住宅ローンが払えなくなってから消費者金融やカードローンで穴埋めをするともっと大変なことになる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
住宅ローンが払えなくなってから消費者金融やカードローンで穴埋めをするともっと大変なことになります

住宅ローンが払えなくなったり払えなくなりそうになった時に一時的に消費者金融やカードローンで借り入れをして住宅ローンの穴埋めをしようと考える人はとても多いです。

この結果どうなるでしょうか?

ほとんどの場合は消費者金融やカードローンで借り入れができる限度額までとことん借り切るところに行き着きます。

すると消費者金融やカードローンの借り入れができているうちはいいのですが、その借り入れ限度額を使い切って借り入れができなくなったのをきっかけにまた住宅ローンが払えなくなるのです。

結局はどこからも借り入れできなくなった時点から住宅ローンも払えなくなってしまい住宅ローンも破綻してしまうのです。

つまりただ単に住宅ローンが払えなくなることの先送りだったにすぎないということです。

そして残るのは滞納した住宅ローンと消費者金融やカードローンの何百万円にものぼる莫大な借金ということになるのです。

この記事では、住宅ローンが払えなくなってから消費者金融やカードローンで穴埋めをするともっと大変なことになるということをご紹介します。

住宅ローンが払えなくなってから消費者金融やカードローンで穴埋めをするともっと大変なことになる!

住宅ローンが払えないからといって消費者金融やカードローンに頼ってはいけない

住宅ローンが払えなくなったり払えなくなりそうだという時に、どうしても人はとにかく目先の住宅ローンの支払いをなんとかしようという気持ちが働きます。

テレビをつければ消費者金融やカードローンのCMを見ない日はありませんし、電車やバスの中、街中でもいたるところで多種多様の消費者金融やカードローン会社の広告や看板を目にします。

それらが普段は気にならなかったとしても、いざ住宅ローンが払えないとなるとわらにもすがるつもりで引き寄せられてしまうのです。

そして最初は恐る恐る消費者金融やカードローンの借り入れをします。

すると銀行のATMのように希望の金額が払い出されてくるのです。

最初は借り入れも少額で住宅ローンの支払い分の10万円などをこわごわ借り入れることが多いです。

10万円の借り入れであれば月々の返済も数千円でよいケースが多いのでそれで住宅ローンの返済ができれば助かったと思うのも無理はありません。

それでその月はなんとかやり過ごすことができます。

しかし翌月はどうなるでしょうか?

もともと1月分の住宅ローンが払えなかったので当然翌月の支払いも厳しいと考えるのが普通です。

そして翌月からは前月に消費者金融やカードローンで借り入れた分の月々の支払いが始まってしまいます。

そうなると住宅ローンの支払いを死守するためにはまた消費者金融やカードローンで借り入れをするしかありません。

そしてまた消費者金融やカードローンで10万円を借り入れて住宅ローンと前月借り入れした分の月々の返済をすることになります。

これの繰り返しで消費者金融やカードローンの借り入れが雪だるま式に増えていってしまいます。

そして最終的に借り入れ限度額に達することで今まで引き出せていた消費者金融やカードローンからすらお金を調達できなくなり、住宅ローンの返済と消費者金融やカードローンの返済のダブルで返済できない事態へと発展していくのです。

 

住宅ローンが払えなくなったり払えなくなりそうな時はその原因を考える

そもそも住宅ローンが払えなくなったり払えなくなりそうな時は何か原因があるはずです。

給与などの収入に対して住宅ローンの支払いが多すぎるのか、車のローンや学資ローンなどのその他の支払いが多すぎるのか、いずれにしても収入のキャパを支出が越えてしまっていることが原因のはずです。

支出が収入を上回ってしまっているのを改善するには、

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす

の2通りの方法しかありません。

もしくは両方できるとなお良いですが・・・。

現実的には収入はすぐに増やそうとしても難しいことが多いです。

逆に収入を上げようとしすぎて無理な転職などをして逆に下がってしまうこともよくあります。

なのでまずは多すぎる支出を見直すしかないのです。

 

