ワンルームマンション投資|ワンルームマンション物件の購入から売却の出口戦略までワンルームマンション投資で安定収入や老後の私的年金の確保に役立つためのすべてのノウハウ

ワンルームマンション投資カテゴリーメニュー

元本保証の各種金融商品の金利はコンマ以下の水準で雀の涙ほどの配当が続いています。その一方で公的年金への不安や不満はますます高まっているといえます。

景気の回復感が強まってきているとはいえ企業のリストラ傾向は依然として強くサラリーマンの収入増は簡単には見込めない状況が続いています。

そしてその傾向は今後続いていくと考えられます。頑張って働いても収入は簡単には増えない世の中になってきています。

そして頼りの退職金も年々減少するばかりです。

退職金なんて無いという方や見込めないので当てにしていないという人も多いのではないでしょうか。

そんななかで注目度が高まっているのが居住用のワンルームマンションを購入して賃貸で運用するワンルームマンション投資です。

他の金融商品よりも高い利回りが見込めることから公的年金を補完する『私的年金』を確保する手段として検討する人が増え続けています。

そしてワンルームマンション投資の運用目的もバブル時のような値上がり益を狙った投機的な購入から上記のように私的年金となる利回りを確保できる金融商品として投資する形に変わっています。

実物不動産への投資という値上がり益も見込めるメリットは残しながらも安定的に収益を確保できる金融商品としての仕組みが評価されているというわけです。

このような背景から従来の富裕層からごくごく平均的なサラリーマンや公務員、お医者様や看護師の方々などが個人で初めて不動産投資に取り組む際にワンルームマンション投資を選択する人は非常に多いです。

ワンルームマンション投資は一棟マンションや一棟アパートなどの一棟収益不動産投資よりも1件当たりの金額が小さいのと不動産投資ローンの融資がつきやすいのもあり気軽に購入しやすいというメリットがあります。

またワンルームマンション投資は一棟マンションや一棟アパートと違って管理会社を探してマンション全体の管理を委託したり管理を自分でやったりする必要がありません。

特に新築ワンルームマンションに多いケースでは販売時にサブリース契約がセットになっていることが多くあります。

その場合であればサブリース会社が毎月家賃を振り込んでくれますので入居者を管理する必要すらなくなるのです。

ワンルームマンション投資であれば一棟収益の不動産投資と比較すると所有者の大家としての負担はかなり少なくなると思っていいです。

まさに日々忙しい個人のサラリーマンや公務員、お医者様や看護師の方々などの副業としてはうってつけの側面があるといえるでしょう。

ただしワンルームマンション投資が一棟収益の不動産投資よりも気軽であるとはいっても不動産という1000万円単位の資産を多くの場合は不動産投資ローンの借り入れをして購入していることに変わりはありません。

楽して手間なく儲けられると思ってワンルームマンション投資を始めたものの、うまくいっていないという人は後を絶ちません。

いくら気軽に始められるといっても不動産投資であることに変わりはないので、ワンルームマンション投資を始める際にもやはりそれなりの勉強をしてから始めるべきです。

今後のワンルームマンション投資は賃貸マンション間の競合が厳しくなっていくことが予想されます。

すでにワンルームマンションやコンパクトマンションが増え続けてきたこともあり、都心型で利便性の高い物件であればなんでも安定的に利回りを確保できるという時代ではなくなってきているのです。

立地や環境はもとより建物の構造や設備さらに完成後の建物の管理や賃貸管理までのトータルでのマンション経営の総合力が問われる時代になっているといえるでしょう。

それだけにワンルームマンション投資において物件の選択を間違うと、ローンの返済を終えてこれからいよいよ私的年金として安定した収入を確保できるという時になって入居者が入らないなどといった悲劇を招きかねないのです。

