日立キャピタル債権回収から住宅ローンの催告書が来たらまずは競売回避!日立キャピタル債権回収に連絡を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
日立キャピタル債権回収から催告書が来たらすぐにやるべきこと

日立キャピタル債権回収から住宅ローンの督促や催告書が来たらどうすればいいのでしょうか?

日立キャピタル債権回収は日立キャピタルグループの債権回収会社(サービサー)です。

日立キャピタル債権回収という会社名は日立という大企業のグループ企業にもかかわらず一般の人が普段は目にしたり聞いたりすることがほとんど無いと思います。

なぜなら債権回収会社(サービサー)とは未返済や未払いなどがあった際の督促や回収を目的とする会社だからです。

そして日立キャピタル債権回収は住宅金融支援機構の住宅ローンの債権回収業務も請け負っている債権回収会社(サービサー)です。

もしあなたが住宅金融支援機構のフラット35などの住宅ローンの借り入れがあれば、日立キャピタル債権回収から連絡や通知があったということは住宅金融支援機構のフラット35などの住宅ローンの未返済や未払いがあったものと考えてよいでしょう。

また日立キャピタル債権回収からの連絡や通知は、

  1. 電話連絡での督促
  2. 普通郵便での通知
  3. 配達証明での通知
  4. 内容証明での通知

の順に厳しく重たい内容になっていきます。

住宅金融支援機構から借り入れをした住宅ローンが払えていない時などはとくに怖くなって開封できずにそのままになっている方も多くいらっしゃるくらいです。

もしあなたが住宅金融支援機構のフラット35などの住宅ローンの返済が滞っている場合に、日立キャピタル債権回収から督促なり催告書なりの通知が届いたときにあなたが取るべき行動は、

【まずはとにかく日立キャピタル債権回収に連絡を入れる】

ことが一番です。

知らない電話番号からの着信は電話に出ない人が増えているのでその辺は日立キャピタル債権回収側も心得ており早い段階で普通郵便での通知も並行して行ってきます。

これを見て見ぬふりをしてブッチし続けると配達証明や内容証明での督促に切り替わっていき法的手段色が濃くなっていってしまうというわけです。

簡単な話、住宅ローンが払われていない家を強制競売にかけてお金に換えてしまいますよという通告になってしまいます。

債権回収会社(サービサー)としても債務者に連絡が取れないのであれば法的に粛々と手続きを進めていかざるを得ないからです。

通知文書に記載されている連絡先に連絡を入れたからといっていきなり『お金払わんかい!』と怒られるわけでもありませんので安心してまずは連絡を入れて事情を話すことが大切です。

ご心配な方は当記事下の無料相談フォームからご相談ください。日立キャピタル債権回収への対処方法などをメールにてアドバイスさせて頂きます。

住宅金融支援機構の住宅ローンで債権回収会社から催告書が!どうする?

日立キャピタル債権回収とは何をしている会社なのか?

日立キャピタル債権回収は住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の任意売却業務の委託を受けている三つのサービサーのうちの一つです。

基本的には住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)から委託された任意売却業務を中心に取り扱っています。

旧住宅金融公庫や住宅金融支援機構の任意売却業務の委託を受けて任意売却の業務を行っていますので任意売却に対するスタンスは当然前向きです。

しかし旧住宅金融公庫や住宅金融支援機構の任意売却の進め方として注意が必要なのが書類の提出とその期限を守ることです。

それが何かの理由でできなければ日立キャピタル債権回収としても競売へと進めていくことになります。

 

日立キャピタル債権回収から住宅ローンの督促通知や督促電話がきたらどうすればいい?

日立キャピタル債権回収が住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の任意売却業務を取り扱うようになったのは2010年ごろで、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の任意売却業務取り扱っているサービサーの中では一番新しいサービサーとなっています。

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の

  • フラット35
  • 旧住宅金融公庫ローン

の借り入れの返済が滞ると、住宅金融支援機構から任意売却業務の業務委託を受けている日立キャピタル債権回収から連絡が入る仕組みになっています。

日立キャピタル債権回収の特徴としては、とにかく何でも書面での提出が多いです。

一番最初に債務者側から『任意売却の申出書』を提出します。

任意売却を行う不動産会社が決まれば、その不動産会社から『査定書』を提出しますが、この書式も決まっています。

ちなみに、任意売却を行う不動産会社は、債務者が決めてもいいし、特に債務者側から指定がなければ、日立キャピタル債権回収が指定する不動産会社に任意売却の打診をされます。

『価格査定書』を不動産会社が日立キャピタル債権回収に提出してしばらくすると、『売出価格通知書』が不動産会社に届き、その価格で『専属選任媒介契約』を結びレインズにきちんと登録し、『媒介契約書』と『レインズ登録証』のコピーも提出することになります。