住宅ローンを払い続けることが収支的に無理なのであれば任意売却もひとつの立て直し方法

家計の支出の中でも大きなウェイトを占めるのが住居費であり住宅ローンの支払いだと思います。

住宅ローンの支払いが収入に対して多すぎると家計の収支のバランスは非常に悪くなります。

賃貸住宅であれば家賃の安いところに引っ越しをすればいいのですが、住宅ローンを組んで買っている場合はそう簡単にはいきません。

住宅ローンごと家を売却しない限りは住宅ローンの支払いがなくなることはありません。

そして住宅ローンが払えないからと急いで家を売却しようとしても最短でも数ヶ月はかかりすぐには売れないのが不動産なのです。

なので住宅ローンの支払いと収入のバランスが悪いのであれば早めに任意売却で不動産を売却することで家計のバランスを保つことができ生活の立て直しも早くなるというわけなのです。

 

住宅ローンだけなら払えるのであれば個人再生で家を残す方法も残されているので最後まであきらめない

住宅ローンの支払いが苦しいのを穴埋めしようとして消費者金融やカードローンから多額の借り入れをしてしまい、にっちもさっちもいかなくなってしまった場合にも家を残せる可能性はまだ残されています。

弁護士費用はかかりますが個人再生手続きを行うことで住宅ローンは据え置きで他の借り入れを圧縮することができます。

ただしこの場合で立て直しができるのは住宅ローンだけなら収入で十分に支払っていくことができる場合のみです。

そうでなければ結局住宅ローンと圧縮後の債務の支払いが厳しくなってまた延滞してしまうことになります。

それで今度は自己破産ということになれば個人再生手続きに払った費用が無駄になってしまうのです。

そうならないためにも、住宅ローンの支払いと収入とのバランスを見極めて任意売却でいくのか個人再生で住宅ローンを残すのかを冷静に判断する必要があるということです。

家計の収支のバランスを無視して無理して家を残しても住宅ローンの支払いにまた行き詰まるだけです。

なので家を残すことにこだわりすぎるとお金と時間をさらに浪費してしまうことになるので注意が必要です。

 

まとめ

  • 住宅ローンが払えなくなったり払えなくなりそうなときに安易に消費者金融やカードローンの借り入れで穴埋めしようとしてはいけない。
  • 住宅ローンが払えない根本的な原因が解決しないまま他の借り入れで住宅ローンの支払いを賄っていても限度額に達すればそれ以上借りられなくなるのでいずれは行き詰まることになる。
  • 個人再生で家と住宅ローンを残すこともできるが任意売却で根本的に解決するか家を残すかは収入と支出のバランスを冷静に判断する必要がある。
  • 無理して家を残したとしてもいずれまた行き詰まり個人再生手続きに費やした時間と費用が無駄になってしまう。

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【全国対応】住宅ローン問題を解決したいあなたへ

ここまで読み進められたあなたは今もしかして住宅ローンの返済が厳しくて苦しい思いをされてはいませんか?

毎日毎日次の支払いをどうしようとかお金の工面のことで頭がいっぱいで日々苦しみ悩まれている方は非常に多くいらっしゃいます。

しかし住宅ローンの返済を含めてお金に関する様々な問題は専門的な知識と経験を持ったプロがきちんとした手続きを踏むことでたいていのことは解決できます。

今まで1000件以上の住宅ローン返済問題を解決させてきた経験からもそれは断言できます。

少しでもあなたの次の生活を立て直してお金の心配のない平穏な生活を取り戻して頂けるよう私は全力であなたのご相談にお応え致しております。

北海道から沖縄まで日本全国対応可能です。

まずはメールにてお気軽にご相談ください。


住宅ローン返済問題を解決する

SNSでもご購読できます。

★直近リアルタイム人気の記事★

貯水槽や浄化槽の点検費用を払い過ぎないために必ず把握しておくべき貯水槽や浄化槽の点検費用の目安と相場
日本政策金融公庫の不動産投資ローン・アパートローン8つの特徴と最新の融資動向
貸主側からの立ち退きの考え方と立ち退き料の相場と円滑な立ち退き交渉の最重要点
不動産投資で知っておくべき減価償却費のすべて【まとめ】(節税・融資・デッドクロス)
不動産投資でエイブルやアパマンなど不動産賃貸仲介を行う管理会社を使う際に損しないための注意点
不動産投資で大阪方式(関西方式)の『敷金持ち回り』方式で収益物件の売買を行う際の注意点
不動産投資で収益物件を仕入れた初年度だけは経費で大きな赤字が出るので必ず節税できる2つの大きな要因
擁壁のほとんどが基準不適合!宅地造成工事規制区域で擁壁のある収益物件を買ったあとの擁壁工事は高額になるので注意する
不動産投資で売却時に儲けを出すためにIRR(内部収益率)とNPV(正味現在価値)の関係性を理解する3つのポイント

コメントを残す

*