離婚の不動産トラブル

離婚して家に住まなくなったら住宅ローンは一括請求されてしまうの?

離婚して家に住まなくなったら住宅ローンは一括請求されてしまうの?

住宅ローンはその家に住むことを前提に融資されていますが、もし離婚してその家に住まなくなったら住宅ローンは一括請求されてしまうのでしょうか?

住宅ローンをそのままにして離婚してその家に住まなくなるパターンは下記2つのどちらかです。

  1. 住宅ローンは夫(妻)名義で夫(妻)が家を出て住まなくなる
  2. 住宅ローンは共有名義で夫婦のどちらかが家を出て住まなくなる

住宅ローンの名義人ではない方が家を出ていく分には住宅ローンの制度上では何の問題もありません。

問題になってくるのは住宅ローンの名義に絡んでいる者が家を出ていく場合です。

上記1.2.に共通して多いのが妻と子供は家に残して住宅ローンの名義人である夫が家を出るケースです。

そして住宅ローンは離婚して家を出た夫がそのまま払っていくという形が多いです。

続きを読む

離婚時の住宅ローンの連帯保証人の解消は夫婦間売買か売却で解決できる

離婚時の住宅ローンの連帯保証人の解消は夫婦間売買か売却で解決できる

たとえ離婚したとしても不動産の連帯保証人はそうそう簡単には外れないということをご存知でしょうか?

家を買う時に離婚のことまで考えていることはほぼありませんので夫婦で連帯保証人になって住宅ローンで借りられる金額を増やしたという方は多いです。

夫婦で連帯保証人となって家を購入していると、いざその夫婦が離婚するとなったときに連帯保証人になったことが大きな足かせになってしまいます。

家を売却して住宅ローンを完済できるのであればまだ何とかなるのですが、なかなかそうはいかないことが多いからです。

夫婦の間で『もうがまんできない、離婚だ』となって離婚届が受理されて正式に離婚したとしても、家の住宅ローンの連帯保証人になっている場合は、住宅ローンを完済するまではお互いに連帯債務を負担することになるのです。

これはどういうことかというと、もし片方が住宅ローンの延滞をしたり破産したりすると、もう片方に必ずその住宅ローンの支払いの督促が行ってしまうというということです。

なので離婚の際には連帯保証人になっている家を事前に処分しておくほうが望ましいといえるのです。

そのための方法はおもに2つです。

  1. 夫婦間売買
  2. 売却

夫婦どちらかの単一の住宅ローンにするか第三者に売却して住宅ローン自体をなくしてしまうというのが解決方法となります。

続きを読む

離婚時に住宅ローンの名義はどうすればいい?対策を一挙に総まとめ!

離婚時の住宅ローンをどうすればいいかについての対策を一挙総まとめ

離婚する際に住宅ローンの名義はどうすればいいのでしょうか?

住宅ローンを借りる時に夫婦どちらかで借りていたり、夫婦両方で借りているケースもあるでしょう。

日本でも離婚率が年々高まっており今では3組に1組の割合で離婚しているという統計結果が出ており、離婚件数の増加にともなって離婚後の住宅ローンのトラブルも増えています。

今まで一緒に住んでいた家を離婚すれば別居する形になるので、離婚する夫婦の各々が離婚後にどうするのかによって3つのパターンがあります。

離婚をすると当然一緒には生活しませんので、下記いずれかの方法を取ることが多いです。

  1. 住宅ローンの名義はそのままにしておいてどちらかが家に住み続ける
  2. 住宅ローンをどちらかに名義変更するために夫婦間売買を行う
  3. 任意売却で住宅ローンもろとも家を売却してしまう

離婚時の住宅ローンの取り扱い方法はほとんどの場合で大きく分けて上記の3つに当てはまります。

この記事では、離婚による任意売却や住宅ローンの名義変更および夫婦間売買を成功させるための注意点とポイントを一挙にまとめてご紹介します。

続きを読む