必ず知っておきたい相続3項目①法定相続人②法定相続分③相続スケジュール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
必ず知っておきたい法定相続人・法定相続分・相続スケジュール

相続が始まったら、

  1. 実際に誰が法定相続人となるのか?
  2. 法定相続人の取り分はどのように決めるのか?
  3. いつまでに相続税の申告をするのか?

を次々と考えていかなければいけません。

もちろん、生前にのうちからそれらを考えて準備しておくことに越したことはありません。

この記事では、押さえたおきたい法定相続人・法定相続分・相続スケジュールについてご紹介します。




必ず知っておきたい相続3項目

①:法定相続人

遺言書が無い場合にあらかじめ相続人になる人を民法では規定されており、これを法定相続人といいます。

もし、被相続人に配偶者がいて生存している場合は、配偶者は必ず相続人となります。

配偶者以外に、子、直系尊属(親など)、兄弟姉妹がいる場合には、優先順位の高い順に相続人となると規定されています。

上の順位者がいない時に初めて下の順位者が相続人となります。

  1. 第一順位:子
  2. 第二順位:直系尊属(親など)
  3. 第三順位:兄弟姉妹

となります。

代襲相続といって、第一順位の子が死亡している場合には、さらにその子供つまり被相続人から見て孫が第一順位の相続人として扱われます。

その場合は第二順位の直系尊属は相続人となりません。

孫も死亡していてその孫の子がいるときには、再代襲といって孫の子がやはり第一順位の相続人となります。

つまり配偶者と子供がいれば基本的にはその範囲で相続をすることになります。

子供がいない場合に初めて直系尊属(親など)や兄弟姉妹が出てくることになると覚えておけば分かりやすいと思います。

ただし、第三順位の兄弟姉妹については再代襲はなく一世代限りの代襲までとなります。

つまりは兄弟姉妹の子までということです。

②:法定相続分

法定相続人の遺産の取り分はあらかじめ民法で決められています。

  • 配偶者だけが相続人となる場合
    ・・・配偶者が全額受け取ります。
  • 配偶者と子が相続人となる場合
    ・・・配偶者が1/2、子が1/2を受け取ります。子が複数の場合は均等に分割します。
  • 配偶者と直系尊属が相続人となる場合
    ・・・配偶者が2/3、直系尊属が1/3を受け取ります。
  • 配偶者と兄弟姉妹が相続人となる場合
    ・・・配偶者が3/4、兄弟姉妹が1/4を受け取ります。

③:相続スケジュールについて

相続が発生すると葬儀の手配などで忙しくなりますが行政手続き上の手間もかかるのでさらに一苦労となります。

行政関係のスケジュールが下記となります。

  • 被相続人の死後7日以内
    ・・・市区町村に対して『死亡届』の提出
  • 相続発生から3ヵ月以内
    ・・・相続放棄や限定承認を行う場合は、この期限までに家庭裁判所に申述
  • 相続発生から4ヵ月以内
    ・・・被相続人が行う義務のある確定申告を遺族が代わって行う『準確定申告』の期限
  • 相続発生から10ヵ月以内
    ・・・相続税の申告期限。そのために被相続人の財産調査をして財産を洗い出します。そして財産ごとに財産評価を行います。税務上の財産評価と遺産分割のための評価は異なることに注意します。必要があれば遺産分割協議を行って、『遺産分割協議書』を作成します。
  • 相続税の申告期限から3年以内
    ・・・配偶者の相続税の税額控除を利用したい場合で、申告期限までに遺産分割が確定していない場合は、この期限までに分割を終える必要があります。

まとめ

  • 相続税に関する、法定相続人・法定相続分・相続スケジュールは一通り知っておく必要がある。知らずに何もしていない状態で相続が始まると、まわりが大混乱に陥る可能性もあり、遺産をめぐった親族間の争いを招くことにもつながる。
  • 相続の準備は意外にも生前に健在のうちから取り組めることが山ほどある。しかし、自分の死んだ後のことを考えることが億劫で、なかなか本腰が入らないのが実態である。ガンにかかったり、何かきっかけがないとなかなか動けない。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【全国対応】住宅ローン問題を解決したいあなたへ

ここまで読み進められたあなたは今もしかして住宅ローンの返済が厳しくて苦しい思いをされてはいませんか?

毎日毎日次の支払いをどうしようとかお金の工面のことで頭がいっぱいで日々苦しみ悩まれている方は非常に多くいらっしゃいます。

しかし住宅ローンの返済を含めてお金に関する様々な問題は専門的な知識と経験を持ったプロがきちんとした手続きを踏むことでたいていのことは解決できます。

今まで1000件以上の住宅ローン返済問題を解決させてきた経験からもそれは断言できます。

少しでもあなたの次の生活を立て直してお金の心配のない平穏な生活を取り戻して頂けるよう私は全力であなたのご相談にお応え致しております。

北海道から沖縄まで日本全国対応可能です。

まずはメールにてお気軽にご相談ください。


住宅ローン返済問題を解決する

SNSでもご購読できます。

★直近リアルタイム人気の記事★

コメントを残す

*