なので目先のことだけではなく中長期的なスパンで物件取得から管理運営そして売却の出口戦略までを見据えた判断が必要になるのです。

ワンルームマンション投資は他の金融商品と比べてもメリットの多い実物不動産投資です。

その反面メリットの裏には必ずデメリットやリスクがあることを忘れてはいけません。

ただしリスクにおいては物件取得時の物件選定やシミュレーション、不動産会社選びなどによって最小化することは可能です。

賃貸管理や確定申告などの手間ヒマがかかるというデメリットも事前に対策を考えておくことで最小化することができるといえます。

ここでは、不動産投資のまったくの初心者がワンルームマンション投資を始める際のワンルームマンション物件の購入から売却の出口戦略までワンルームマンション投資で安定収入や老後の私的年金の確保に役立つためのすべてのノウハウをお教え致します。

投資用ワンルームマンションの供給数が増え続けている背景と進む都心化でのワンルームマンション価格の上昇

投資用ワンルームマンションの供給数が増え続けている背景と進む都心化でのワンルームマンション価格の上昇

賃貸経営のためのワンルームマンション投資向けの物件供給戸数は年々増え続けています。

景気の回復が進んでいるとはいえこれだけ拡大している資産運用投資先というのは実はそれほど多くはありません。

その背景として

  • 増えない収入やリストラに対する雇用不安
  • 公的年金に対する老後の不安
  • 退職金ももらえるかどうかわからない不安

などの景気が回復しているのにもかかわらずごくごく平均的なサラリーマンや公務員の方々が将来に対する漠然とした不安を持ち続けていてその不安は年々大きくなっているということが背景になっているのではないでしょうか?

公的年金を補完する私的年金として、そして働いても働いてもなかなか増えない収入を補完する安定収入として投資用のワンルームマンションが注目されるという理由も十分にうなずけるといえます。

この記事では、投資用ワンルームマンションの供給戸数が増え続けている背景と進む都心化でのワンルームマンション価格の上昇について見ていきます。

続きを読む

不動産投資を始めるに不動産投資初心者であれば頭金用のキャッシュはいくらくらい用意すればいいのか?

会社員が不動産投資を始めるのに頭金はいくら必要か?

初心者が不動産投資を始めるのに頭金はいくらくらい用意すればいいのでしょうか?

不動産投資で数千万円規模の収益物件を購入するのであれば、頭金としての自己資金は最低でも300万円程度は用意しておきたいところです。

もちろんそれより自己資金は多いに越したことはありません。

ただし頭金として自己資金をすべて使い切ってしまうとその後の運営に支障をきたす場合がありますので注意が必要です。

この記事では、不動産投資を始めるに不動産投資初心者であれば頭金用のキャッシュはいくらくらい用意すればいいのか?ついてご紹介します。

続きを読む

不動産投資初心者のサラリーマン投資家でも副業として楽して儲かるワンルームマンション投資法

会社員の新築ワンルームマンション投資はぶっちゃけどうなのか?

不動産投資初心者のサラリーマンや公務員が新築ワンルームマンション不動産投資をするのは儲かるのでしょうか?儲からないのでしょうか?

結論から言うと不動産投資初心者のサラリーマンや公務員が取り組む不動産投資としては、ワンルームマンション投資はキャッシュフローが出にくい不動産投資になるのでイマイチな結果になるケースが多いです。

特に新築のワンルームマンション投資は家賃収入の割に物件価格が高いのでローンの月々の支払いが高くなりがちでキャッシュフローが出にくいです。

新築ワンルームマンション投資では家賃収入だけではローンの支払いができずに持ち出しになるケースも多いと思います。

なのでサラリーマンや公務員の特に初心者が不動産投資を行う上で何か特別な理由がない限り新築のワンルームマンションは買わないほうがいいと思います。

不動産投資初心者のサラリーマンや公務員がワンルームマンション投資を狙うのであれば物件価格がこなれた中古ワンルームマンション投資がおすすめとなります。

この記事では、不動産投資初心者のサラリーマンや公務員のワンルームマンション投資がまったく儲かってない理由をふまえて初心者でも儲かるワンルームマンション投資を考えていきます。

続きを読む

ワンルームマンション投資で失敗して後悔している不動産投資の初心者に共通する3つの致命的な要因

新築ワンルームマンション投資で失敗する人に共通する3つの致命的原因

新築ワンルームマンション投資で失敗する人にはどのような共通点があるのでしょうか?

