税金&節税対策|税金を制し利益をコントロールできる者が不動産投資を制する


フルローンやオーバーローンの融資を引くたったひとつの条件

節税を制することが不動産投資を制すると言われます。

また、節税を知らない人や知ろうとしない人が、いつも損をしているのが不動産投資の実態だといえます。

効果的な節税によって利益を自分の力でコントロールすることが、不動産投資の高収益化には必要不可欠です。

何も節税しなければ、たくさん利益が出ても、納税としてたくさんのキャッシュアウトが出ることになり、手元にキャッシュが残らず、何のために1年間やってきたのか分からなくなるという事態も起こり得るのが不動産投資です。

◎青色申告について
◎減価償却費の活用
◎債務償還年数の考え方
◎個人名義と法人名義の節税比較
◎法人化での節税面でのメリット
◎法人保険の活用
◎損益計算書への売上・経費計上の方法

などの、節税に関して役立つコンテンツをまとめています。


キャッシュフローと損益計算書から見る収益物件運用の節税ポイント

キャッシュフローと損益計算書から見る収益物件運用の節税ポイント

収益物件の運用において、税引き前キャッシュフローがプラスであるにもかかわらず、損益計算書はマイナスになる場合があることをご存知でしょうか?

この手法を、

  • 個人で活用すれば所得税等
  • 法人で活用すれば法人税等

節税スキームが構築できます。

より厳密にいえば、税の先送り(繰り延べ)を利用した節税スキームだといえます。

この記事では、キャッシュフローと損益計算書から見る収益物件運用の節税ポイントをご紹介します。

続きを読む

収益物件の投資回収を早く進めるための税金のコントロール

収益物件の投資回収を早く進めるための税金のコントロール

賃料収入から管理費や修繕費、賃貸募集費用や固定資産税などを差し引いた粗利益を最大化させた税引き前利益にかかってくるのが税金です。

この税金をできるだけ抑えることで、税引き後利益である純収入が増え、利益の最大化という目的を達成できることになります。

そして、税引き後の利益、つまり純収入が多くなるほど投資回収のスピードは早くなります。

この記事では、収益物件の投資回収を早く進めるための税金のコントロールをご紹介します。

続きを読む