結局かかった経費の分だけ債権回収額が少なくなります。

つまり、債務者側から見るとその分だけ残債が多く残ってしまうということです。

債務者は生活や事業の再建のためにも残債は少しでも少なくしたいところなので、余分な費用はできるだけ抑えたほうがよいのです。
 

①-2:競売は時間がかかる

次に競売にかかる時間ですが、競売では申立てから落札まで早いものでも約6ヶ月、物件によっては2年や3年かかることがあり、その間にも資産価値はどんどん下がっていきます。

また、申立書類の作成や整備、裁判所書記官との細かいやり取りなど実際にはかなりの手間がかかるのです。

ところが、任意売却であれば利害関係人であるステークホルダーとの調整に若干の手間暇がかかるものの、話がまとまると短期間での回収が可能となります。

債務者の立場で考えても何年間もずっと競売でさらし者にされ続けるというのはどうでしょうか?

早く整理してすっきりと次の生活や事業の再建に乗り出すほうが、物理的にも精神衛生的にも有利のなのは言うまでもないことです。

何よりも早いということ。これが任意売却の第1のメリットです。
 

任意売却が競売よりも有利なポイント②:任意売却は競売手続きより多額の回収ができる

競売の売却基準価額は一般的に時価の60〜70%であるといわれています。

1回目の入札で落札されなければ、さらにその価額を下げて2回目、3回目の入札が行われることになります。

入札回数が進むごとにその売却基準価額は概ね20〜40%程度の割合で下がっていきます。

たとえば、時価で1億円の物件があったとします。

それが競売になると、

  1. 第1回・・・売却基準価額7000万円(時価×70%)
    買受可能価額5600万円(売却基準価額×80%)
  2. 第2回・・・売却基準価額4900万円(第1回×70%)
    買受可能価額3920万円(売却基準価額×80%)
  3. 第3回・・・売却基準価額3430万円(第2回×70%)
    買受可能価額2744万円(売却基準価額×80%)

となっていき、売却価格は劇的に下がっていきます。これが現実なのです。

1億円の物件がわずか2年余りで2700万円余りしか回収できなくなってしまうという可能性も考えられるということです。

債務者側からすると1億円返済できたものが2700万円しか返済できない事態に陥ります。それこそ非常事態です。

さらに3回入札を実施しても落札されなければ、裁判所からは競売を取り下げるように通知されてしまい、いわゆるスリーアウトとなります。

こうなってしまうともはや債権者や債務者が自分で買受先を探して見つけてこないかぎり競売取り消しとなってしまうのです。

上記ケースでは、うまく任意売却ができれば時価の1億円の回収も夢ではありません。

任意売却では回収金額が最大となります。これが任意売却の第2のメリットです。

債務者側の立場からすれば、返済額が最大になり残債が最小となります。
 

おわりに

このように、

  • できるだけ円滑
  • できるだけ迅速
  • できるだけ多額

に金融機関が債権を回収するためには、競売に頼るよりも手間暇をかけてでも任意売却の方が断然優れています。

そしてそれは債務者の利益とも相反しません。

なぜなら任意売却で不良債権を回収することによって、回収の極大化を図り債権者の損失を少なくすることができ、同時に債務者の残債を少なくすることができるからです。

これは債権者と債務者にとって非常に大切なことなのです。

債務者と債権者で協力して任意売却を行うことは双方にとって大きなメリットがあることなのです。

住宅ローン返済トラブルのお悩みを1日も早く解決させたいあなたへ。

住宅ローンの返済が苦しくても誰にも相談できずあなたひとりで抱え込んで悩まれていませんか?

◎住宅ローンが払えなくなりそう
◎住宅ローンを延滞・滞納してしまった
◎一括請求・代位弁済されてしまった
◎家が競売になりそう
◎離婚するが住宅ローンが残っている

などなど、住宅ローンの返済問題のご相談は誰にでも気軽に相談できることではないということは今まで全国からの1000件以上のご相談を承ってきた私の経験からも痛いほどわかっています。

しかし、誰に相談したらいいのか分からないからといって問題解決を先送りにしていると時間だけが過ぎてしまい、あなたの状況はさらに悪化してしまうでしょう。

インターネットでいろいろ調べても肝心なところは実際に相談してみるまでよくわからないというのが本音のところだと思います。そして実際に話を聞きに行ってしまうと断りにくいのではないかと心配されていたというご相談者様は非常に多いのです。

メールのみでの無料相談なので楽な気持ちでまずは今あなたがお困りのことを相談実績1000件以上のプロにお聞かせください。
ご相談は完全無料です。ご相談の秘密は厳守致します。一緒にあなただけの解決方法を考えていきましょう。


あなたにピッタリの解決方法を一緒に見つける

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*