任意売却

近畿信用保証の任意売却の特徴と進め方の重要ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
近畿信用保証の任意売却の特徴と進め方の重要ポイント

近畿信用保証は旧泉州銀行と現池田泉州銀行系列の信用保証会社です。

泉州銀行と池田銀行が合併して池田泉州銀行ができ、その系列に池田泉州信用保証ができました。

近畿信用保証は泉州銀行時代に保証をした先との業務を行っています。

旧泉州銀行で住宅ローンを借入していて住宅ローンを滞納すると近畿信用保証が代位弁済することになります。

登記簿謄本の債権者の名義が近畿信用保証となっているのはこのためです。

この記事では、近畿信用保証の任意売却の特徴をご紹介します。




近畿信用保証の任意売却の特徴

近畿信用保証は、旧泉州銀行の系列の信用保証会社です。

現在では池田泉州銀行のグループになります。

住宅ローンを滞納してから3~6ヵ月程度で代位弁済します。

代位弁済するまでは旧泉州銀行の業務を引き継いだ池田泉州銀行の担当者が窓口となります。

その間は残債額を下回る金額での任意売却には応じてもらえません。

代位弁済を行うまではあくまで完済が抹消の条件となります。

なので、その期間は妥当な金額で売買契約を結んだとしてもローン残債を下回っていると絶対に抹消してくれませんのでご注意ください。

買付をぶつけても逆に返済も考えずに勝手なことをしてと印象は悪くなります。

代位弁済したあとは近畿信用保証が債権者となりますが、任意売却の窓口は業務委託している債権回収会社(サービサー)であるエムユーフロンティア債権回収が業務を代行し窓口となります。

なので近畿信用保証とは具体的なやりとりをすることはあまりありません。

住宅ローンを滞納していると、代位弁済しますよとか代位弁済しましたという通知が届くくらいだと思います。

そのあとでエムユーフロンティア債権回収から連絡が入ります。

エムユーフロンティア債権回収が窓口となる

近畿信用保証が代位弁済したあとは業務代行しているエムユーフロンティア債権回収が債務者との窓口になります。

任意売却にはそこそこ前向きです。

代位弁済しましたという近畿信用保証からの通知が届いた後に、エムユーフロンティア債権回収の担当者から連絡が入ったときに任意売却をしたいと申し出れば任意売却を受け入れられる可能性が高いです。

任意売却をしたい旨を申し入れて認められればすぐに競売に移行することはあまりしません。

任意売却の申出が遅かった場合は競売手続きに入ってしまっていることはあります。

その際でも競売手続きと並行して任意売却を進められることが多いです。

しばらく任意売却を行って妥当な抹消価格で任意売却できないと判明すれば競売の申立を行います。

最初から競売と並行して行う任意売却よりも時間的に余裕をもって任意売却を行うことができます。

任意売却を行う際の注意点としては近畿信用保証は任意売却の出口(買主)として個人を要求されることが多いです。

近畿信用保証が想定する手取り金額を満たしていたとしても買主が買取業者では抹消の決裁が下りないことがあるためです。

一般エンドの買主であればもっと高い金額がついていたのではという疑義がかかるので稟議が通りにくいようです。

任意売却の打ち合わせの段階で近畿信用保証の担当者とよくすり合わせることが必要です。

その点を注意すれば任意売却には取り組みやすい債権者だといえます。

引っ越し代もきちんと出してくれます。

ひとつ注意が必要なのは、任意売却できる見込みが薄いと判断すると債権回収会社(サービサー)に債権譲渡することが何度かあったことです。

債権者ごと変わってしまうためまた一からやり直しになります。

また新たに債権譲渡した債権回収会社(サービサー)が特定の不動産会社とやり取りをしている場合はその不動産会社を使ってくる可能性があるので今までのやり取りが全てリセットされてしまうこともあります。

それでも任意売却のやり直しできればいい方で、債権譲渡した債権回収会社(サービサー)が任意売却はめんどうだから競売にすると言い出したらそこで任意売却は終了となります。

そのあたりも含めて窓口であるエムユーフロンティア債権回収の担当者とは最初から詰めた話をしておく必要があります。



まとめ

  • 近畿信用保証は旧泉州銀行系列の信用保証会社で、旧泉州銀行で住宅ローンを借入する際には必ず近畿信用保証が保証に入る形をとっていた。
  • 任意売却に対するスタンスはまあまあ前向きであり、近畿信用保証が代位弁済して、業務委託先のエムユーフロンティア債権回収が窓口となることが特徴であり、代位弁済後に任意売却の申し出が債務者よりあれば、任意売却を行う。
  • 債権者としては任意売却には取り組みやすい債権者だといえる。任意売却の際の引っ越し代も出してくれる。
  • 任意売却の出口(買主)が業者だと抹消を否認される可能性があるため、個人での出口を設定する方が無難。エムユーフロンティア債権回収の任意売却の担当者とよくすり合わせる必要がある。
  • 任意売却できる見込みが薄いと判断すると、債権回収会社(サービサー)に債権譲渡することが何度かあったので注意が必要。また一からやり直しになる。債権譲渡先が任意売却をする気がなければ、その時点で任意売却は打ち切りとなり競売に移行する。

あなたにおすすめの記事





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

任意売却相談

住宅ローンの返済が厳しくて苦しい思いをされてはいませんか?


毎日毎日お金のことで頭がいっぱいで日々苦しまれている方は非常に多くいらっしゃいます。


しかし住宅ローンの返済を含め、お金の問題は専門的な知識と経験を持ったプロがきちんとした手続きを踏むことでたいていのことは何とかなります。


今まで300件以上の任意売却コンサルティングを成功させてきた経験からも断言できます。


少しでもあなたの次の生活を立て直してお金の心配のない平穏な生活を取り戻して頂けるよう、私は全力であなたのご相談にお応えしています。


任意売却カウンセリング相談室へ

★直近リアルタイム人気の記事★

コメントを残す

*