任売マンの任意売却専門BLOG|住宅ローン・不動産担保ローン・不動産投資ローンのお悩みは任意売却で解決できる!リースバックや親子間売買で住み続けることも可能!

任意売却カテゴリーメニュー

任意売却という不動産の売却手段があることをご存知でしょうか?

任意売却なら競売を回避してローン問題を解決することができます。

一棟収益物件の場合でも入居率が下がって空室が増えたり、空室期間が長引くなどで借入の返済が厳しくなることがあります。

銀行も最初のうちはリスケジュールに応じたり、利息分だけの返済に変えてくれたりしますが、賃料収入が増えない限り状況が好転することはありません。

そしていよいよ利息だけでも払えなくなってしまいます。

◎任意売却の考え方
◎競売と任意売却の違い
◎信用保証会社について
◎債権回収会社(サービサー)について

など、ここでは任意売却に関するコンテンツをまとめています。

ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローンから一括返済や競売申立されても任意売却で家を守った3つの方法

ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローンから一括返済や競売申立されても家を守った3つの方法!

ユニバーサルコーポレーションから借り入れをした不動産担保ローンを返済できず延滞していまい一括返済や競売申立をされて困っている人が増えています。

ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローンは不動産を所有していれば不動産を担保に比較的簡単に融資を受けることができるため、様々な理由で自宅や保有している不動産を担保に多額の借り入れを行っている方が多いです。

簡単に借り入れができるため気がつけば不動産担保ローンの残高がかなりの金額になってしまい月々の返済が厳しくなってご相談される方が増えているのです。

ユニバーサルコーポレーションは支払いが滞るとすぐに残債の一括請求をしてきます。

そして残高一括返済が無理であればすぐに競売申立に着手するのです。

そもそも資金繰りでユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローンを利用しているのですから借り入れ残高の一括返済を求められてもできるわけがありません。

こうなってしまった場合はもう競売で家を取られてしまうしかないのでしょうか?

この記事では、ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローンの返済でお悩みの方に、一括返済や競売申立されても家を守った3つの方法をご紹介します。

続きを読む

離婚に伴う家の任意売却と離婚時の家の共有名義やローンの連帯保証人の任意売却による解決方法

離婚に伴う任意売却と共有名義や連帯保証の処理のポイント

離婚したとしても不動産の共有名義や連帯保証はそうそう簡単には外れないということをご存知でしょうか?

共有名義や連帯保証で家を購入していると、いざ離婚となったときにそれらが大きな足かせになってしまいます。

家を売却して住宅ローンを完済できるのであればまだ何とかなるのですが、なかなかそうはいかないことが多いからです。

夫婦の間で『もうがまんできない、離婚だ』となって離婚届が受理されて正式に離婚したとしても、不動産を共有していたり連帯保証になっている場合は、住宅ローンを完済するまではお互いに債務を負担することになるのです。

これはどういうことかというと、もし片方が延滞したり破産したりすると、もう片方に必ず支払いの督促が行ってしまうというということです。

なので離婚の際には共有名義や連帯保証になっている不動産を事前に処分しておくほうが望ましいといえるのです。

この記事では、離婚に伴う任意売却と離婚時の共有名義や連帯保証の解消方法をご紹介します。

続きを読む

破産管財人弁護士との担保不動産の任意売却を入札で進める4つの手順

破産管財人弁護士との任意売却を入札で進める手順

任意売却での売却価格を公平に決めるにはどうすればいいのでしょうか?

担保権者は少しでも回収額を増やすように考えますが、その一方で購入希望者の立場からすると公平に少しでも安い価格で不動産を取得したいと考えます。

購入申込者が競合する場合先に買付証明書を出すとその価格がベースとなって価格が吊り上がっていき、不公平感が強くなるケースがままあります。

こうした場合に、関係者の誰からも後ろ指をさされることなく公明正大に行うことができる方法が担保不動産の入札です。

この記事では、破産管財人弁護士に依頼して任意売却を入札で進める4つの手順についてご紹介します。

続きを読む

不動産の任意売却において配分案の妥当性をチェックする2つの超重要ポイント

任意売却配分案の妥当性2つのチェック項目

担保不動産を任意売却するにあたって任意売却配分案を作成する際に注意することは何でしょうか?

任意売却配分案を作成すると関係者に説明しやすく大変便利です。

任意売却配分案が妥当かどうかは、

  1. 売却価格は妥当か?
  2. 配分方法は妥当か?

の2つ項目でチェックできます。

この記事では、不動産の任意売却において配分案の妥当性をチェックする2つの超重要ポイントについてご紹介します。

続きを読む

ニチデンの不動産担保ローンから一括返済や競売申立されても任意売却で家を守った3つの方法

ニチデンの不動産担保ローンから一括返済や競売申立されても家を守った3つの方法!

