任売マンの任意売却専門BLOG|住宅ローン・不動産担保ローン・不動産投資ローンのお悩みは任意売却で解決できる!リースバックや親子間売買で住み続けることも可能!

任意売却カテゴリーメニュー

任意売却という不動産の売却手段があることをご存知でしょうか?

任意売却なら競売を回避してローン問題を解決することができます。

一棟収益物件の場合でも入居率が下がって空室が増えたり、空室期間が長引くなどで借入の返済が厳しくなることがあります。

銀行も最初のうちはリスケジュールに応じたり、利息分だけの返済に変えてくれたりしますが、賃料収入が増えない限り状況が好転することはありません。

そしていよいよ利息だけでも払えなくなってしまいます。

◎任意売却の考え方
◎競売と任意売却の違い
◎信用保証会社について
◎債権回収会社(サービサー)について

など、ここでは任意売却に関するコンテンツをまとめています。

なぜ競売より任意売却なのか?任意売却が競売よりも優れている2つのポイント

なぜ任意売却なのか?任意売却が競売よりも優れている2つのポイント

銀行などの金融機関の不良債権担当者はなぜ手間暇をかけて任意売却を行うのでしょうか?

そこには任意売却の大きなメリットがあるからに違いありません。

では任意売却にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

そのメリットを考えるには任意売却と対極のキーワードである競売と比較するのが最も近道だと考えられます。

この記事では、なぜ任意売却なのか?任意売却が競売よりも優れている2つのポイントをご紹介します。

続きを読む

トラストホールディングスの不動産担保ローンから一括返済や競売申立されても任意売却で家を守った3つの方法

トラストホールディングスの不動産担保ローンから一括返済や競売申立されても家を守った3つの方法!

トラストホールディングスから借り入れをした不動産担保ローンを返済できず延滞していまい一括返済や競売申立をされて困っている人が増えています。

トラストホールディングスの不動産担保ローンは不動産を所有していれば不動産を担保に比較的簡単に融資を受けることができるため、様々な理由で自宅や保有している不動産を担保に多額の借り入れを行っている方が多いです。

簡単に借り入れができるため気がつけば不動産担保ローンの残高がかなりの金額になってしまい月々の返済が厳しくなってご相談される方が増えているのです。

トラストホールディングスは支払いが滞るとすぐに残債の一括請求をしてきます。

そして残高一括返済が無理であればすぐに競売申立に着手するのです。

そもそも資金繰りでトラストホールディングスの不動産担保ローンを利用しているのですから借り入れ残高の一括返済を求められてもできるわけがありません。

こうなってしまった場合はもう競売で家を取られてしまうしかないのでしょうか?

この記事では、トラストホールディングスの不動産担保ローンの返済でお悩みの方に、一括返済や競売申立されても家を守った3つの方法をご紹介します。

続きを読む

債権者が任意売却の際の不動産価格の目安にする地価公示価格と路線価の違いとは?

銀行が任意売却価格の参考にする地価公示価格と路線価

任意売却を行う際に債権者は何を参考に担保不動産の価格を決めるのでしょうか?

不動産の価格も物の価格が決まるのと同じように基本的には需要と供給のバランスによって決まります。

しかし一応目安のようなものがあります。

それが、

  • 地価公示価格
  • 路線価

の2つです。

年に数回は新聞の一面が不動産の価格の記事で占められているのを一度は見たことがあるかと思います。

この記事では、債権者が任意売却の際の不動産価格の目安にする地価公示価格と路線価の違いについてご紹介します。

続きを読む

ローンの返済を滞納すると銀行は担保不動産を競売にかけるが競売になる前に任意売却で売却するとどう違うのか?

お金を返せなくなったら任意売却や競売になる一番簡単な流れ

銀行からローンでお金を借りて不動産を購入して万が一返せなくなったら担保に入れた不動産はいったいどうなるのでしょうか?

銀行は担保不動産である家を処分して貸したお金を回収しようとすることになります。

そのための抵当権設定でもあるからです。

銀行が担保不動産を処分するのには、

  1. 任意売却
  2. 競売

の2つの方法があります。

銀行がどちらを処分方法とって回収を図るのかは順番があり流れがあります。

この記事では、ローンの返済を滞納すると銀行は担保不動産を競売にかけるが競売になる前に任意売却で売却するとどう違うのか?についてご紹介します。

続きを読む

任意売却物件で事故物件(自殺・殺人事件・孤独死)や土壌汚染・アスベストがあっても任意売却で売れるのか?

事故物件や土壌汚染があっても任意売却で売れるのか?

例えば、

  • 自殺や殺人事件や孤独死などがあった事故物件
  • 土地が土壌汚染されている物件
  • アスベストが吹きつけられている建物がある物件

などの問題物件でも任意売却で売ることはできるのでしょうか?