販売期間中は、月1回の『販売活動報告書』の提出が必要です。これも任意売却を担当している不動産会社が提出します。書式も決まっています。

販売活動をきちんと進めても買主が現れない場合は、2ヵ月に1度、販売価格の見直しを行います。これも決まった書式で任意売却を行う不動産会社が行います。

買主が見つかれば、『買付証明書』と『配分表』を日立キャピタル債権回収に提出しますが、『配分表』の書式も決まっています。

そして、『配分表』の承認が取れれば決済となるのですが、その決済の段取りの書式まで決まっています。

 

任意売却を行う際は日立キャピタル債権回収が窓口になって任意売却を行う

日立キャピタル債権回収の任意売却の進め方のポイントは、上記のような煩雑な手続きをきちんとできる不動産会社に任意売却を依頼することに尽きます。

日立キャピタル債権回収の担当者や責任者と何度も話す機会がありましたが、近所の不動産業者に頼んでいる債務者もいましたが、担当者からの評判はイマイチでした。

そもそもやったことがなければ、いちいち聞きながら進めなくてはならず、日立キャピタル債権回収の担当者もめんどうに感じるようです。

しかし、一番困るのが提出書類が遅いということだとよく聞きました。

日立キャピタル債権回収は住宅金融支援機構の任意売却業務を業務委託されているので、きちんと書類を揃えて期限までに住宅金融支援機構に提出しなければなりません。

しかし、任意売却を担当している不動産業者の書類提出が遅いと、日立キャピタル債権回収が住宅金融支援機構からまだかと催促されることになってしまいます。

なので、日立キャピタル債権回収も、債務者側が特に不動産業者を指定しない場合は、よく任意売却の取引を行っている不動産業者に紹介することが多いようです。

また、2ヵ月に1度の販売価格の見直しも重要です。

住宅金融支援機構が一番最初の査定額よりも最初はかなり高値で販売価格を決定してくることが多いので、価格改定のシステムをきちんと使って少しずつ販売価格を下げていくことが、買主を見つけて任意売却を成立させるためには必要となります。

忘れていてもまとめては価格を下げられないので、いい加減な不動産業者が価格見直しの書面を出し忘れていると、価格を下げるチャンスをみすみす失うことになります。

そして、販売開始からおおむね6ヵ月を過ぎると、基本的には競売に移行します。

競売期間中も買主が現れれば任意売却は可能ですが、競売の場合は抵当権抹消の判断がケースバイケースとなり、交渉や手続きが面倒になりますので、できる限り競売になる前の6ヵ月以内に任意売却を成立させたいところです。

 

おわりに

  • 住宅金融支援機構の任意売却業務委託先である、日立キャピタル債権回収の特徴としては、とにかく何でも書面での提出が多い。日立キャピタル債権回収が住宅金融支援機構の業務を代行しているので、書類関係にはかなりうるさい。
  • 上記理由からも、きちんと処理できる不動産業者に任意売却を頼まないと、任意売却が円滑に進まないことがあるので、依頼時には注意が必要。特にまったく経験のない不動産業者が行うと、日立キャピタル債権回収からもめんどくさがられる傾向にあるし、何より書面の提出もれなどで価格改定の機会損失が発生する可能性がある。
  • 任意売却の申出から販売、契約、決済まで提出書面のオンパレードで、不動産会社の担当者に実務面の経験がないとかなり厳しいといえる。

住宅ローン返済トラブルのお悩みを1日も早く解決させたいあなたへ。

住宅ローンの返済が苦しくても誰にも相談できずあなたひとりで抱え込んで悩まれていませんか?

◎住宅ローンが払えなくなりそう
◎住宅ローンを延滞・滞納してしまった
◎一括請求・代位弁済されてしまった
◎家が競売になりそう
◎離婚するが住宅ローンが残っている

などなど、住宅ローンの返済問題のご相談は誰にでも気軽に相談できることではないということは今まで全国からの1000件以上のご相談を承ってきた私の経験からも痛いほどわかっています。

しかし、誰に相談したらいいのか分からないからといって問題解決を先送りにしていると時間だけが過ぎてしまい、あなたの状況はさらに悪化してしまうでしょう。

インターネットでいろいろ調べても肝心なところは実際に相談してみるまでよくわからないというのが本音のところだと思います。そして実際に話を聞きに行ってしまうと断りにくいのではないかと心配されていたというご相談者様は非常に多いのです。

メールのみでの無料相談なので楽な気持ちでまずは今あなたがお困りのことを相談実績1000件以上のプロにお聞かせください。
ご相談は完全無料です。ご相談の秘密は厳守致します。一緒にあなただけの解決方法を考えていきましょう。


あなたにピッタリの解決方法を一緒に見つける

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*