任意売却のご相談を頂く新築ワンルームマンションの不動産投資ローンの返済に行き詰っている人には同じような共通する原因があります。

新築ワンルールマンション投資に限った話ではありませんが不動産投資で失敗するとダメージは大きく下手をすれば自己破産しなくてはならない人も出てきます。

それは不動産投資は不動産投資ローンなどの借り入れを使って行う投資だからです。

不動産投資ローンの返済に不動産からの賃料収入をあてる収支計画になっているからです。

もし丸々現金で購入していれば最悪でも何も収入を生まない不動産が残るだけですが借入をしていると収入がなくても返済は待ってはくれません。

借入をしている場合はそれだけ収支計画に対しても綿密に行う必要があるということです。

今までのご相談からも新築ワンルームマンション投資で失敗して後悔している人に共通する要因として、

  1. 不動産会社の営業マンに売り込まれて新築ワンルームマンションを購入
  2. 新築ワンルームマンションの実物や現地を見ずに購入
  3. 新築ワンルームマンション投資の収支計画に無頓着

の3つの要因があげられます。

3つとも当てはまる人もいればどれか1つの人もいます。

後悔先に立たずです。

逆に上記の3つの反対をすれば新築ワンルームマンション投資においても失敗する確率は下がります。

この記事では、新築ワンルームマンション投資で大失敗して後悔している人に共通する3つの原因についてご紹介します。

続きを読む

ワンルームマンション投資で任意売却物件を購入することで新築ワンルームを購入するより2倍儲かる投資術

新築ワンルームマンションを1戸買う予算で中古ワンルームマンションの任意売却物件が2戸買えるという現実

不動産投資で新築ワンルームマンション投資をしようと思うのであれば中古ワンルームマンション投資でしかも任意売却物件を狙うほうがはるかにお得になり投資効率を高めることができることをご存知でしょうか?

すなわちそのほうが儲かるということです。

新築ワンルームマンションはエリアにもよりますが2500万円以上の物件が多いと思います。

それに対して中古ワンルームマンションは同じような立地やグレードのワンルームマンションが2000万円以下で売りに出されていたりします。

それが任意売却物件であれば1000万円~1500万円くらいで取引されることもよくあります。

まさしく新築ワンルームマンションを1戸買う予算で中古ワンルームマンションの任意売却物件であれば2戸買える可能性があるのです。

基本的に同じような立地でグレードも同じワンルームマンションであれば新築であっても中古であってもはたまた任意売却物件であっても賃料収入はそれほど大きな違いはありません。

新築ワンルームマンション1戸を買った場合と中古ワンルームマンション1戸を買った場合を比較すれば利回りは中古ワンルームマンションの任意売却物件を買った方が2倍になるということです。

同じ予算で新築ワンルームマンションを中古ワンルームマンションを買った場合を比較すれば所有する戸数は中古ワンルームマンションの任意売却物件を買った方が2倍になるということです。

この記事ではワンルームマンション投資で任意売却物件を購入することで新築ワンルームを購入するより2倍儲かる投資術についてご紹介していきます。

続きを読む

不動産投資のプロはみんな知っている新築ワンルームマンション投資の一般人に知らされない恐怖のリスク

新築ワンルームマンション投資のたった1つの致命的なデメリット

不動産投資で区分のマンションを選ぶ場合に特に新築ワンルームマンションを購入する際には全部がダメというわけではありませんが注意が必要です。

新築ワンルームマンション投資の勧誘電話がかかってきたことが1度や2度はあるのではないでしょうか?

営業マンがかなりの勢いで売り込んできますが、その通りのメリットが本当にはないことがほとんどです。

新築ワンルームマンション投資は、不動産投資の対象として見た場合に、たった1つのしかし致命的なデメリットがあります。

それは、

『収益に対してそもそも物件価格が割高すぎる』

ことです。

新築のワンルームマンションの価格にはデベロッパーの新築プレミアムがたっぷりと乗っかっているために、冷静に見れば割高すぎる価格となっているからです。

この記事では、不動産投資のプロはみんな知っている新築ワンルームマンション投資の一般人に知らされない恐怖のリスクについてご紹介します。

続きを読む