借り入れの際に担保不動産に銀行が設定する抵当権と根抵当権の違いは借り入れが1回ぽっきりか反復継続の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
不動産を担保にお金を借りる際の抵当権と根抵当権の違い

不動産を担保にお金を借りる際に不動産登記簿に登記される抵当権には、

  1. 抵当権
  2. 根抵当権

の2種類があることをご存知でしょうか?

抵当権と根抵当権の大きな違いは、お金を借りるという行為を1回だけ行うか反復継続して行うかという点にあります。

1回だけの場合は抵当権、反復継続する場合は根抵当権が担保である不動産に付けられることになります。

この記事では、不動産を担保にお金を借りる際の抵当権と根抵当権の違いをご紹介します。

不動産を担保にお金を借りる際の抵当権と根抵当権の違い

抵当権とはどのようなものか

例えば自宅として建売住宅や分譲マンションを購入する場合をイメージすると分かりやすいと思います。

銀行から住宅ローンを借りるときにその建売住宅や分譲マンションは銀行の担保不動産になります。

そのときに『抵当権』という担保をつけます。

『抵当権』は銀行にお金を返済すればそれにあわせてだんだんと減っていくことになります。

例えば住宅ローンで2000万円のお金を借りて2000万円の抵当権をつけたとします。

それを頑張って返済していき残り500万円になったとすると、当然『抵当権』も500万円になります。

そしてその残り500万円も返済して借金はゼロとなると『抵当権』もゼロとなります。

ただし借金がゼロとなっても抵当権設定登記は自動的には消えませんので、そのときは『抵当権』を抹消することになります。

 

根抵当権とはどのようなものか

次にお金を借りるときにつける担保に『根抵当権』というものがあります。

例えば商売や事業をしていたとしてすでに所有している不動産を担保にして銀行からお金を借りるとします。

そのときに『抵当権』にするとそのとき1回限りしか借りられませんが、『根抵当権』にすると反復継続して何回も借りることができるのです。

例えば不動産に2000万円の『根抵当権』をつけて2000万円を借り入れたとします。

最初に2000万円借りましたが売上から1500万円を返済し、その後商品を仕入れるためにまた1000万円が必要となったときに、最初の2000万円の『根抵当権』を引き続き担保にしてその1000万円が借りられるというわけです。

そしてさらに500万円が必要となったとしても、まだ2000万円の『根抵当権』の枠が500万円残っているので、その『根抵当権』を利用して借り入れができます。これが『根抵当権』の仕組みです。

『抵当権』だと1回限りのため、返済と借り入れを繰り返す場合でもその都度抵当権の抹消と登記を行う必要があるので実用的ではありません。

 

まとめ

『抵当権』と『根抵当権』の大きな違いは、お金を借りるという行為を1回だけ行うか反復継続して行うかという点にあります。

『抵当権』は主に住宅ローンなどで不動産を取得する際にその不動産につける担保です。

少しずつ返済していき最後まで返済したら『抵当権』は抹消されます。途中で返済した分をもう一度借りるということはできません。

『根抵当権』は主に事業や商売などでお金を借りる際に不動産につける担保です。

『根抵当権』はその枠の中で何度でも借り入れと返済ができるので運転資金などで反復継続して返済と借り入れを繰り返す場合などに設定されます。

ちなみにその『根抵当権』の枠のことを『極度額』といいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

住宅ローン・不動産担保ローン・不動産投資ローンでお悩みのあなたへ

ここまで読み進められたあなたは今もしかして住宅ローンや不動産担保ローン、不動産投資ローンの返済が厳しくて苦しい思いをされてはいないでしょうか?

金融機関からの督促電話や通知が山のようにあり毎日毎日次の支払いをどうしようとかお金の工面のことで頭がいっぱいで日々苦しみ悩まれているのはあなただけではありません。非常に多くいらっしゃいます。

しかし住宅ローンや不動産担保ローン、不動産投資ローンの返済を含めてお金に関する様々な問題は専門的な知識と経験を持ったプロがきちんとした手続きを踏むことでたいていのことは解決できます。

今まで1000件以上の住宅ローンや不動産担保ローン、不動産投資ローンの返済問題を解決させてきた経験からもそれは断言できます。

少しでもあなたの次の生活を立て直してお金の心配のない平穏な生活を取り戻して頂けるよう私は全力であなたのご相談にお応え致しております。

全国対応可能です。まずはメールにてお気軽にご相談ください。


住宅ローン・不動産担保ローン・不動産投資ローンのお悩みをメールで解決する

SNSでもご購読できます。

★直近48時間内のページ閲覧数トップ9コンテンツ★

レオパレス物件が多く売りに出ていますが結構安いので買わなきゃ損?いやいやレオパレス物件は買ったら損?
木造アパートでの不動産投資を高収益化させて儲けるための不動産投資収支シミュレーション【新築・中古別】
FCR(総収益率)とは?不動産投資の収益物件の本当の利回りを見極める計算方法を知っていますか?
不動産投資で失敗しないための減価償却【総まとめ】不動産投資の節税対策は減価償却費抜きには語れない!
大阪方式(関西方式)の『持ち回り方式』は敷金などの『返還債務を引き継ぐ(持ち回る)』だけなので要注意!【更新】
不動産投資を法人化して公務員が副業禁止規定に絶対に引っかからないための資産管理法人設立時の注意点
不動産投資で収支シミュレーション計算書やレントロールによく使われる不動産投資指標トップ10を解説!
不動産投資で良い収益物件情報ばかりを仕入れている不動産投資家が普段からしている3つのすごいコト
不動産投資を法人化した際の損益分岐点と不動産投資の法人化でがっちり儲ける仕組みを構築する手順【更新】

コメントを残す

*