ニチデンから借り入れをした不動産担保ローンを返済できず延滞していまい一括返済や競売申立をされて困っている人が増えています。

ニチデンの不動産担保ローンは不動産を所有していれば不動産を担保に比較的簡単に融資を受けることができるため、様々な理由で自宅や保有している不動産を担保に多額の借り入れを行っている方が多いです。

簡単に借り入れができるため気がつけば不動産担保ローンの残高がかなりの金額になってしまい月々の返済が厳しくなってご相談される方が増えているのです。

ニチデンは支払いが滞るとすぐに残債の一括請求をしてきます。

そして残高一括返済が無理であればすぐに競売申立に着手するのです。

そもそも資金繰りでニチデンの不動産担保ローンを利用しているのですから借り入れ残高の一括返済を求められてもできるわけがありません。

こうなってしまった場合はもう競売で家を取られてしまうしかないのでしょうか?

この記事では、ニチデンの不動産担保ローンの返済でお悩みの方に、一括返済や競売申立されても家を守った3つの方法をご紹介します。

続きを読む

任意売却で残債が多く出る場合の連帯保証人からの金融機関に対するクレームトラブルが起こった事例

任意売却での保証人からのクレームトラブル事例

任意売却を進める際に債務者本人の他に連帯保証人がいる場合の対応については何に注意すべきでしょうか?

任意売却後に残債があれば金融機関は当然に連帯保証人にも請求し、連帯保証人が払えなければ所有する他の担保からも回収することになります。

その際に残債の支払いをめぐって連帯保証人との間でクレームやトラブルになるケースが多いのです。

この記事では、任意売却での保証人からの金融機関に対するクレームトラブル事例をご紹介します。

続きを読む

債権者である銀行担当者が不動産の任意売却にのめり込みすぎて失敗する2大トラブル事例

銀行担当者が任意売却にのめり込んで失敗する2大トラブル事例

任意売却において債権者の役割とはどのようなものでしょうか?

任意売却における担保権者のスタンスは、

『配分される金額で担保を解除できるかどうかを検討し、できるのであれば担保権を解除する』

というものであるべきです。

ただそれだけのことなのです。

このスタンスを忘れてしまい、銀行担当者にとっては素人の領域である不動産の分野にのめり込みすぎてしまって結局任意売却を失敗する銀行の担当者がたまにいます。

この記事では債権者である銀行担当者が不動産の任意売却にのめり込みすぎて失敗する2大トラブル事例についてご紹介します。

続きを読む

任意売却取引ならではの不動産売買契約書の知っておきたい5つの必須項目チェックリスト

任意売却の不動産売買契約書5つの必須チェックポイント

任意売却の不動産売買契約書は一般の不動産売買契約書と何か違うのでしょうか?

任意売却は物件所有者である売主が債務超過状態でありデフォルトになっています。

なので通常の不動産売買契約のように、何かあったときに売主が一切補償することができません。

購入したあとで何か突発的なことがあっても全て買主の責任と負担ということになるのです。

取引条件的には競売とほとんど変わらないといえます。

任意売却の不動産取引ではその点を不動産売買契約書にも盛り込む必要が出てきます。

この記事では、任意売却の不動産売買契約書5つの必須チェックポイントをご紹介します。

続きを読む

相続財産管理人弁護士との相続放棄された担保不動産の任意売却における成功事例

相続放棄された担保不動産の相続財産管理人との任意売却成功事例

担保不動産の所有者が多額の負債を抱えたままで死亡した場合はどうすればいいのでしょうか?

そのような場合には多額の負債を相続することを望まない相続人は相続放棄の手続きを行うことが一般的です。

もしも、

  1. 配偶者(常に相続人になる)と子
  2. 兄弟姉妹

の順番で相続放棄がなされれていけば、最終的にはその担保不動産の処分権限者がいなくなってしまうことになります。

このような場合でも担保不動産の任意売却はできるのでしょうか?

この記事では、相続放棄された担保不動産の相続財産管理人との任意売却成功事例をご紹介します。

続きを読む

三鷹産業の不動産担保ローンから一括返済や競売申立されても任意売却で家を守った3つの方法

三鷹産業の不動産担保ローンから一括返済や競売申立されても家を守った3つの方法!

三鷹産業から借り入れをした不動産担保ローンを返済できず延滞していまい一括返済や競売申立をされて困っている人が増えています。

三鷹産業の不動産担保ローンは不動産を所有していれば不動産を担保に比較的簡単に融資を受けることができるため、様々な理由で自宅や保有している不動産を担保に多額の借り入れを行っている方が多いです。

簡単に借り入れができるため気がつけば不動産担保ローンの残高がかなりの金額になってしまい月々の返済が厳しくなってご相談される方が増えているのです。

三鷹産業は支払いが滞るとすぐに残債の一括請求をしてきます。

そして残高一括返済が無理であればすぐに競売申立に着手するのです。

そもそも資金繰りで三鷹産業の不動産担保ローンを利用しているのですから借り入れ残高の一括返済を求められてもできるわけがありません。

こうなってしまった場合はもう競売で家を取られてしまうしかないのでしょうか?

この記事では、三鷹産業の不動産担保ローンの返済でお悩みの方に、一括返済や競売申立されても家を守った3つの方法をご紹介します。

続きを読む