一般的に自殺や殺人のあった事故物件を好んで買いたいという人はいませんし、土壌汚染やアスベストがあれば調査や改良・撤去費用が莫大にかかってくるのが売却時にネックとなります。

この記事では、任意売却物件で事故物件(自殺・他殺・孤独死)や土壌汚染・アスベストがあっても任意売却で売れるのか?についてご紹介します。

続きを読む

三井住友トラストL&Fの不動産担保ローンから一括返済や競売申立されても任意売却で家を守った3つの方法

三井住友トラストL&Fの不動産担保ローンから一括返済や競売申立されても任意売却で家を守った3つの方法

三井住友トラストL&Fから借り入れをした不動産担保ローンを返済できず延滞していまい一括返済や競売申立をされて困っている人が増えています。

三井住友トラストL&Fの不動産担保ローンは不動産を所有していれば不動産を担保に比較的簡単に融資を受けることができるため、様々な理由で自宅や保有している不動産を担保に多額の借り入れを行っている方が多いです。

簡単に借り入れができるため気がつけば不動産担保ローンの残高がかなりの金額になってしまい月々の返済が厳しくなってご相談される方が増えているのです。

三井住友トラストL&Fは支払いが滞るとすぐに残債の一括請求をしてきます。

そして残高一括返済が無理であればすぐに競売申立に着手するのです。

そもそも資金繰りで三井住友トラストL&Fの不動産担保ローンを利用しているのですから借り入れ残高の一括返済を求められてもできるわけがありません。

こうなってしまった場合はもう競売で家を取られてしまうしかないのでしょうか?

この記事では、三井住友トラストL&Fの不動産担保ローンの返済でお悩みの方に、一括返済や競売申立されても家を守った3つの方法をご紹介します。

続きを読む

競売手続き中の差押え不動産の任意売却を成功させるための3つのポイント

競売中の任意売却の進め方3つのポイント

競売手続き中でも任意売却はできるのでしょうか?

競売手続き中であっても競売の取り下げに債権者が応じるのであれば任意売却を行うことは可能です。

任意売却の同意が得られない所有者でも、いざ競売を申し立てるとそれを契機に任意売却に話が進む場合もあります。

この記事では、一度開始された競売中の任意売却の進め方についての3つのポイントをご紹介します。

続きを読む

新生インベストメント&ファイナンスの不動産担保ローンから一括返済や競売申立されても任意売却で家を守った3つの方法

新生インベストメント&ファイナンスの不動産担保ローンから一括返済や競売申立されても任意売却で家を守った3つの方法

新生インベストメント&ファイナンスから借り入れをした不動産担保ローンを返済できず延滞していまい一括返済や競売申立をされて困っている人が増えています。

新生インベストメント&ファイナンスの不動産担保ローンは不動産を所有していれば不動産を担保に比較的簡単に融資を受けることができるため、様々な理由で自宅や保有している不動産を担保に多額の借り入れを行っている方が多いです。

簡単に借り入れができるため気がつけば不動産担保ローンの残高がかなりの金額になってしまい月々の返済が厳しくなってご相談される方が増えているのです。

新生インベストメント&ファイナンスは支払いが滞るとすぐに残債の一括請求をしてきます。

そして残高一括返済が無理であればすぐに競売申立に着手するのです。

そもそも資金繰りで新生インベストメント&ファイナンスの不動産担保ローンを利用しているのですから借り入れ残高の一括返済を求められてもできるわけがありません。

こうなってしまった場合はもう競売で家を取られてしまうしかないのでしょうか?

この記事では、新生インベストメント&ファイナンスの不動産担保ローンの返済でお悩みの方に、一括返済や競売申立されても家を守った3つの方法をご紹介します。

続きを読む

任意売却を行うために満たすべき任意売却を成立させる超重要な3つの最低条件

任意売却を行うために満たすべき超重要な3つの条件

任意売却のほうが競売よりもはるかにメリットが大きいのにもかかわらず、なぜ競売の件数は減っていないのでしょうか?

債権者と債務者双方にとってメリットが大きいのであればどんどん任意売却をやればよいと思われるのですが、そうは問屋が卸さない事情もあるのです。

競売は債権者が競売申立さえすれば裁判所が主導して問答無用で進んでいくのですが任意売却の場合はいろいろと根回しや調整が必要になるということです。

任意売却を進めるためには3つの最低条件があるのです。

任意売却を行うためには

  1. 所有者の売却意思と協力
  2. 権利関係者全員の同意
  3. 処分価格が妥当であること

の3つの条件が最低限必要となります。

この記事では、任意売却を行うために満たすべき任意売却を成立させる超重要な3つの最低条件をご紹介します。

続きを読む

日本保証の不動産担保ローンから一括返済や競売申立されても任意売却で家を守った3つの方法

日本保証の不動産担保ローンから一括返済や競売申立されても任意売却で家を守った3つの方法

日本保証から借り入れをした不動産担保ローンを返済できず延滞していまい一括返済や競売申立をされて困っている人が増えています。

日本保証の不動産担保ローンは不動産を所有していれば不動産を担保に比較的簡単に融資を受けることができるため、様々な理由で自宅や保有している不動産を担保に多額の借り入れを行っている方が多いです。

簡単に借り入れができるため気がつけば不動産担保ローンの残高がかなりの金額になってしまい月々の返済が厳しくなってご相談される方が増えているのです。

日本保証は支払いが滞るとすぐに残債の一括請求をしてきます。

そして残高一括返済が無理であればすぐに競売申立に着手するのです。

そもそも資金繰りで日本保証の不動産担保ローンを利用しているのですから借り入れ残高の一括返済を求められてもできるわけがありません。

こうなってしまった場合はもう競売で家を取られてしまうしかないのでしょうか?

この記事では、日本保証の不動産担保ローンの返済でお悩みの方に、一括返済や競売申立されても家を守った3つの方法をご紹介します。

続きを読む